亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

折り込み広告を使った自作カードで、脳トレをしている知人。日々のトレーニングの結果は?

   

還暦を過ぎた知人。

何年か前にスマートフォンデビューをして、
今ではすっかり使いこなしています。

最近、ずっと凝っているのは、
脳トレのゲームとか。

短い時間でトレーニングを
することができるので、
ちょっとしたすきま時間に
やっているのだとか。

けれどスマートフォンの画面を
ずっと見続け、指を酷使するのは、
とても疲れることにも気づいたそう。

そこで始めたのが、
アナログな自作の脳トレカード。

といってもそれはとても
シンプルなもの。

活用しているのが、新聞の折り込みチラシ。
スーパーのチラシが一番役立つとのこと。

それをどうするか?

商品、製品ごとに切り抜き、
ちょっと厚手な紙にはりつける。

ただそれだけ。

使い方は、自作カードを裏返しておき、
それをひっくり返す。

貼り付けられた物の名前を言う。
例えば、ゴールデンキウイといった具合
(商品名などはとっておく)
できるだけ早く名前が言えるようにする。

他にはゴールデンキウイが出たら、
果物の名前を、他に5つ言ってみると
いったトレーニングをする。

「いちご」が出たら、
品種名をできるだけ言ってみる。
(書き留めて、後で調べる)

ほかには、値段が書いたものも作っておく。
こちらは、テーブルの上などに、
何枚も並べておき、4つほどとる。

そして買い物したとして、合計額を暗算。
手元の紙に書きます。
後で電卓などで計算し、正解かどうか確認。

この他、やっているのは、人物カード。
これは、新聞・雑誌などにでてきた有名人を
切り抜いておく。

顔を見たら、名前を言うというトレーニングです。

こうした訓練をしているうちに、
以前より頭の働きが良くなり、
物や人の名前がすっと出るようになってきたとか。

訓練しないと本当に、どんどんと
ものごとは忘れるし、新しいことも
入ってきませんよね。

自作カードで脳トレというのは、
アナログだけれど、なかなか
よい方法なのかもしれません。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「いらなくなった本棚、譲ります」と、大量の蔵書を整理・処分した知合い。「本の並びは自分の頭の中の歴史」。

読書週間が始まりました。 最近では、電子書籍が徐々に 普及していているようです。 …

誘導ミスで最後尾の小学生がトップに。小学校の時のマラソンの思い出。

岡山県笠岡市などが主催したマラソン大会の、 小学3~6年男女の部(3キロ)で誘導 …

某女優さんが、生産している超高級イチゴ。生産拡大のために投資を募っていますとの勧誘電話。

2015年は下二桁が「15」で「イチゴ」と読めるとして、 なんだか「イチゴ」に関 …

病気にならない歩き方。「1日8000歩、20分の速歩き」。歩数計(活動量計)をつけると体を動かす。

毎日、累計で1時間歩くこと、 体を動かすことを目標にしています。 2015年12 …

触覚・触感を刺激する。裸足になる、素手で触れる。

認知症の患者さんの症状、 例えば、徘徊、叫ぶといった行動を 抑えるのに、タッチン …

「花の司の牡丹でさえも 冬は菰着て 春を待つ」。辛抱して待てば、いつかよい日が来る。

俳優・歌手の梅沢富美男さんが、 毎日新聞の「私だけの東京」に登場しています。 毎 …

日本がラグビーのW杯第一次リーグで南アフリカに勝利。史上最大の番狂わせと表現。

それがどれほどすごいことなのか、 自分がその価値をよく知っていることに たとえて …

スイートコーンのゆでたてを食べながら、昔のモチトウモロコシを思う。

昨日、お隣の方から、 トウモロコシをいただきました。 お隣も知合いから、もぎたて …

秘密のお米結社から、ブランド米の贈り物。今日は龍の瞳、昨日はなすひかり。

最近、日本各地で様々なブランド米が 誕生し、販売されていますね。 北海道のななつ …

生涯で2枚だけ名刺を受け取らなかったことがある。温厚な年上の方が明かしたその理由。

出張先で取引先の方と立ち話。 かなり地位の高い方なのですが、 出入りの業者にも気 …