亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

知合いが最近、こり始めたのは豆乳作りと豆腐作り。タンパク質をとるよう勧められたが乳製品が体に合わず。

   

自分より上の知合いが、健康診断・栄養診断で
栄養不足、特にタンパク質が足りていない
と言われ、積極的に乳製品、卵、肉・魚類などを
とるよう言われたそう。

ところが知合いは牛乳・乳製品が苦手。
というかアジア人に多いと言われる
乳糖不耐症。

小さい頃から、牛乳をのむと
お腹がゴロゴロして
体調が悪くなる体質です。

乳製品のかわりに大豆などを初めとする豆製品、
鶏肉を中心にタンパク質を補うことにしたそう。

別の知人は、この間、このブログで書きましたが、
蒸し大豆を利用しているよう。

けれど乳製品がわりに使える豆乳にして、
飲むだけでなく、料理に使おうと考えたんだそう。

牛乳を料理特に和食に使うのは乳和食と呼ばれ、
ここ最近、ブームになっていますね。

そこで使われる牛乳を豆乳で代用しようと
いうことのようです。

実は知人は、以前、もう20年以上も前、
やはり豆乳がブームになったときに
豆乳を取り入れたことがあるそう。

しかし、味に特有の苦みがあることに気づき、
1ヶ月もたたないうちにやめてしまったといいます。

その時以来、豆乳およびそれを取り巻く状況は
大幅な進化を遂げていたと。
豆乳メーカーは機能・デザインともに改良されており、
ほぼ全自動で手間なく失敗なく簡単に美味しい豆乳を
作ることが出来る。

後の手入れもとても簡単。
こうして作りたての豆乳を飲んだり、
料理に使ったりすることで、タンパク質をとる。

毎日のようにこうした自家製豆乳を取り入れる
食生活を続けた結果、栄養不良状態が改善された上に、
減塩効果もあり、血圧の数値も正常範囲内になったとのことです。

知人のお勧めレシピは、
「豆乳そうめんつゆ」。

そうめんを食べる時のつゆに半量くらいの
つくりたて豆乳を混ぜるだけ。

さらにすりごまなどを加えてもよいそう。

ともかく、こくがでて、醤油のとんがった味を
まろやかにしてくれるとのこと。

さらに市販のにがりを作り、豆腐(おぼろ豆腐)作りも。

これまた出来たては、同じ豆腐とは
言えないほどの、美味しさだそう。

試してみたいですね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

空に泳がぬこいのぼり。かわいい五月人形。

5月5日、子どもの日、端午の節句。 街中なので、ご近所に鯉のぼりは 空には泳いで …

昔、近所にあった石屋のおじさんの話。「人にも石目がある。それを読め」。

お盆の時期。 お墓参りに行かれた方も多いでしょう。 その際には、お墓を きれいに …

「塩分が日本人を滅ぼす」。管理栄養士・本多京子さんの新刊。

何度もこのブログに書いていますが、 現在、家族と一緒に減塩生活を行っています。 …

パウダー健康法の知人。最近のブームは、各種出汁粉末を食べること。イチオシは帆立パウダー。

以前にもご紹介した 野菜・魚介類などの 各種の天然素材を細かなパウダーにして、 …

年齢を重ねたら、やらねばならぬことより、決してしないことを決め、身を律する。

年を重ねると、外見もくたびれ、 精神も衰える。 これまでと同じにしようと思っても …

「いらなくなった本棚、譲ります」と、大量の蔵書を整理・処分した知合い。「本の並びは自分の頭の中の歴史」。

読書週間が始まりました。 最近では、電子書籍が徐々に 普及していているようです。 …

東日本大震災で被災した歌手・クミコさん。心を溶かした場所と言葉は。

「広い川の岸辺」がロングヒットしている歌手のクミコさん。 東北の被災地でのコンサ …

知人がこの冬、買って感動するほど良かったものは? 卓上切り出し七輪。

久しぶりに食通の知人に会いました。 会ってすぐに彼が話し始めたのは、 この冬買っ …

101歳の写真家・笹本恒子さん。新刊本「好奇心ガール、いま101歳: しあわせな長生きのヒント」と写真展「笹本恒子100歳展」開催。

日本の女性初の報道写真家・笹本恒子さん。 この9月1日で101歳を迎えられました …

「一無、二少、三多」。お聞きになったこと、ありますか?

「一無、二少、三多」 どこかで目にしたり、 耳にされたりしたことありますか? こ …