亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

50年たって見つけた母に贈った肩たたき券。

   

2017年5月14日、母の日。

お母さんがいる方、何かされましたか?

今日は家族で近所のイタリアンに、
食事に行きました。

小さい時の母の日の
プレゼントの話になりました。

それで思い出したのが、友達のエピソード。

その友達は残念ながら、先年、
お母さんを亡くしました。

亡くなった後、妹さんと一緒に
実家の片づけを少しずつしていたんだそう。

あるときのこと。
お母さんがずっと昔から使い続けていた箪笥。
その引き出しを開けると、桐の箱が。

これは何か貴重な大切なものかもしれない
と他を片づけていた妹さんを呼んで、
座敷にその桐の箱を移し、一緒に開けたと言います。

出てきたのは、友人と妹さんが、
小学校いやそれ以下の小さい時に、
描いた絵や作文などが一杯入っていたそう。

一枚一枚手に取って眺め、読みふけりました。
その中にあったのが、友人が、小学校低学年の時に
書いてお母さんにプレゼントした肩たたき券。

それが何枚も出てきたそう。

当時、彼は、母の日に限らず、
誰かの誕生日とかお正月などに、
家族に自作の肩たたき券を
プレゼントしていたんだとか。

お金で買えるものではなく、
自分でできるものをということで、
この肩たたき券に行き着いたと。

プレゼントした内、お父さんと
お祖母さんは、券を持ってきたので、
肩をたたいた記憶があるけれど、
お母さんは、一度もそれを使ったのを
覚えていなかったと思い出したのです。

お祖母さんは肩をたたいた後、
お小遣いをくれたり、お菓子をくれたりしたそう。
お父さんは、肩たたきではなく、足踏みに変えた。
そんなことまで思い出したのですが、
やはりお母さんの肩を叩いた記憶はない。

「お母さんはなんで肩たたき券を使わなかったのかなー?」

妹さんはお兄さんに尋ねました。

「わかんない。けどずっと肩たたき券をずっと
大事にもっていてくれたんだなー」。

「お母さんってそういうことあったよね」。

その日、二人はそこで片づけをやめ、
仏壇のある座敷で、お酒を片手に、
お弁当を食べながら、お母さんについて、
語り合ったと言います。

50年ぶりに出てきた自分が母に贈った肩たたき券。
彼にとっては大事な宝物ですね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

8ミリフィルムをDVDに変換してくれるサービスを利用した知合い。若い時の両親の姿を見て……。

このところ、ずっと家の不要品を 捨てています。 その中で、大量の8ミリフィルム、 …

座右の銘を一ヶ月に一度、毛筆で書き換えて、心を新たに。言霊、常若。

会社の壁、机の前、デスクトップなどに、 今年の自分の目標、会社の社訓などを 貼っ …

「あさが来た」で「ファーストペンギン」? 明治時代に?

昨日もNHKの連続テレビ小説「あさが来た」の 話題を取り上げました。(「スカブラ …

退職金を使ってリフォーム。掃除不要のバスタブ、換気扇に奥さん大満足。

定年退職して退職金をもらった知合い(男性)。 子供部屋をリフォームして、 趣味の …

サツマイモの教訓。サツマイモはやせた乾いた土地に育つ。肥料を与えすぎると芋はやせる。

収穫の秋。 秋の味覚の一つサツマイモ。 今年とれたサツマイモは もう召し上がりま …

テレビ番組「カンブリア宮殿」の桃屋の特集を見て思い出した、海苔の佃煮製品。「ごはんですよ」「磯じまん」「アラ!」「江戸むらさき」。

6月30日、テレビ東京で放送された、 「日経スペシャル カンブリア宮殿~村上龍の …

レーザー財布。もしかして「レザー財布」の間違い。売込みメールを眺めてみたら…。春財布。使い始めの日。

ネット通販を利用していると、 これまで購入した店などから、 毎日、たくさんの売込 …

夜中のセミの声。けれど日中、セミ捕りの少年は見かけない。

毎日、1時間ウォーキングをしています。 夏の間は日中、暑いので、日が暮れてから …

オスとメス、どっちが美味しい、優秀? 蚕、肉牛、うなぎ、タコ、鯛。 

2016年6月12日、毎日新聞の特集記事 「ストーリー」は、とても興味深いもので …

巨大な仏壇を小さくリメイクする小型化サービスが注目。

少し前に、 実家の大きな仏壇を処分して、 新しく小さな仏壇を買った という知合い …