亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「ついになってしまった65歳。悪いことばかりじゃない」と知人。金曜日は銭湯の日。その訳は? シニア割引。

      2017/04/18

ついこの間、定年になった
と思っていた知合い。

先日、あったらもう65歳だそう。

「年を取ると共に、
月日は加速度的に早く過ぎる」と。

65歳になると、体を鍛えていても、
回復力が一段階下がってきたと感じる。

毎日毎日だと気づかないが、
5年の節目で比べると、やはり老いを感じるとも。

そんな中で嬉しいのは、銭湯の割引。
その方は墨田区在住。
毎週金曜日は、区内の銭湯が無料。
さらに半額の日もあるとのこと。

《にこにこ入浴証》
http://www.city.sumida.lg.jp/kenko_fukushi/koureisya_kaigohoken/oiwai_ikigai_syakaisanka/nyuuyokusyou.html
東京23区では同様な制度が。
《行政との連携事業(入浴補助制度)》
http://www.1010.or.jp/event-regular/

65歳以上から始まる割引が意外に多いので、
それらを利用しているとのこと。

《「スマートシニア空割」運賃
65歳以上のANAマイレージクラブ会員のお客様がご購入いただけるおトクな運賃です。》
https://www.ana.co.jp/book-plan/fare/domestic/smart-senior/
《JR東日本「大人の休日倶楽部 ジパング」》
《男性65歳以上、女性60歳以上で、
大人の休日倶楽部カードを利用すると、
JR東日本線、JR北海道線が30%割引》
http://www.jreast.co.jp/otona/zipang/index.html

他にも美術館、博物館など、
65歳を基準に割引しているところが
驚くほど多いと。

高齢化社会。
もしかしたら今後、シニア割引も、
年齢が引き上げられることになるかもしれませんが、
ともかく、現在、その年齢に達している方は、
存分に利用して、生活を充実させたいですね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「ウイスキーは、人間社会に似ている」。日本人初のウイスキー殿堂入りの輿水精一さん。

「マッサン」ですっかりブームとなったウイスキー。 マッサンがブレンドをする姿で、 …

ご飯の量が減って栄養失調気味と言われた高齢の知合い夫婦が、食べる量を倍増させた方法は?

あなたは1日、どれくらいご飯を 召しあがっていますか? 病気などで、ご飯を控えて …

疲れた脳の休め方。簡単にできる方法。教えてくれたのは、ハンドマッサージ。五感をバランス良く使う。

現代人は、五感の中で、 視覚を最も酷使していて、 続いては聴覚。 余り使っていな …

「ラッキーを待つ人にラッキーはこない。ラッキーをあげる人にラッキーはくる」。最近知り合った人に教わった言葉。

最近、知り合った人と話したときに 印象に残った言葉を記しておきます。 なにかの拍 …

ゴミ屋敷寸前の知人の窮状を救った、友達のアドバイスとは?

知合いの年配の女性。 一人暮らしをしています。 悩みは部屋がモノで一杯なこと。 …

夏こそゆっくり動け。無理がないので、体に負担少なく、自律神経のバランスが整うそう。

夏休み、大阪の祖母の家に行ったときのこと。 梅田の映画館で映画を見て、その後、ゲ …

ナス、トマトが美味しい季節。でも食べてのどがイガイガしたり、かゆみ、ありませんか? 隠れアレルギーにご注意。

冷やしトマト、焼茄子。 夏の時期、美味しいですよね。 これらを食べると、体の熱を …

懐かしや、乾布摩擦。知合いは日本手ぬぐい、シルクで実施。ストレッチも加える。凝り知らず。

大昔、幼稚園に通っていた頃、 冬の季節、登園して、みんなが集まると、 部屋に広が …

春風亭昇太さん。「人の誘いには乗ってみるものだ」。

今や笑点の司会として知られる 落語家の春風亭昇太さん。 多趣味で知られます。 な …

美術家・篠田桃紅さん。「103歳になってわかったこと」。

篠田桃紅さん。 ご存じでしょうか? 墨書のほか、金箔、朱泥を使った書や、 壁画・ …