亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

食べるものも変えず、量も同じで、お金と手間もかけず、ダイエットに成功した知人。その方法は?

   

同年代の知人。

去年の健康診断で、肥満、
糖尿病予備軍と言われ、
医師からは、体重を減らすように言われ、
栄養士などから食事指導を受けたそう。

体重減少を決意したのですが、
今はやりの糖質制限はできそうにもない、
それ以上に糖尿病患者のための従来の
食事療法も無理そうと思い、どうしようかと
悩んでいたと言います。

そんな折に、あるテレビ番組そして
健康雑誌で紹介された食事療法と出合い、
これだと思ったといいます。

なぜなら、これまでと食事の内容を変えたり、
量を減らしたりする必要はない、
我慢をしなくてもいいものだったから。

その方法で変えるのは大きく二つ。
食べる順番と時間です。

その二つを守っていれば、
それまでと同じ食事をし、
同じ量を食べても健康的に体重が減ると。

1,食べる順番
野菜(糖質が多いものは後)が最初(ベジファースト)、
続いて、タンパク質(肉、魚、卵など)の多い主菜。
最後に糖質の多い主食(ご飯、麺類など)。

2,食べる時間
夕食の時間を午後8時までにする。
3食とる。その時間帯もできるだけ毎日同じ時間に。

大まかな規則・ルールは上の通り。
仕事の関係で遅くなるときは、
コンビニエンスストアで野菜サラダ、野菜スティック、
プロセスチーズ、ゆで卵などを少しお腹に入れたとのこと。

年末年始、年度末年度初めなどもあったため、
上のルールを毎日守れたわけではないよう。

そしてお酒を飲みに行った時には、
お酒の分、最後に炭水化物をとらないようにする
といった自分なりの工夫はしたようですが、
やったことはほぼ上の通り。

これまでのようにダイエットしている、
無理をしているという思いはなかったそう。
そうしたら、次第にわずかずつですが、
体重そして体脂肪が減っていったとのこと。

半年余りで3キロ弱と極端にやせた訳ではなく、
そしてまだまだ医師が命じた体重には届いていない
そうですが、このまま続けていけるという自信があると。

なお続けていくうちに、
ドカ食い、無茶飲み、間食が減り、
というわけで1日の間に口に入れる総量も
減少したとのことです。

食べる順、食べる時間に気をつける。
やってみる価値はあると思いました。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

年を聞いて驚いたイタリア人の知人。今日で78歳。見た目は60代前半。その秘密は?

久しぶりにイタリア人の友人家族と食事。 夕方にそのイタリア人家族のお宅に伺い、 …

おサイフケータイが新ポイントをもらえるサービスを開始。「ラッキータッチ」。

サザエさんではないですけれど、 ここ最近、お財布を外に出る時、 持って行くのを忘 …

女優の田畑智子さん、カボチャを切り損ねて手首を切って救急搬送。カボチャの上手な切り方。

女優の田畑智子さんが、左手首を切り、 救急搬送されたと報じられました。 事務所が …

靴のトラブルで自分の歩き方の悪い癖がわかる。

先日、毎日のようにはいていた ウォーキングシューズの右側の前の 部分がはがれたと …

終活カフェ「ブルーオーシャンカフェ」が東京都江東区に。

終活。 自分の人生の最期をどのようにするのか。 そのための活動。 すっかり一般的 …

家庭内の投票の秘密。夫と妻、親など家族のの投票先を知っていますか?

明日、2017年10月22日は衆議院選挙ですね。 全国的に天気が悪い予想が出てお …

忙しい時ほど呼吸を深く。ストレス解消し、頭スッキリ、脳活、アンチエイジングに。

師走もいつの間にか12日になりました。 2015年12月5日に放送された、 TB …

青天の霹靂を田植え。霹靂(へきれき)とは? 青森県の米の新品種、2015年秋市場デビュー。

「青天の霹靂」。 後ろの「霹靂」が難しいですけれど、 今では読める人も多いのでは …

「花の司の牡丹でさえも 冬は菰着て 春を待つ」。辛抱して待てば、いつかよい日が来る。

俳優・歌手の梅沢富美男さんが、 毎日新聞の「私だけの東京」に登場しています。 毎 …

伊集院静氏の新刊「琥珀の夢――小説、鳥井信治郎と末裔」。陰徳。

作家・伊集院静さんが、日本経済新聞に連載していた 「琥珀の夢」が発刊されました。 …