亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「春冷えに用心」。知人の男性の対策は、薄手の登山用下着。

   

お花見頃の冷えを「花冷え」なんていいます。

冬から春にかけては、暖かくなったと思ったら、
急に寒くなって冷えたりと、天候は不順。

気温の上下が激しいと、体も慣れず、
体温調整が難しく自律神経も乱れがちになります。

春が来たと思って安心していると、
冷えにやられ、体調を崩したり、
風邪を引いたり、寝込んだりなんて
ことが意外に多いんですね。

小さい頃から両親、祖母などに、
「春先用心」と言われていました。

冬と春に限らず、季節の変わり目は、
気候が変わるので、体調を崩しやすいのですが、
春先は特に上に書いたような事情で、
心が浮かれやすいので、特に注意が必要なようです。

年配の知人も、ご両親などからこうした
春の暖かな陽気に惑わされず、
暖かになるまで注意するようにと
言われて育ったそう。

一番、気をつけているのは下着。

ここさえしっかりと温めておけば、
外出して夜、急に寒くなっても
冷えが防げるとのこと。

昔は下着も暖かいものは、厚手のものが多く、
春先、特に日中に着るのははばかられましたが、
今は薄手で気温の変化に対応出来るものが
数多く出ているのでそれを着ているそう。

そうした中でも良いのは、薄手で
丈が長く、速乾性で保温性の高い登山用モデル。

春先など暖かい日中、動くと汗をかくことが
多いのですが、そうした時でもそうした登山用の
下着だと、早く渇き、体温で体を冷さないのですね。

なお知人は、上のシャツの裾は、
ブリーフの中にしっかりいれるとのこと。

こうするとお腹や背中が動いたりしたときでも
外に出ることがなく、お腹、背中など肌が
露出しないので、体が冷えないそう。

なお一般の保温下着は、速乾性がなく、
汗をかいたとき、すぐに乾かず、
濡れて体温を奪うことがあるので
要注意とのことです。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

8月5日は発酵の日。甘酒、お酢、味噌、醤油。日本の食文化は発酵のたまもの。

8月5日は、その語呂から「発酵の日」 なんだそうです。 マルコメ、《8月5日は発 …

高齢の知人が修理・交換してうれしいモノとは?

先日、会社と仕事場で使っている ボールペン2本の芯を使い切りました。 近所の文房 …

母と箱館戦争について語り合う。「幕府方の永井玄蕃頭(げんばのかみ)は、おじいちゃんの……」。

テレビの歴史番組が好きでよく見ています。 先日も、箱館戦争で亡くなった 土方歳三 …

「頭の体操」の著者、心理学者の多湖輝さん、亡くなる。いつまでも頭を柔軟に。高齢者ほど都心で生活。

2016年3月6日に、 心理学者の多湖輝さんが亡くなられました。 90歳。 多湖 …

ドキッとした言葉。「あなた、今、ときめいている人、ことはある?」。高齢の知人のときめきの工夫。

最近、80代の知合いにいわれ、 ドキッとした言葉があります。 「あなた、今、とき …

きゅうりの酢の物の季節がやってきた。「春苦味、夏は酢の物、秋辛味、冬は油と合点して食え」。

夕方、食卓についたら、 すでに食事を終えた母から、 「冷蔵庫にキュウリの酢の物が …

ママチャリで地球一周4万キロ。84歳男性、自宅近所を毎日、6年かけて。

先日、イチロー選手が4257本という安打の 記録を達成したときに、このブログでエ …

新国立競技場に旧国立にあった「野見宿禰」の壁画を設置と設計の隈研吾さん。国技館の近くにある野見宿禰神社。

いろいろともめた末、隈研吾さんの設計で 建設されることが決まった新国立競技場。 …

断つ、止める「断ち物」で、有り難みを知る。

昔から、神仏に願をかけて、 それを成就するまでは、 自分の好きな物などを断つ 「 …

年を取ってあきらめることもある。しかし今、楽しめることを見つければよい。高齢の二人に教わったこと。

この数日、年配の方に続けてお会いしました。 色々話したなかで、一つ共通していたこ …