亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

折り込み広告を使った自作カードで、脳トレをしている知人。日々のトレーニングの結果は?

   

還暦を過ぎた知人。

何年か前にスマートフォンデビューをして、
今ではすっかり使いこなしています。

最近、ずっと凝っているのは、
脳トレのゲームとか。

短い時間でトレーニングを
することができるので、
ちょっとしたすきま時間に
やっているのだとか。

けれどスマートフォンの画面を
ずっと見続け、指を酷使するのは、
とても疲れることにも気づいたそう。

そこで始めたのが、
アナログな自作の脳トレカード。

といってもそれはとても
シンプルなもの。

活用しているのが、新聞の折り込みチラシ。
スーパーのチラシが一番役立つとのこと。

それをどうするか?

商品、製品ごとに切り抜き、
ちょっと厚手な紙にはりつける。

ただそれだけ。

使い方は、自作カードを裏返しておき、
それをひっくり返す。

貼り付けられた物の名前を言う。
例えば、ゴールデンキウイといった具合
(商品名などはとっておく)
できるだけ早く名前が言えるようにする。

他にはゴールデンキウイが出たら、
果物の名前を、他に5つ言ってみると
いったトレーニングをする。

「いちご」が出たら、
品種名をできるだけ言ってみる。
(書き留めて、後で調べる)

ほかには、値段が書いたものも作っておく。
こちらは、テーブルの上などに、
何枚も並べておき、4つほどとる。

そして買い物したとして、合計額を暗算。
手元の紙に書きます。
後で電卓などで計算し、正解かどうか確認。

この他、やっているのは、人物カード。
これは、新聞・雑誌などにでてきた有名人を
切り抜いておく。

顔を見たら、名前を言うというトレーニングです。

こうした訓練をしているうちに、
以前より頭の働きが良くなり、
物や人の名前がすっと出るようになってきたとか。

訓練しないと本当に、どんどんと
ものごとは忘れるし、新しいことも
入ってきませんよね。

自作カードで脳トレというのは、
アナログだけれど、なかなか
よい方法なのかもしれません。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

家にカニ詐欺の電話がかかってきた。対応した母は……。

2015年7月23日、朝刊に、 カニ詐欺(カニの送りつけ商法)の記事が出ていまし …

「粛々と」は「上から目線」? 菅官房長官が 翁長沖縄県知事から批判。今後使わないと官房長官。

2015年4月5日、菅義偉官房長官が、 翁長雄志沖縄県知事と会談しました。 その …

「へその緒」を収めた桐箱はどこに? 「へその緒」の話で盛り上がる。母と子の絆。

あなたは自分が生まれた時刻をご存じですか? 私は知らないのですけれど、 今日、友 …

高齢者は75歳からと日本老年医学会が見直し提言。「実年齢の8掛けの気分で暮らせ」と言った先輩。

先日、久しぶりにあった仕事関係の知合い。 もう取引先を退職して11年が過ぎ、 来 …

金曜日夕方の爪磨きと耳掃除。高齢者の耳詰まりは、認知機能低下の原因にも。

2016年12月23日、金曜日の天皇誕生日。 あなたはどう過ごされましたか? 平 …

納豆アレルギー患者のおよそ8割がサーファーやダイバー。ホントです。なぜ?

納豆お好きですか? 最近、テレビなどに、のびーる君じゃなかった ねば~る君という …

福引き2等に当たった母。運を無駄遣いするな。ついていないと思う時は、運を貯めている時。

近所の福引きで、2015年12月29日、 母が2等をあてました。 母は昔から福引 …

ノートパソコンの故障で反省。モノへの感謝の気持ち、忘れていなかったか。故障はあなたの身代わり。

2016年7月16日、毎日、メインで使っている ノートパソコン、レッツノートが突 …

ファンケルの機能性表示食品、手元のピント調節力に違いがあるとの「えんきん」を試しています。

最近、機能性表示食品という製品を数多く見かけます。 平成27年4月からこの新しい …

握力が強い人は、長生き。脳卒中、認知症のリスクが少ない。

少し前から母が、 親指の力が入りにくい と訴えていました。 かかりつけのお医者さ …