亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

声帯の老化を防ぐため毎日、家で大きな声で歌う。近所迷惑にならない秘密兵器。

   

最近、誤嚥性肺炎にならないように
喉を鍛えるという体操、本について
紹介しました。

その本にもあるのですが、ハイトーンで
歌うことは、喉、声帯の衰えを防止するようです。

知人は、この本が出る前から、
喉、声の老化、衰えを感じていました。

劣化を防ぐためパタカラ体操を
実行していました。

http://www.kokucare.jp/training/training/pata/

また耳鼻咽喉科の先生からは、
一日に一回は、何か好きな歌を
歌うとよいと言われたそう。

カラオケに通うことも考えたのですが、
毎日という訳にはいかない。
なんとか家で歌えないか。

しかしマンション住まいのため、
ご近所に騒音公害にならないかと
心配したそう。

なにか家でも、ご近所に迷惑にならず、
歌える手立てはないかと探していたところ、
NHKの番組でまさにそれにぴったりのものが
紹介されたといいます。

《2017年4月4日(火)
自宅で練習 始めます
自宅での練習を助けてくれるアイデアです》
http://www.nhk.or.jp/ohayou/machikado/20170404.html

「ウタエット」
https://proidea-shop.com/products/detail.php?product_id=101051

メガホンを逆にした感じのものを、
口元につけ、歌います。

歌声は、それにつないだ
チューブから耳に入り聞こえます。

お値段はつくりからすると若干高めと
思ったけれど、手に入れ使っているとのこと。

年を取ればとるほど、
大きな声を出す機会が減り、
声、のどが一気に老化しがち。

腹式呼吸で歌、詩吟などを楽しむことは、
それを防ぐとともに、ストレス解消にもなるよう。

上の器具を買うかどうかはともかく、
定期的に正しいやり方で、
大きな声を出すことは心がけた方が良さそうです。

歌だけでなく、口の周辺、舌などの
筋肉を使うトレーニングも有効みたいですね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「お前はまだ人生の歌を残していない。生きて、歌を残しなさい」。イヌイットの古老が若きC.W.ニコルさんに語った言葉。

作家のC・W・ニコルさん。 長野県の黒姫の山に、「アファンの森」を作り、 自然を …

フードロスと「関東の一つ残し」。

食の仕事をしている方と食事をしました。 その方が、 今一番関心をもって 取り組ん …

蓮舫議員、今も日本と台湾の二重国籍? 台湾籍を抜き忘れ? 満18歳で除籍したと答えていたが、台湾では20歳未満は除籍できず。

現在、行われている民進党の 代表選挙に立候補している蓮舫民進党代表代行。 今日2 …

大山のぶ代さんが認知症と闘う。ラジオ番組で夫の砂川さんが明らかに。 

アニメ「ドラえもん」の声を26年間もつとめていた 声優で女優の大山のぶ代さん。 …

渡せなかった修学旅行のお土産。高知県の銘菓「松魚(かつを)つぶ」。

日曜日に放映されていた TBSの世界遺産では、日光東照宮を 取り上げていました。 …

夏バテとは無縁? 飲む点滴甘酒を使ったアイスを手作りする知人。

ヨーグルト製造機を使って ヨーグルトのみならず、甘酒など 発酵食品を自宅で手作り …

梅酒作りをやめて、梅シロップ作りのみにした知人。夏はこれで乗り切る。

梅仕事の季節ですね。 梅干し、梅酒などの仕込みを されたお宅もおおいのではないで …

「ささくれ(さかむけ)は親不孝のあかし?」。コボちゃんを見て、昔、言われていたことを思い出す。

読売新聞の連載4コママンガ「コボちゃん」。 2017年3月17日は「ささくれ」が …

「窓からは光(や風)とともに幸せが入ってくる」。その通り道、汚れていませんか?

以前、別のブログで 「窓の曇りは心の曇り」 という、曾祖父と祖父に言葉について …

15年かけリヤカーで海岸沿いに日本一周した塩田忠市さん、75歳。

歩いて日本一周というのは、 自分の目標です。 15年かけて、海岸沿いに日本一周を …