亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「櫻」という漢字が入った名前の男性に、名前の由来を尋ねたら……。「家守の木」。

   

東京は数日前に桜(ソメイヨシノ)が
満開になりました。

近所の公園の桜も見事な花を咲かせています。

少し前ですが、名前に「櫻」という漢字が
入っている男性に会いました。

「櫻」という旧字かどうかはともかく、
桜という漢字が入った名前の女性ならば、
これまでにも知り合ったことがあるのですが、
男性では初めてでした。

当然ながら、名前の由来について尋ねました。

初対面の人には必ず聞かれる問いと
前置きして、答え慣れた感じで教えてくれました。

それは代々続く家の庭に、
もう樹齢何年かわからないけれど
桜の木が植わっているから。

現在、各地に多いソメイヨシノではなく、
山桜の一種だとか。

その方の家では、この桜を
「家守の木」として、
代々大切にしてきたのだそうです。

「家守の木」というのは、
聞き慣れない言葉ですけれど、
その家を見守っている木のこと。

父方の祖母からこの言葉を聞いたことがあります。

家の敷地にある木は、
精神的にもまた、雨風をよけたり、
日陰を作ったりと、物理的にも
家を守る働きをしているので、
そう呼ぶんですね。

桜は、せん定などは余りしないでよいかわり、
意外に虫がつきやすく、しっかりと防虫の
手入れしないと、よい花が咲かないそう。

また春前の一番寒い時期には寒肥、
花が咲いた後にはお礼肥、
さらには盛夏前には追い肥と、
しっかりと養分を補給してやる必要があるとも。

けれど手を入れればいれるだけ
それに応えてくれ、花で家族を楽しませ、
緑の葉で陰を作ってくれる。

その方の家の桜の木は、
今も元気に花を咲かせて
立派に家守としての役割を果たしているそう。

特に、櫻の字を持つその方は、
自分の名前を書く度に、
大きな安心感を覚えるとのこと。

聞いていて、
とてもうらやましいなと
思いました。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

遺伝子検査を受けた結果。ガン、心筋梗塞、脳梗塞の危険性は?  ガン家系の知合いの女性。

遺伝子検査。 ここ数年、身近なものになっていますね。 遺伝子を検査し、遺伝的な病 …

天然樟脳の防虫剤の思い出。福岡県みやま市の内野樟脳。

あなたは「樟脳(しょうのう)」をご存じでしょうか? ある程度の年配の方なら、あの …

定年となった知合い。高速バス、LCCとフェリーを使って格安旅。香港往復4000円。

定年になったら思う存分、 旅行に行きたい。 そう思っている方、多いのでは? しか …

温活。お勧めされたのは、カイロポケット付き薄型腹巻き。腹巻き、カイロのW温熱パワー。お腹と背中を同時に。

体温が低下すると免疫機能が低くなり、 風邪、インフルエンザはもちろん、 様々な病 …

2017年、東京は梅の開花が早い。東京一、梅が早く咲く場所は? タクシー運転手の楽しみ。

2017年、早くも1月が過ぎ、2月になりました。 暦だけではなく、今年は、梅の開 …

シニアこそ、電子書籍、オーディオブック。

高齢になるとどうしても目が弱くなります。 老眼、眼精疲労、目のかすみ。 新聞、雑 …

「お金は寂しがり。友達が多いところに行く」。祖母のお金の教え。

今日のお昼、外食をして 支払いをするためにレジに。 前のお客さんがポケットから …

和の文化を見直している友達、ついに月に一度の写経を始める。その心境はいかに。

若い時はニューヨーク、ロンドンなどに出かけ、 最新の流行、モードなどを取り入れて …

古希の祝い。記念の同窓会の人たちの会話を聞いて。

出張先で、ある中学の同窓会の方々が、 記念撮影を行っていました。 撮影が終わった …

「ぞうきんになれ」。京都の仏教系の洛南高校の教え。久しぶりに聞く。

先日、取引先で初めてあった若者が、 「ぞうきんの教え」について話してくれました。 …