亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

知人から教えてもらったすぐに食べられるキウイとアボカド。ついに購入。知人がこの商品に抱く不安と嫌な気分とは?

   

昨日、近所のスーパーに行って、
ついにずっと欲しかったものを
買いました。

キウイとアボカドです。
単なるキウイ、アボカドではありません。

どちらも買ってすぐ食べられる
食べ頃のキウイとアボカドなんです。

この2つの食べ物。
買ってすぐに食べたいのに、熟していなくて
固かったり、味がいまいちだったり。
逆に熟しすぎてしまって、潰してしか使えなかったり。

あなたも、そんながっかりを経験したことが
あるのではないでしょうか?

そうした不満を防ぐために、
販売元が独自の加工技術で、
しっかりと熟させて
出荷販売しているものなんですね。

《真の実(まのみ) 和熟キウイ》
(出荷時期12月~3月なので、もう終わりですね)
《独自の追熟加工技術で、食べ頃の状態でお届けします。
買ったその日においしい、冷蔵庫に入れておけば2~3日後もおいしい!》
http://www.farmind.co.jp/product/manomi_shohin/manomi_kiui.htm
《真の実(まのみ) アボカド》
http://www.farmind.co.jp/product/avocado.html

この2つに関しては、
知人から教えてもらいました。

今まで口惜しい思いをしたことが何度もあったので、
それは便利とすぐにでも買いたかったのですが、
いつも行くスーパーには置いていなかったのです。

昨日、普段余り行かないスーパーを覗いたら、
偶然にもあったという訳です。

教えてくれた時、知人は、変なことを言い出しました。

自身も最初は便利で消費者のニーズにあった製品だ
と喜んで買っていたのだが、しばらくして
なんとも不安なそしていやな気分になったとのこと。

意味がわからなかったので、
知人の次の言葉を待ちました。

知人は、自分が抱いた不安といやな気分は、
一言で言えば、この商品が「人の能力をなくす」
と感じているところから生じたものではないかと。

キウイ、アボカドに限らず、生鮮食品を
買う時は、そのものが新鮮なものなのか、
それとも古いものなのか、質はどうかなどを
色、形、大きさ、匂い、柔らかさなどを
自分の五感や経験を総動員して調べた上で、
自分の必要・希望にあったものを買う。

つまり物を見極める目利きの力が必要。

このすぐに食べられるという品物は、
質・食べ頃を保証していて、そうした
消費者の手間を省いてくれるのはいいが、
一方でそうした目利き能力をダメにしている
のではないか。

さらに言葉をついで、これから人工知能、
AIの時代になって、人間に求められるのは、
もしかしたら、そうした判断能力ではないか。

その能力を便利とひきかえに、
失うようなものはダメなのではないかと。

食べ頃のキウリ、アボカドから
人工知能・AIの話までいくかと
少々あきれましたが、便利な世の中、
その便利さを享受する一方で、
我々は能力の一部を失っているのかもしれないですね。

それは時代にあわせた人間の進化、適応
と考えるのか、退化と考えるのか……。

今や、ガンの判定、最適の治療法の選択などまで
人工知能が行なえると言う時代。
知人の懸念よりさらに技術は進んでいるのかも。

ともかく食べ頃キウリ、アボカドから、
今後の人間が伸ばすべき能力について
考えさせられました。

知人の不安・懸念は聞いたものの、
好奇心に負けて、食べ頃キウイ・アボカド、
買ってしまったのですが……。

今朝、昨日、買い求めた
食べ頃キウイを、いただきました。
見事に熟していて、美味でした。

これからも買ってしまうかも。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

2015年、ノーベル医学生理学賞を受賞した大村智北里大特別栄誉教授。油にまみれた定時制高校の生徒の手を見て決心した「学び直し」。

2015年のノーベル医学生理学賞の受賞者の一人に、 大村智(おおむらさとし)・北 …

宮崎市の暴走事故。運転していた73歳の男性、認知症で通院。車庫入れ失敗、道がわからない。あなたにもそんな症状は?

宮崎市で2015年10月28日に起こった暴走事故。 2人の女性が亡くなられ、運転 …

民進党の英語表記の頭文字DIPはアメリカの俗語で「間抜け」。ポカリスエット、ウォークマン。結局、DPに。

民主党と維新の党が結成する合流新党「民進党」。 台湾にもまさに同じ名前の政党があ …

知人がスマホのカメラで毎日、撮影しているものとは。

同年代の知合いが、1年ほど前に ガラケーからスマートフォンに変えました。 それを …

「日本はお菓子でアメリカを征服できるよ」。毎日かあさん。「第609回息子からの便り」。

漫画家・西原理恵子さんが、 毎週月曜、毎日新聞朝刊に 連載している「毎日かあさん …

3月3日は草餅の節句。

3月3日は、ひな祭り。 桃の節供ですね。 そして草餅の節句でもあるのを ご存じで …

五月病っていう言葉もありますが、お元気ですか? 心の栄養失調。

長いゴールデンウィークの連休も終わりました。 久しぶりに学校・職場に行く朝、 ス …

知人から勧められたゼリー健康法。ゼラチンを買って手作り。良質なタンパク質は高齢者ほど必要。

寒い間は、冷たいものは、 たとえ健康にいいものでも、 なかなかとりにくいものです …

王女の名前は「シャーロット・エリザベス・ダイアナ」に。ウィリアム王子とキャサリン妃の間の王女。

ウィリアム王子とキャサリン妃の間に、 2015年5月2日生まれた王女の名前を、 …

「清水の舞台から飛び降りる」。これまで飛び降りた人は234人。「清水寺 成就院日記」発刊。

「清水の舞台から飛び降りる」 という言い回しがあります。 成功しないのはもともと …