亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「もしあのとき、蔵元の跡取りと結婚していたら……」。もう一つの人生。

      2017/04/30

先日、母が話した岐阜県の山の中の
町にある「城跡」について書きました。

親戚の実家があった場所。
敷地の半分は、他人に貸して、
そこに建物はたっていますが、
かつて実家の建物があったもう半分には、
建物はなく、畑となっています。

その敷地の周囲には竹が生えている土手があり、
春先にはそこで筍掘りをした思い出があると。

今日もまた昼ご飯の時に、その続きの話をしました。

城跡の周囲には、一族が数多く住んでいたとのこと。
そこから少し離れた場所には、遠い親戚である
古くからの酒造会社(造り酒屋)があり、
母が一番最初にお見合いをした相手だったんだとか。

相手は是非にと希望したのですが、
母はその場所にも行き、相手の親にも
会ったそうですが、結局、断ったのです。

「なんで断ったの?
その辺りではお金持ちで名家なのに」

「そうした古い家はしきたりだかなんだかで窮屈そうで。
それに今だといいけれど、まだ若かったから、田舎の
山の中に引っ込むのはいやだったから」。

戦後、海外からどんどん新しい映画、音楽が入ってきて、
若かった母は、それらを見に行ったり、聞きに、
住んでいた岐阜市内の繁華街はもちろん、名古屋まで
出かけていたそう。
そうした文化的で刺激のある生活が、酒蔵のある地方では
出来なくなると思ったというのです。

その酒造会社の方は、別の方と結婚。
その方は若死にしたものの、お子さんが跡を継いで、
現在も立派に営業を続けているようです。

「もしその蔵元に結婚したらどうなっていたか、
なんて考えたことは?」

「本当にどうなっていたかって考えたことはあるねー。
人生ってほんの小さな選択の違いで
大きく変わってくるんだと思うね。
でもどの選択をしていても良かったと後悔はしていないけどね」

この春、大ヒットした映画「ラ・ラ・ランド」では、
最後に主人公二人のカップルのもう一つの人生が
描かれます。

このシーンに「きゅん」となってしまったのですが、
人生経験を経ている人が見たら、
より深く感動する場面かもしれませんね。

もう一つの人生を思い描くけれど、
今に至った現在の人生も肯定する。

それが出来る人は、
良い人生を送れた人なのかもしれませんね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

靴下、インソール、靴で延びる健康寿命。靴外来。シューマスター。

健康で長生きするためには、 動くこと、歩くことだと言われます。 けれど足の筋肉の …

大人のための粉ミルク「ミルク生活」。森永乳業が販売開始。昔はやった粉ミルクダイエット、美容法。

もうずいぶん前になりますが、 赤ちゃん、乳児が飲む粉ミルクを 大人が飲むというの …

テレビの見方。コマーシャルの間にその前の内容を短くまとめてメモする。頭脳活性化。

ゴールデンウィークの間、 外出せず、家でゆっくりとテレビを見ている という方も多 …

渋谷、宇田川遊歩道を歩くと、キンモクセイの香りが。蘇る記憶、思い出。

取引先での会議のため、渋谷駅から、 宇田川遊歩道を通ったら、 甘いけれど爽やかな …

「ポーチおじさんになりなさい」と管理職向けの講座で言われた知り合い。

男性のあなた。 外出するときにバッグの中に ポーチは持っていますか? 中に、汗ふ …

最新、小学校の遠足事情。おやつは禁止。「バナナはおやつですか?」の質問はできない?

5月、梅雨前のこの時期、 遠足、行楽にはもってこい。 小学校の遠足の時期なんでし …

6月30日、「夏越の祓」をしましたか?  逃した方は、夏詣。《開運八社さんぽ 東京福めぐり》。

6月30日、一年の半分が今日で終わります。 以前にも書いたのですが、この日は、 …

平城京に「破斯清通」とのペルシャ人の役人がいた。「波斯」(ペルシャ)の末裔(すえ)」。友達の家の言い伝え。

奈良市の平城宮跡から出土した8世紀中頃の木簡に、 「破斯(はし)」という名字を持 …

「説教、昔話、自慢話はしない」。テキトー男・高田純次さんの自戒。

高田純次さん。 テキトー男として有名ですね。 毎日放送の「情熱大陸」で 2015 …

「もう浅草の『まるごとにっぽん』に行った?」と蔵前のおばさん。「新しいことに興味がなくなったらおしまいよ」。

2015年12月14日、浅草六区に 日本全国の名産が集まった商業施設 「まるごと …