亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

素人こそ道具にお金を。スライサー導入でキャベツの消費量増加。足にあったオーダー中敷きで毎日1万歩の知人。

   

仕事で道具を使うプロフェッショナルは、
お金を生む元である道具にお金をかける
とよく言われます。

けれど道具にお金をかけて
効果的なのは、もしかしたら
素人かもしれません。

お医者さんから
野菜をしっかりとるように指導された知合い。

奥さんはキャベツ、レタス、ブロッコリーなど
様々な野菜を食べてもらおうと、包丁で
毎食のように切って準備していたそう。

しかし近所の人から、人参、玉ねぎなどはもちろん、
キャベツの繊切りも楽に出来るという
刃の幅が広いスライサーを教えてもらい、
買い求めたところ、劇的に時間も手間も減ったそう。

さらにこのスライサーは、奥さんでなくても
出来るので、本人が自分で、キャベツの繊切りを
大量に作るようになったといいます。

その結果、家族でキャベツをはじめとする
野菜の消費量が増え、体調がよくなったとか。

わずか2000円弱の道具。
それが家族の生活、体を変えたという訳です。

また知人は、数年前から運動、特に
ウォーキングをするようにとお医者さんから
忠告を受けています。

そこでウォーキング用のシューズを買い求め、
歩き始めたものの、足の具合が悪くなり、
毎日が1日おきになり、3日、1週間と
間があいて、次第にやらなくなっていたといいます。

あるとき、食事の買物のついでに、
同じショッピングセンターにある
スポーツショップに立ち寄った所、
丁度、ウォーキングシューズそして中敷きの
キャンペーンをやっていたとのこと。

そこで専門家に見てフィッティングをして
もらったところ、今、はいている靴、
ウォーキングシューズは知人の足型に
あっていないことがわかったといいます。

サイズも0.5センチほど大きいのを選択して
いたとのこと。

また足裏、土踏まずの部分が加齢にともない
下がっており、アーチが崩れていることも。

そのアーチを保持すれば、かなり歩くのも
楽になり、つかれにくいとアドバイスされた
といいます。

とりあえず今のシューズでも中で、
足が動かないように厚手のしっかりした
ウォーキング用のソックスを勧められ、
そのときはそれだけ買って帰宅。

次の日、そのソックスをはき、
歩いたところ、それまでと全く
違って、足元が軽く感じ、いつもより
長い時間歩くことができ、しかも疲れも少なかったそう。

次の週末、再び、スポーツショップを訪れ、
スタッフに相談。

足にあったシューズ、さらにセミオーダーの
中敷きも注文したといいます。

1ヶ月ほどして中敷きができあがり、
試したところ、大げさに言えば、
10歳も20歳も若返ったように、
足が軽くなり、よく動くように感じたと。

逆に今までいかに足にあっていない
靴、シューズをはいていたとわかったとも。

こちらの方は少々値段がはったようですが、
それでも歩くのが楽になったため、
ウォーキングの日課が復活したといいます。

知人の教訓
素人ほど道具はいいものを。
専門家の意見には従え。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

明治天皇の玄孫(やしゃご)竹田恒泰さん、結婚。来孫(らいそん)、昆孫、仍孫、雲孫。

明治天皇の玄孫(やしゃご)の 竹田恒泰さんが、2015年4月19日、 一般女性と …

備えはしていても、物の使い方に慣れていなければ宝の持ち腐れ。早朝の地震で飛び起きて。

2015年9月12日、早朝、東京を含め、 関東の広い地域で地震がありました。 住 …

魚肉ソーセージ。復活、人気? メタボ予防、サルコペニア予防に。

魚肉ソーセージ。 召しあがったことがありますか。 昔は、お腹をすかせた若者、貧乏 …

健康麻将ってご存じ? 知合いが両国の麻雀倶楽部に。

あなたは麻雀をやりますか? 今、若い人の間では実際に 4人集まっての麻雀は余り人 …

サントリー、「レモンジーナ」に続いて、「南アルプスの天然水&ヨーグリーナ」でも出荷停止。

何十年前だか、パリに初めて行ったとき、 カフェで「オランジーナ」を初めて飲みまし …

全国の水車を巡る旅。この夏、またどこかに行きたいなー。

先日、東京新聞夕刊に 兵庫県神河町の新野地区にある 水車が紹介されていました。 …

パスタ用のデュラム小麦の日本初品種「セトデュール」、瀬戸内で収穫。香川のうどんの小麦はオーストラリア産。イタリアのパスタの小麦はカナダ産。

パスタを作るときに使われる小麦。 デュラム小麦という硬質小麦が使われます。 国産 …

暑中お見舞い。暑中伺い。違いをご存じですか? 黒木瞳さんも知らなかった常識。お中元のタブー。

黒木瞳さんが、朝日新聞に連載の 「黒木瞳のひみつのHちゃん」。 2015年6月2 …

ものは言いよう。失敗を責め立てない魔法の言葉は「惜しいなー」。

知合いから聞いた話です。 「物は言いよう、ハサミは使いよう」。 言い方ひとつで、 …

イオンのトップバリューセレクトのギリシャヨーグルト、蜂蜜入りを食べてみました。

3月30日、 《イオンのトップバリューセレクトのギリシャヨーグルトを食べてみまし …