亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「春冷えに用心」。知人の男性の対策は、薄手の登山用下着。

   

お花見頃の冷えを「花冷え」なんていいます。

冬から春にかけては、暖かくなったと思ったら、
急に寒くなって冷えたりと、天候は不順。

気温の上下が激しいと、体も慣れず、
体温調整が難しく自律神経も乱れがちになります。

春が来たと思って安心していると、
冷えにやられ、体調を崩したり、
風邪を引いたり、寝込んだりなんて
ことが意外に多いんですね。

小さい頃から両親、祖母などに、
「春先用心」と言われていました。

冬と春に限らず、季節の変わり目は、
気候が変わるので、体調を崩しやすいのですが、
春先は特に上に書いたような事情で、
心が浮かれやすいので、特に注意が必要なようです。

年配の知人も、ご両親などからこうした
春の暖かな陽気に惑わされず、
暖かになるまで注意するようにと
言われて育ったそう。

一番、気をつけているのは下着。

ここさえしっかりと温めておけば、
外出して夜、急に寒くなっても
冷えが防げるとのこと。

昔は下着も暖かいものは、厚手のものが多く、
春先、特に日中に着るのははばかられましたが、
今は薄手で気温の変化に対応出来るものが
数多く出ているのでそれを着ているそう。

そうした中でも良いのは、薄手で
丈が長く、速乾性で保温性の高い登山用モデル。

春先など暖かい日中、動くと汗をかくことが
多いのですが、そうした時でもそうした登山用の
下着だと、早く渇き、体温で体を冷さないのですね。

なお知人は、上のシャツの裾は、
ブリーフの中にしっかりいれるとのこと。

こうするとお腹や背中が動いたりしたときでも
外に出ることがなく、お腹、背中など肌が
露出しないので、体が冷えないそう。

なお一般の保温下着は、速乾性がなく、
汗をかいたとき、すぐに乾かず、
濡れて体温を奪うことがあるので
要注意とのことです。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「水書き書道」で練習量が増え、字が上達したと言う知合い。

以前にも書きましたが、 小さい頃、書道を習っていました。 高校くらいから今まで長 …

「勝利と敗北を同じように見つめられる者のみ、入るがいい」。ウィンブルドンのセンターコートに入る扉に記されているキップリングの詩の一節。

吉田沙保里選手が、4連覇を逃しました。 驚きました。 少し前に書きましたが、 か …

思い込みを捨てる。 成功体験を捨てる。NHKスペシャル「人工知能 天使か悪魔か 2017」。人口知能が繰り出した奇想天外な初手を見て。

先日、NHKスペシャルでAIの特集がありました。 《人工知能 天使か悪魔か 20 …

90歳近いのに、夏でも外を歩き回る叔母さんの元気のもとは、ミルク粥。

日曜日のお昼前、家にいたら、 勝手口のインターフォンが鳴りました。 誰だろうと思 …

スマホカメラでビデオ動画を取り、近況を知らせる70代の知合い。

現役時代は、ずっといわゆる ガラケーを使っていた知合い。 スマートフォンは使った …

告別式で故人の知られざる善行、社会貢献を知る。「棺を蓋 (おお)いて事 (こと)定 (さだ)まる」。

仕事で長年、お世話になり、 師匠ともいうべき方の告別式に 参列してきました。 そ …

2016年6月3日、これが思い出せなかった日記。津川雅彦さんの兄の名前は?

先日、NHKのドラマ「トットてれび」を見ていたら、 女優の沢村貞子さんが出ていま …

空に泳がぬこいのぼり。かわいい五月人形。

5月5日、子どもの日、端午の節句。 街中なので、ご近所に鯉のぼりは 空には泳いで …

給食から、あのソフトめんが消える? 小さい時の味の記憶。

学校給食の思い出。 いろいろあります。 地域や年代によって、いろいろと異なってい …

声がかすれる。声が小さくなった。声の老化を防ぐレッスン。

体の中で声は一番、年をとりにくい と言われているそう。 電話に出て、娘や息子に間 …