亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

和の文化を見直している友達、ついに月に一度の写経を始める。その心境はいかに。

   

若い時はニューヨーク、ロンドンなどに出かけ、
最新の流行、モードなどを取り入れてきた友達。

少し前から日本の文化を見直すことに力を入れています。

その一つが仏教。

四国遍路を自転車で巡り、
高野山にも行きました。

2ヶ月ぶりに今日あったら、
月に一度の写経を始めたと。

場所を尋ねたらびっくり、
なんと我が家とは目と鼻の先の
薬研堀不動尊でした。

こちらは1585年、江戸開府以前に開かれた
川崎大師の東京別院。
江戸(東京三大不動)と呼ばれ、
江戸時代は多くの人を集めていました。

http://www.kawasakidaishi.com/about/yagenbori.html

現在の順天堂大学の前身が置かれた場所。
また近くの両国西詰め、広小路が辻講談の
発祥の地であるところから、毎月28日の
お不動さまのご縁日に奉納講談
(講談の会)が催されています。
(入場無料)

なんといってもよく知られているのが、
年末に行なわれる
《納めの不動・歳の市
(26,27,28日の3日間)》。

正月用品を買い求める歳の市。
この薬研堀不動尊は、江戸の中でも一番おそく
開かれたので「納め」の歳の市と呼ばれています。

一時廃れたのですが、昭和になって復活、
今に至っています。

その薬研堀不動尊は、真言宗。

空海に憧れている友達は真言宗で
写経をしたいと探したところ、
この薬研堀にあたったそう。

確かに毎月15日に写経の会が行なわれています。
《写経会(8月は除く、日にちの変更あり)》

開かれているは、よく知っていましたが、
まさか友達がそこに来ていたとは。

まだ回数は少ないのですが、
写経をすると、心が落ち着く。
より深く空海、仏教の教えを知ろう
という気持ちになるのだとか。

今後も参加したいと話していました。

自分もこの薬研堀ではありませんが、
別のお寺で何度か写経を体験したことがあります。

気持ちが浮ついていたせいか、
また若かったこともあったせいか、
それほど写経に意味を見いだせませんでした。

それからずいぶんたちます。
もう一度、体験してみると、
写経に対する考え方、受け止め方が
違ってくるかもしれませんね。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

友達のお母さんと、姉の戸籍の秘密。

そんなに前のことではないと思うのですが、 ある有名人女性の戸籍が、実際に生まれた …

渋谷、宇田川遊歩道を歩くと、キンモクセイの香りが。蘇る記憶、思い出。

取引先での会議のため、渋谷駅から、 宇田川遊歩道を通ったら、 甘いけれど爽やかな …

「ウイスキーは、人間社会に似ている」。日本人初のウイスキー殿堂入りの輿水精一さん。

「マッサン」ですっかりブームとなったウイスキー。 マッサンがブレンドをする姿で、 …

こころの一冊「あやのねがい」。両目が見えなくなった父のためにお百度参りをした娘・あや。満願の日に現れたのは……。

「あやのねがい」という絵本をご存じでしょうか? 個人的にすごく思い出のある一冊で …

「まんの悪いことをするな」。祖母がよく言っていた言葉の意味は? 運命をよくする方法。

「まんが悪い」「まんの悪い」 という表現をご存じですか? 関西、西日本の方は、よ …

「縛りを解き放て」。お孫さんの「なんで」攻撃で悟った知人。

お子さん、お孫さんなど、 家族と一緒に過ごすことが多いお正月。 知人のお孫さんは …

食欲の無いときでも食べられる。すぐに出来て栄養豊富食べやすい「ミルクわらび餅」。

梅雨の時期、じめじめむしむし。 寒暖の差、気圧の差も激しいので、 夏ばてならぬ梅 …

「大番頭」ってどう読みますか? 「おおばんとう」「おおばんがしら」。

「大番頭」。 どう読みますか? 突然、知合いから上の単語を書いた紙を 見せられ、 …

スポーツ庁がスニーカー通勤を推進。健康増進・医療費削減が目的。

サラリーマンの方、 通勤や外回りにはどんな靴を はいていらっしゃいますか。 スポ …

シンガポール、午後10時半から屋外での飲酒禁止。酒類販売も禁止。罰金あり。観光客も。

シンガポール。 ゴミのポイ捨て、ガムの所持、交通機関での飲食 公共のトイレの水の …