亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

スーパーのバナナチップスを見て、戦中・戦後、配給された干しバナナの思い出を語り出した母。

   

日曜日、家からちょっと離れた
スーパーに母と買い物に行きました。

その売り場にあったのが、
ドライフルーツ、ナッツ、チョコ類の
量り売りのコーナー。

そこに何種類かのバナナチップスが
売られていました。

それらを見て母が突然、話し始めました。

「このバナナチップスは黄色くてつやつやして
美味しそうだけれど、昔、戦時中に配給で配られた
干しバナナは真っ黒で、見た目が悪くて……」。

干しバナナは文字通り、バナナの皮をむいて、
中の実を乾燥させたドライフルーツ。
今でも売っていますね。

その干しバナナ。
戦中また戦後に配給で配られていたんだそう。

戦時中は本来ならば米、小麦など主食の穀物を配るところが、
それらがないので、「代用食」ということで、
配給されていたようです。(1942年昭和17年)

本来ならば甘い物がない時代、
干しバナナは貴重な甘みなので、
大事にされたはずなのですが、
母にとっては余り美味しいものでは
なかったらしく、配給で家に持って帰ってくると、
がっかりしたんだとか。

戦争が終わって、進駐軍がいた時代。
進駐軍の放出品だかともかく配給があり、
やはり乾燥バナナ(干しバナナ)があったそう。

こちらは戦時中のものよりは、
美味しかったとか。

もしかしたら戦争が終わった解放感が、
より味を美味しくさせていたのかもしれません。

戦時中の乾燥バナナで思い出したのは、
女優の余貴美子さん。

現在、終わってしまいましたが、
有名人のルーツを本人にかわって調べて発表する
「ファミリーヒストリー」(NHK総合)。

余さんはそのナレーターを務めていらっしゃいました。
と同時に余さんのルーツを紹介した回がありました。

余さんの祖父は台湾から日本にやってきましたの方。
神戸で事業をおこし、貿易商として仕事をするのですが
うまくいかず倒産。

その失敗にもめげず、太平洋戦争勃発時に
新たに始めたのが、
保存の効く干しバナナの輸入販売。
これで大成功したと言います。

母の実家に来ていた干しバナナも
台湾バナナなのかもしれません。
しかし古くて質の悪いものだったので、
母にとっては美味しくなかったのでしょうか。

母にとって、平和な時代になった、
豊かな時代になったと心底、実感したのは、
乾燥バナナではなく、生の台湾バナナが、
無理をしなくても食べられるようになってから。

昭和30年代のはじめ、戦争が終わって
10年以上もたったころだったとか。

美味しいプレミアムバナナ、さらに、
乾燥バナナでも味のよいものが食べられる今は、
本当に豊かで平和な時代ということなのかもしれませんね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

心太には鰹だしという高知県。多様性と柔軟性を学んだ大学1年の夏。

2018年8月、東京は雨続きで、 冷たい物より温かいものという気分です。 暑さが …

2015年ノーベル物理学賞、ニュートリノ研究の梶田隆章さんら2人に。

2014年そして昨日に続いて、日本人の研究者が またノーベル賞受賞です。 スウェ …

広島の原爆で全く消息が不明になった母方の叔父。お墓には小石のみ。

今日の昼、NHKのニュースを 母、家族と一緒に見ていました。 広島の記念式典の様 …

人生に遅すぎることはない。「遅咲きの成功者に学ぶ逆転の法則」。

「大器晩成」「遅咲き」。 大好きな言葉です。 反対に嫌いな言葉は、 「栴檀は双葉 …

一人サマータイムを続ける知合い。電車がら空き、仕事はかどり、定食屋でもすいすい。いいことだらけだそう。

一時期、省エネの観点から 盛り上がったサマータイム・夏時間。 どうなってしまった …

「お金は寂しがり。友達が多いところに行く」。祖母のお金の教え。

今日のお昼、外食をして 支払いをするためにレジに。 前のお客さんがポケットから …

実家の土地・建物は「負動産」。売れない、寄付も断られた地方の山林。

地方出身で現在、首都圏など 都会に住む人の中で、 地方の実家の処分に困っている …

俳優の萩原流行さん、バイク事故で死亡か? NHKニュースが伝える。

NHKのニュースで、2015年4月22日午後6時ころ、 バイクに乗っていたとみら …

井村屋の「あずきバー」。小さくなります。プレミアムタイプ「ゴールドあずきバー」発売。2015年4月14日発売。

1973年発売のロングセラーのアイス「あずきバー」。 2015年4月14日から、 …

夏場の行楽、お出かけで重宝する自然解凍の冷凍食品。知合いは外出時には必ず持参。

先日、訪れた取引先。 そこの控え室で備え付けのコーヒーを 飲んでいたら、丁度、お …