亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

食べ物をテーマにした旅をする知合い。わさび田巡り。

   

大学生の頃、ゼミの仲間が多摩地方の出身。
学生にもかかわらず、珍しく自分の車を
持っていました。

あるとき、それでドライブをしようということになり、
ゼミの仲間何人かと奥多摩に。

連れて行ってくれたのは、わさび田でした。

わさび田と言えば、静岡と思っていたので、
東京の多摩でも山葵が栽培されることに
びっくりしました。

そしてその場で、わさびをわけてもらい、
鮫皮のおろし器ですったわさびで食べた
ご飯の美味しかったこと。

それまで刺身の脇に添えられていた山葵は、
本わさびといいながら、香りや甘みが
抜けていたんだなと強く感じました。

わさびって爽やかな香りがして、
甘みがあり、その後に辛みがくるんですね。

食の仕事をしていた知合い。
現在は現役を引退しています。

がやはり食に関心が強く、
自分なりに立てた食のテーマをもとに
各地を回っているんだとか。

今、一番興味を持っているのが、わさび。

小さな所を含めればわさびって、
日本各地の清流のあるところで
栽培されているんですね。

3月にはこんな本も出ています。
《知って楽しい わさび旅 <大人の学び旅>シリーズ3》
http://www.shc.co.jp/book/detail/000993.html

《わさび栽培発祥の地・有東木(静岡)
日本有数のわさび産地・中伊豆(静岡)
湧水が育む類のないわさび田・安曇野(長野)
たくましく育つ伝統のわさび・奥多摩(東京)》

春になるまえ蕾みの状態の「花わさび」。
2月から4月頃に出荷されます。

お浸し、天麩羅などにして食べると
美味しいですね。

蕾みが開いたわさびの花は、
白くて、十字の形をしており、
3月~4月半ば頃に咲きます。

知人は、安曇野にわさびの
花見に出かけたとのこと。

もちろんわさびの花や、それを使った
おやきなどが販売されています。

《安曇野のわさびの花・わさびの花の収穫祭(花まつり)》
http://www.mtlabs.co.jp/shinshu/event/wasabi.htm

素晴しいところばかりとのことですが、
お勧めは島根県の匹見町。匹見わさび。

《美しい水と森と「匹見ワサビ」掲載日:2014年12月 2日》
http://www.shimane19.net/column/2014/12/02-1406.html

このわさびで、現地で、
そばやお刺身を食べてみたいですね。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ナス、トマトが美味しい季節。でも食べてのどがイガイガしたり、かゆみ、ありませんか? 隠れアレルギーにご注意。

冷やしトマト、焼茄子。 夏の時期、美味しいですよね。 これらを食べると、体の熱を …

チェッコリ。本を学び終えたあと、先生に感謝し仲間と祝う韓国の行事。大叔母の思い出。

チェッコリ。 韓国語です。 頭の片隅に、 このちょっと可愛い響きの言葉があります …

森永のチョコボール、発売50周年で「おもちゃのカンヅメ」の当たる確率2倍に。金箔入りチョコボールも。

誰もが一度は 食べたことがあるのではないでしょうか。 森永のチョコボール。 今年 …

「泥棒も客や」。今も覚えている母の言葉。がんこフードサービス会長小嶋淳司さん。

「ねじり鉢巻きのおやじ」が看板の 「がんこ寿司」、ご存じでしょうか? あの看板は …

高齢の知合いの脳を活性化させる買い物方法。小銭を出さずお札を出し始めたら要注意。電子マネーの功罪。

以前、このブログで、毎日、近くのコンビニに、 運動を兼ねた買い物に出かけるという …

久しぶりに昔、通った田舎料理の店を訪ねたら……。

このところ、新宿三丁目の2つの取引先に、 毎週、定期的に通っています。 どちらも …

読み終えた新聞をビリビリ破って捨てる人の気持ち。大阪の電車の網棚。

仕事柄、毎日新聞を大量に読んでいます。 読み終えた後の新聞。 家、会社にいるとき …

年を聞いて驚いたイタリア人の知人。今日で78歳。見た目は60代前半。その秘密は?

久しぶりにイタリア人の友人家族と食事。 夕方にそのイタリア人家族のお宅に伺い、 …

杉並区・松原交差点で見かけた花。名前が知りたい。街の植物の名前。知れば人生は豊かに。

祖母は園芸が大好きで、 大阪の市街地の狭い庭に 様々な鉢植えを置いて世話をしてい …

連れ子とは本当の親子ではないのか? 連続テレビ小説「まれ」の中でのセリフ。親子関係とは?

先日も、NHK連続テレビ小説「まれ」の主題歌についての、 知合いの厳しい意見をご …