亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

近所からもらったタケノコを煮る。母が筍を掘っていた「城跡」の土手。

   

台所のテーブルの上に、
「筍と鶏肉」の煮物が
並んでいました。

尋ねたら、近所の方から
いただいた筍を、
母が調理したものでした。

筍は、その近所の方が
犬仲間からもらったものの
お裾分けでした。

その犬仲間の方は、
千葉に大きな竹林を持っているそう。

そこから掘り出したものを
多くの人に分けているそう。

竹林は、こうして筍を採ったりして、
手入れしないと、たちまちはびこり、
あちこちに広がって、手が付けられない状態に
なってしまうんとのこと。

人がいなくなり放置された竹林が、
周囲の畑、宅地などに広がり、
耕作できなくなったり、
建物を壊したりなど、
日本のあちこちで問題になっている
というニュースを見ますね。

まさにそうならないように、
しっかり管理をして、その成果として
筍をとっているとのことです。

母と昼食をとりながら、
そんな筍の話をしていると、
母が昔の筍堀りの体験を
披露してくれました。

以前にも何度か
聞いたことがあるのですが、
今日は、少し新情報が追加されていました。

母の実家は、岐阜市の中心。
なのでそこでの話ではなく、
母の姉が嫁いだ先の話です。

そこを母達は「城跡」と呼んでいた
らしいのですけれど、岐阜の中でも
人口が少ない郡部の高台に立つ大きな屋敷。

実際、中世・戦国時代にはお城だったんだとか。

なので「城跡」と呼んでいたのですが、
周囲の土手(土塁?)に竹林があり、
毎年春になると、
そこに筍を掘りに行っていたそう。

柔らかく白くてえぐみの少ない、
とても良い筍だったんだとか。

しかしそこは、屋敷は残っているものの
母の姉夫妻をはじめ、管理する人が
誰もいなくなり、現在、無人。

伯母さんがまだ若い頃は、毎年、
畑を作りにいったり、筍を採りに行ったり
していたのですが、年を取ったため、
いまでは放置されているのです。

何年か前、母が同窓会で帰郷した折、
その「城跡」がある町の
教育委員会にいた同級生が、
そこが町の史跡(文化財?)に
指定されていることを教えてくれたそう。

さすがにその時、
「筍はどうなっている」とは
尋ねられなかったとのこと。

今になって、母はしきりに、
「あの筍は今、どうなっているのか」
と、気にしていました。

城跡も、そして筍も大好きなので、
一度、母のかわりに、
その「城跡」を訪ねてみたいですね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

柳家小三治師匠がアルツハイマー病の疑いと高座で告白。

今朝2017年8月8日の東京新聞に、 《柳家小三治が療養へ》との記事が出ていまし …

「存亡の機」それとも「存亡の危機」。文化庁の2016年度「国語に関する世論調査」。

「存亡の機」「存亡の危機」。 本来の使い方はどちらだと思いますか。 答えは「存亡 …

年齢を重ねても骨折知らずの叔母さんのお土産はワカサギの唐揚。一物全体。食材はまるごと食べる。

先日、90歳近くに成っても元気に動き回る 叔母さんが久しぶりにわが家にやってきた …

ブーメランで健康に? ブーメランで運動量を増やす。手作りブーメラン。

ブーメラン。 あなたはやったことがありますか? 昔、小学生の時にブーメランがはや …

浅丘ルリ子さんの「私の履歴書」。2回目。バンコクから終戦後、引き揚げ船。一家全員、降ろされ…。運命。

女優の浅丘ルリ子さんが、 日本経済新聞に「私の履歴書」を、 2015年7月連載中 …

夜中のセミの声。けれど日中、セミ捕りの少年は見かけない。

毎日、1時間ウォーキングをしています。 夏の間は日中、暑いので、日が暮れてから …

「人生煎じ詰めれば……」。煎じた後に残るものは?

昔、近所におばあさん1人で 住んでいるお宅がありました。 その前を通ると、なんと …

十三参り。ご存じですか? 振り向いたばっかりに、記憶力が……。

杉並区の取引先で仕事が終わった後、 いつもとは違うところを経由して、 帰宅しまし …

「さわやか」は秋の季語。被災地の新設校ふたば未来学園高校入学式で、林先生が即席授業。

「さわやか」。 よく使われる表現ですね。 イケメンのあなたは、 「さわやかな方ね …

区民カレッジの講座で新しい趣味を見つけた知合い。格安で生涯学習する方法。

まだ2月で少し早いのですが、春から何か始めよう と思っていらっしゃるシニアの方も …