亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

定年となった知合い。高速バス、LCCとフェリーを使って格安旅。香港往復4000円。

      2017/05/24

定年になったら思う存分、
旅行に行きたい。

そう思っている方、多いのでは?

しかしいざ定年を迎えても、
その希望を実際に実行している人は、
余り多くはいないようです。

その例外的な知合いがいます。

その人は、ほとんど毎週、
日本や東南アジアなど海外に出かけています。

どこにそんなお金がと思うのですが、
聞けば驚くほどの格安な価格で旅行を
楽しんでいるようです。

まず交通費。
最近は、高速バスが東京、大阪などから、
各地に出ています。
これで新幹線などの半値ほどで現地に行けます。

次にはLCC。
先日は香港に行ったそうですが、
なんと航空券は往復4000円ほど。

自宅から羽田空港にいく費用が
往復1500円余りだったので、
そちらの方が高く感じたとか。

香港ー羽田には、格安航空の
香港エクスプレス航空が就航
http://www.hkexpress.com/ja

もともと正規の割引運賃も数千円台からあるのですが、
時折、格安のセールをやっていることがあり、
それをうまく確保できれば、数百円とか往復4000円
といった値段で往復できるのですね。

5月18日までやっているセールが、
往路100円セール。(往復航空券購入が条件)
http://www.hkexpress.com/ja/promos/fly-for-HKD1

こうしたLCCのセールは、それぞれのLCCが
ごく短期間に実施していることが多く、
メール登録などして会員になっていると、
メールで事前に知らせてくれるので、
登録しておくとよいとのこと。

バニラエア
https://www.vanilla-air.com/jp/

こうしたLCCは搭乗時間、荷物の大きさ、重さなど
かなり厳密なので、十分余裕を持って空港に到着しておく、
不要な荷物は持っていかないといった工夫が必要なようです。

また交通手段としてよく使っているのが、フェリー。
最近、フェリーは新造船が各地で出来ており、
それに伴い値段もあがる傾向にあるそうですが、
それでも1泊して、体を休めていけるフェリー旅は、
時間がかかるもののおすすめなんだそう。

商船三井フェリー
5月、8月に新造船(大洗ー苫小牧)
http://www.sunflower.co.jp/ferry/newship/index.shtml

ちょっと古い記事ですが、
2016年4月8日。毎日新聞。
《長距離フェリー
新造船投入続々 狙いは一般客・運送業者》
http://mainichi.jp/articles/20160408/k00/00e/040/221000c

日本長距離フェリー協会
http://www.jlc-ferry.jp/

旅行にかかる費用で
大きなのが交通費のほか、宿泊費。

国内外のホテルサイトで検索し、
安いものを探すのは常識。
(Booking.com、エクスペディアなど)

会員になっていると
割引を受けられるので、
会員登録をしておく。

またシニア割引を探す。
《鉄道、宿泊、映画…50歳から使えるシニア割引が増加中 》
http://style.nikkei.com/article/DGXMZO87341680X20C15A5000000

沖縄に限りませんが、
民宿、ゲストハウスを探せば、
数百円から泊まれるとのこと。

また地方都市には、古くからの商人宿、
旅館が残っており、そうした所も、
格安で泊まれるそうです。

観光協会、駅の宿泊案内所などで
予算を言って、相談して、紹介して
もらうこともあるよう。
また飲食店もそうした所(地元の人)の
紹介なら、ぼられたりしにくいとか。

聞いていると、時間的余裕をもって、
情報を事前にしっかり集め、
また現地では、地元の人、宿の人などと
知合い、コミュニケーションをとると
うまく旅行できると感じました。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

佐野研二郎氏デザインの東京五輪エンブレム。使用を中止する方針。大会組織委員会。

東京五輪大会組織委員会は、 2015年9月1日、佐野研二郎氏のデザインした エン …

年配の知り合いが、かかりつけの医師から飲むように言われた意外なものとは?

年配の知り合いが、 先日、かかりつけのお医者さんのところに。 持病があり、定期的 …

フルタ製菓の古田織部が登場するコマーシャルが話題。それを見た母が、「家に確か織部が……」と。

先日、昼休み頃、テレビをつけたら なんだかとてもポップなぶっ飛んだCMが。 フル …

「人は他人の記憶の中で永遠に生きられる」。オーネット・コールマンへの山下洋輔さんの追悼文の中の言葉。

「フリージャズ」を創始した一人とされる オーネット・コールマンさんが、先日亡くな …

変化を恐れるのが人間。人は惰性の生き物。

シルバーウィーク。 鎌倉に住んでいる友人を訪ねました。 大いにと刺激を受けたので …

2016年6月3日、これが思い出せなかった日記。津川雅彦さんの兄の名前は?

先日、NHKのドラマ「トットてれび」を見ていたら、 女優の沢村貞子さんが出ていま …

懐かしや、乾布摩擦。知合いは日本手ぬぐい、シルクで実施。ストレッチも加える。凝り知らず。

大昔、幼稚園に通っていた頃、 冬の季節、登園して、みんなが集まると、 部屋に広が …

塩は命の源。塩に凝り、各地の塩作りを見学体験までになった知合い。高知の完全天日塩。

昨日は、わさび田を訪れる知人のことを書きました。 今日は、日本、世界各地の塩作り …

手書きで紙に書く。悩み、苦しみから心を救う。「1分書くだけ 世界一シンプルなこころの整理法 」。

2015年5月21日、今秋月曜日発売の アエラを読みました。 手書きについての特 …

「モノは言い訳できない」。モノを作る職人の心意気。からくり人形師・九代目玉屋庄兵衛さんの記事を読んで。

2016年5月22日、毎日新聞に、 からくり人形師・九代目玉屋庄兵衛さんの 記事 …