亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「櫻」という漢字が入った名前の男性に、名前の由来を尋ねたら……。「家守の木」。

   

東京は数日前に桜(ソメイヨシノ)が
満開になりました。

近所の公園の桜も見事な花を咲かせています。

少し前ですが、名前に「櫻」という漢字が
入っている男性に会いました。

「櫻」という旧字かどうかはともかく、
桜という漢字が入った名前の女性ならば、
これまでにも知り合ったことがあるのですが、
男性では初めてでした。

当然ながら、名前の由来について尋ねました。

初対面の人には必ず聞かれる問いと
前置きして、答え慣れた感じで教えてくれました。

それは代々続く家の庭に、
もう樹齢何年かわからないけれど
桜の木が植わっているから。

現在、各地に多いソメイヨシノではなく、
山桜の一種だとか。

その方の家では、この桜を
「家守の木」として、
代々大切にしてきたのだそうです。

「家守の木」というのは、
聞き慣れない言葉ですけれど、
その家を見守っている木のこと。

父方の祖母からこの言葉を聞いたことがあります。

家の敷地にある木は、
精神的にもまた、雨風をよけたり、
日陰を作ったりと、物理的にも
家を守る働きをしているので、
そう呼ぶんですね。

桜は、せん定などは余りしないでよいかわり、
意外に虫がつきやすく、しっかりと防虫の
手入れしないと、よい花が咲かないそう。

また春前の一番寒い時期には寒肥、
花が咲いた後にはお礼肥、
さらには盛夏前には追い肥と、
しっかりと養分を補給してやる必要があるとも。

けれど手を入れればいれるだけ
それに応えてくれ、花で家族を楽しませ、
緑の葉で陰を作ってくれる。

その方の家の桜の木は、
今も元気に花を咲かせて
立派に家守としての役割を果たしているそう。

特に、櫻の字を持つその方は、
自分の名前を書く度に、
大きな安心感を覚えるとのこと。

聞いていて、
とてもうらやましいなと
思いました。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

夏木マリさんのご先祖様はフランス人? わが家の言い伝えも……。

家族の歴史を本人に代わって取材し 紹介するNHKの「ファミリーヒストリー」。 2 …

テレビの見方。コマーシャルの間にその前の内容を短くまとめてメモする。頭脳活性化。

ゴールデンウィークの間、 外出せず、家でゆっくりとテレビを見ている という方も多 …

88歳の竹島静枝さん。介護資格を取得。高齢でも介護をする側に回れる。励みになるニュース。

2015年12月18日、朝日新聞の夕刊に、 川崎市に住む竹島静枝さんという女性が …

「速聴、高速音読」で頭のサビがとれたという知合い。

年とともに衰える記憶力、頭の働き。 ある程度、年齢を重ねた方なら だれでも感じた …

田舎の土地や家屋を寄付しようと申し出たら、断られた。実家の不動産の処分で悩む人たち。

仕事仲間の女性。 ほぼ同じ年頃で、親も同年代。 その友人のご両親があいついで亡く …

倉敷の病院の採用試験。米1粒の寿司、15ミリ四方の紙で鶴を折る。15分で、それぞれいくつできるか。

浅草に米一粒のにぎり寿司を握る寿司店があり、 外国人の観光客にも人気だそう。 そ …

「ノートルダムのせむし男」問題。劇団四季、2016年12月から「ノートルダムの鐘」を上演。「せむし男」はなぜ消えた。

地下鉄の車内広告に、 劇団四季が12月11日から上演を予定している 「ノートルダ …

最近、折り紙を折った事ありますか? 一つ一つの工程を丁寧に。端をぴったり合わせる。折り紙道。

折り紙の上手な友達がいます。 海外旅行に出かけたとき、 ホテル、レストラン、列車 …

「おリンピックでゆうしょうした!」。日本新連発、16歳の池江璃花子(りかこ)さんが小学生の時にコーチに渡した絵に書かれていた文。

リオ五輪。 体操男子団体金メダル。 柔道男子73キロ級で 大野将平選手も金メダル …

みうらじゅんさんがもう何年も続けている修行とは? 安パイで落ち着いていいのか?

働き始めて間もない頃、 同じ職場の先輩から言われた言葉を 今でも覚えています。 …