亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

小型デジタルオーディオプレイヤー製品名「rubato」が気にある。イタリア語で「盗まれた」という意味。外国語だと変な商品名。

   

町を歩くとお店、マンション、
商品の名前で「これは」と
気になる物に、出くわすことがあります。

以前、ブログに書いたのは、
ある宝飾店の「avalanche」。

もともとはフランス語ですが
英語にも入っていて、
意味は、「雪崩(なだれ)」。

先日、雪崩で若い高校生たちが命を
失う事故がありましたが、
「雪崩」にはよいイメージがないのに、
こうした名前を付けたのは
どういう理由からなのか知りたくなります。

なお《アヴァランチ》というヨーヨーもあるみたいですね。
《「雪崩」の意味を持つ名を付けられたヨーヨーなだけに、
大型でパワフルさがウリ。》、カナダの製品。
http://www.yoyostorerewind.com/jp/avalanche.html

先日来、気になっているのが、オンキヨー&パイオニアの
小型デジタルオーディオプレイヤーの
新商品「rubato(ルバート)」です。
http://www.jp.onkyo.com/audiovisual/portable/dps1/index.htm

この商品名は、
イタリア語の動詞rubare盗む・奪うの
現在分詞rubato(盗まれた)と同じですね。

どういう意図で命名されたのでしょうか?

プレスリリース、HPに説明がないので
推測するしかありません。

rubatoには悪い意味だけではなく、
「(心を)奪われる」といった意味もありますので、
「心を奪われる」ような素晴しい音の
小型デジタルプレイヤーということかもしれません。

大企業の新商品・新サービスの名前については、
商標などの関係で、事前にしっかりと同一・類似の
ものがないかどうか調査します。

またそもそも自分の知っている限りでは、
ネーミングにあたっては、主要な言語で
その商品名が、適切かどうかチェックします。

おそらく上記商品の開発者の方々も、
チェックしたと思うのですが……。

対応言語
《日本語/英語/ドイツ語/フランス語/スペイン語/
イタリア語/スウェーデン語/ 中国語(簡体字/繁体字)/ロシア語 》

《プレスリリース》
http://www.jp.onkyo.com/news/newproducts/audio/dp_s1/rubato_dp-s1.pdf

〇音楽用語で、
「テンポ‐ルバートtempo rubato」
という言葉がある。これは
「《盗まれたテンポの意》音楽で、楽曲の基本的テンポは
崩さずに個々の音符の長さを変化させて演奏すること」を言う。
https://kotobank.jp/word/%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%9D%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88-578960#E3.83.87.E3.82.B8.E3.82.BF.E3.83.AB.E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.B3.89

〇以前からネタになっていたのはおかしな英語の商品名。
代表例がポカリスエットpocari sweat。
スエットは「汗」。汗は汚い、不潔、汗臭い
といったイメージなので、英語ネイティブの人が
ポカリスエットを見ると、おかしいよう。

またお菓子のコロンcollon。
商品名からアルファベットのエルを
一つ抜いたcolonは句読点のコロン
という意味もあるが、
人体の臓器の一つ「結腸」という意味も。
お菓子に「結腸」も相当な違和感があるみたいですね。

〇Kanebo For Beautiful Human Life
これも意味がわからないらしい。

《あなたの会社は笑われている!一流企業の「変な英語」》
http://president.jp/articles/-/17926

〇日本には、わざと汚い名前をつけて悪霊を防ぐ
という風習があった。 辟邪名(へきじゃめい)。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「幸運な大発見は『準備された心』にやってくる」(パスツール)。神様にお願いをしてはいけない。報告せよ。

先日、仕事上の先輩に会いました。 聞かれたのは、 「新しいことをやっているか?」 …

「水の流れとか、雲とか、人工的に作れないものを1日10分でも見る」。テリー伊藤さん。「自然には直線がない」。

毎日新聞夕刊の連載、「私だけの東京 2020に語り継ぐ」。 演出家のテリー伊藤さ …

阪神大震災で被災して落語家・桂文珍さんが目覚めたこと。

落語家の桂文珍さん。 朝日新聞夕刊に現在、インタビューが掲載されています。 20 …

甥っ子と姪っ子にバレンタインのチョコをプレゼント。甥っ子と姪っ子孝行に励む独身の友達。その心は?

バレンタインデー。 日曜日なので義理チョコが なくてよかったという人も いらっし …

素人ながら、知人が美術オークションに毎月、参加。会場がわが家の近くでびっくり。

バブルの頃、大量に買った絵画、彫刻類。 それらをどうにかしようと、 知人は、もう …

ご先祖様どころか、祖父母についても知らないことばかり。三鷹がテレビに出てきたら、母が話し始めた……。

NHKの「ファミリーヒストリー」という番組。 ご覧になったことはありますか? 有 …

「一水四見」とは? 置かれた境遇で同じものでも見え方が違う。

医師の海原純子さんのコラム 「新・心のサプリ」、 毎日新聞の2016年3月20日 …

坂岡洋子さんが教える老前整理、5つのポイント。

日本で初めて「老前整理」を唱え、 老前整理コンサルタントとして活躍されている 坂 …

「京の蛙と大阪の蛙」。梅雨入り前に、近所の公園で少なくなった蛙を見かけて。

東京ではカエルを見ることが少なくなりました。 けれど、先日、雨の降った日、近くの …

88歳の竹島静枝さん。介護資格を取得。高齢でも介護をする側に回れる。励みになるニュース。

2015年12月18日、朝日新聞の夕刊に、 川崎市に住む竹島静枝さんという女性が …