亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

みうらじゅんさんがもう何年も続けている修行とは? 安パイで落ち着いていいのか?

   

働き始めて間もない頃、
同じ職場の先輩から言われた言葉を
今でも覚えています。

「大きな本屋に行って、絶対自分が読まない、
行かないジャンルの売り場に行け。そして、
目をつむって一冊選び、それを買え」。

本だけではなく、レコード(まもなくCD)や、
映画、雑誌、店(飲み屋)などについても
同様なアドバイスをしてくれました。

今から考えると、若い内から自分の興味の
ある分野だけに凝り固まっては、視野や
知識の幅が狭くなる。
これまでの興味、知識にとらわれず、
目を広く他のところにも向けよという
教えだったのだと思います。

産経新聞、2017年5月17日。
《【みうらじゅんの収集癖と発表癖】
向いてない映画 自意識と対峙する修行》
http://www.sankei.com/life/news/170517/lif1705170027-n1.html

みうらさんがもう何年もしている修行は、
《毎月、新作映画のラインアップを見て、“これは向いてないな”
と思うような映画をわざと映画館に観に行く》こと。

具体的に見に行った映画のタイトル、
顛末も記されています。

「チア☆ダン」、
タイトルをうろ覚えでいき、チケットの窓口で、
訂正されたという「犬のおまわりさん てのひらワンコ3D」。

「近キョリ恋愛」という映画では、
《まわりがほとんど女子高生で、
変質者だと思われてやしないかとヒヤヒヤした》そう。

劇場で浮く経験をしたり、かと思えば、
「わさお」というブサ犬映画では、
目を泣き腫らしたとか。

今月は「PとJK」との警官と女子高生の
ラブストーリーを見に行こうというみうらさん。

いやー、すごい。

若い時なら暇があるので、
無駄も許せますが、年を取り、
好みも固まると、こうした失敗は許せないもの。

それは、映画、芝居などエンターテイメントに限らず、
食事などでも言えるかもしれません。

いつもの店の、いつものあの味。

それは楽で失敗もない。
安心です。

けれどそれは一方で、自分の選択が正しかったどうか
というわくわく感や、失敗した時の悔しさ、
失望などの感情を奪っているのかもしれません。

年を重ねても、自分のこれまでの好み、嗜好に
とらわれない「冒険」をしたいものです。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

高齢者世帯と若者世帯、電気消費量が多いのはどっち? もったいないと古い家電を使い続けると…。

2年ほど前になりますが、 家のエアコン、冷蔵庫、照明などを変えました。 驚いたこ …

iPhoneを買って外出が多くなったという年配の知り合い。その訳は?

まもなく70代になろうという知り合い。 何年か前にスマホデビューしたそう。 去年 …

長嶋茂雄さん「人生は習慣の織物である」。アナウンサー中井美穂さんが30歳の時に贈った色紙の言葉。

2016年7月30日読売新聞に、 第22回口腔保健シンポジウムの様子が 2ページ …

小さい時、お金持ちのおじさんから教わった、お金を使わず健康で長生きして、お金持ちになる秘訣。

少し前、久しぶりに一緒に食事をした知人から、 「あれ、少し食べるの早くなったねー …

素人ながら、知人が美術オークションに毎月、参加。会場がわが家の近くでびっくり。

バブルの頃、大量に買った絵画、彫刻類。 それらをどうにかしようと、 知人は、もう …

古い危ない家電を取り替え。ジェネリック家電で節約。

年配の方。 お手持ちの国民健康保険証のどこかに、 ジェネリック薬品を使うかどうか …

人生に遅すぎることはない。「遅咲きの成功者に学ぶ逆転の法則」。

「大器晩成」「遅咲き」。 大好きな言葉です。 反対に嫌いな言葉は、 「栴檀は双葉 …

選挙権あるんだから、酒・たばこ、さらに競馬も18歳解禁へ。自民党が成人年齢引き下げを提言。

選挙権。 18歳からに改正されました。 これに伴って、酒・たばこ、さらに競馬・競 …

知らず知らずについたひずみを他人から教えられる。背中のゆがみ、ソファのくぼみ。

知合いが、この頃、ものすごく目がつらく、 肩も凝るというので、眼科、整体などに …

妊婦はローストビーフを食べてはいけないの?

2018年4月24日、昼食をホテルのレストランで 取引先の人と一緒にとりました。 …