亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

食べるものも変えず、量も同じで、お金と手間もかけず、ダイエットに成功した知人。その方法は?

   

同年代の知人。

去年の健康診断で、肥満、
糖尿病予備軍と言われ、
医師からは、体重を減らすように言われ、
栄養士などから食事指導を受けたそう。

体重減少を決意したのですが、
今はやりの糖質制限はできそうにもない、
それ以上に糖尿病患者のための従来の
食事療法も無理そうと思い、どうしようかと
悩んでいたと言います。

そんな折に、あるテレビ番組そして
健康雑誌で紹介された食事療法と出合い、
これだと思ったといいます。

なぜなら、これまでと食事の内容を変えたり、
量を減らしたりする必要はない、
我慢をしなくてもいいものだったから。

その方法で変えるのは大きく二つ。
食べる順番と時間です。

その二つを守っていれば、
それまでと同じ食事をし、
同じ量を食べても健康的に体重が減ると。

1,食べる順番
野菜(糖質が多いものは後)が最初(ベジファースト)、
続いて、タンパク質(肉、魚、卵など)の多い主菜。
最後に糖質の多い主食(ご飯、麺類など)。

2,食べる時間
夕食の時間を午後8時までにする。
3食とる。その時間帯もできるだけ毎日同じ時間に。

大まかな規則・ルールは上の通り。
仕事の関係で遅くなるときは、
コンビニエンスストアで野菜サラダ、野菜スティック、
プロセスチーズ、ゆで卵などを少しお腹に入れたとのこと。

年末年始、年度末年度初めなどもあったため、
上のルールを毎日守れたわけではないよう。

そしてお酒を飲みに行った時には、
お酒の分、最後に炭水化物をとらないようにする
といった自分なりの工夫はしたようですが、
やったことはほぼ上の通り。

これまでのようにダイエットしている、
無理をしているという思いはなかったそう。
そうしたら、次第にわずかずつですが、
体重そして体脂肪が減っていったとのこと。

半年余りで3キロ弱と極端にやせた訳ではなく、
そしてまだまだ医師が命じた体重には届いていない
そうですが、このまま続けていけるという自信があると。

なお続けていくうちに、
ドカ食い、無茶飲み、間食が減り、
というわけで1日の間に口に入れる総量も
減少したとのことです。

食べる順、食べる時間に気をつける。
やってみる価値はあると思いました。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

高校の同級生、2017年の東京マラソン断念。

まもなく東京マラソン2017年が開催されます。 (2017年2月26日) わが家 …

問題「仏教を広めるにはどうすればいいか?」。「歩荷(ぼっか)」について書いたのは、欽ちゃん。

萩本欽一さんが、今年の春、 駒澤大学仏教学部に入学したのは、 みなさん、ご存じだ …

自分はどこで亡くなりたいか? 自宅それとも?

先日、ある病院に行ったときのこと。 80代とおぼしき女性二人が話をしていました。 …

日本で2番目に小さい市ってどこ? 小田急線のダイヤ改定で大喜びの市民。各停のみから準急停車へ。

「日本で2番目に小さい市」。 ご存じですか? よぽどのクイズマニアかその市及びそ …

「新入社員に戻りなさい」と先輩社員に訓示したトップ。その心は?

毎年、4月から3ヶ月ほど、 伺っている取引先。 今年度はじめて伺いました。 新し …

金曜日夕方の爪磨きと耳掃除。高齢者の耳詰まりは、認知機能低下の原因にも。

2016年12月23日、金曜日の天皇誕生日。 あなたはどう過ごされましたか? 平 …

炊飯器のご飯。どこが一番美味しい? 羽釜を使いおくどさんで炊いた銀シャリの美味さ。ご先祖様への感謝の心。

この6月末から7月ころは、 電気炊飯器の新製品が発売される時期なんだそう。 梅雨 …

フェイクニュースと嘘松。ファクトチェック、ポストトゥルース。

フェイクニュース。 最近、話題になっている言葉ですね。 先日、知合いと雑談をして …

背中合掌、また割りできますか? 毎日のストレッチで出来るようになった知合い。

背中合掌という言葉を お聞きになったことはありますか? 普通、合掌は胸の前で 両 …

運動、調理、雑用など、高齢者の毎日の生活に欠かせないものとは?

知合いの高齢者にある身近なグッズが、 毎日の生活を驚くほど快適にしてくれた と聞 …