亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

7月10日は納豆の日。臭いのしない納豆。夜納豆。加熱しない。オリーブオイル納豆。栄養、効能を生かす食べ方は?

   

7月10日は納豆の日。

あなたは納豆、お好きですか?

先日、テレビを見ていたら、
臭わない納豆を作っている会社が
紹介されていました。

BSジャパン、《未来EYES》
《2017年7月02日 有限会社 菊水食品》
http://www.bs-j.co.jp/official/eyes/backnumber/170702/index.html

あれ、この会社の名前、
そして納豆、見覚えがある。

個人的に納豆は余り好きではなく、
家では冷蔵庫に納豆は入っていますが、
積極的に食べる方ではありません。

旅館などで朝、出れば食べなくはない
という程度です。

そんなことを知人に話したら、
「ここの納豆なら大丈夫」と言って、
教えてくれ、現物を譲ってくれたのが、
上の菊水食品の製品でした。

試してみたら、これまで食べた納豆と大違い。
豆以外のいやな臭い(アンモニア臭、雑臭)が
全くといっていいほどありません。

糸引き、粘りはあり、旨みはたっぷり。

納豆って本来はこんな味なんだなと、
認識を新たにしてくれました。

それまでの常識を覆してくれた
と言えば、やはりその知人が
教えてくれたのが、
納豆の効果を最大限にする食べ方。

まず夜に食べること。

夜に血栓が作られやすいので、
納豆に含まれている血栓を防止する作用を
発揮させるためには、朝より、
夕方、夜に食べるのがいいのだそう。

納豆と言えば朝という
イメージでしたので、とても意外でした。

続いて、先日別のテレビ番組でも
内容が紹介されていた

その本の中にあるのが、
「あつあつご飯に納豆はダメ!70℃で酵素が死滅!」
という内容。

知人も話していましたが、
納豆菌は他の菌に比べて、
熱に強いものの、高温で加熱すると
死んでしまい、効能がなくなってしまう。

なので、そのまま加熱せずに
食べることが重要と。

あつあつご飯でダメなんですから、
納豆チャーハン、納豆オムレツなんかは、
納豆の効能の大部分をダメにしている
ってことのようです。

上記の会社の他、
臭わない納豆で一般的によく
知られているのは、
「におわなっとう」ですね。

これも本当に臭いがしないですね。

ただ個人的には、
大豆の豆自体の香りも
弱いような気がします。

ミツカン、
《気になる納豆のにおいを抑え大ヒット商品「におわなっとう」を開発》
http://www.mizkan.co.jp/company/csr/rd/niowanatto.html

健康食品・納豆を海外に
という動きもあるようです。

《納豆で世界へ! 糸引きが少なく身体にいい香り「豆乃香」の魅力》
https://nezas.net/archives/89921

茨城県が開発したのは、
あの特有の糸引きが少ない
「豆乃香」というブランド。

フランスの見本市で、フランス人など
海外の人に好評だったそうです。

そういえばイタリア人の友人も、
現地で製造販売されている納豆を
日常的に食べています。

ただそこはイタリア。
日本とは違うレシピで
食べています。

その代表的なものが、

塩・胡椒にオリーブオイル。

自分も試してみたことがあるのですが、
オリーブオイルが絶妙でした。

臭いを抑えてくれ、
滑らかな食感になります。

《エクストラバージンオリーブオイル 納豆》
http://www.oliveoil-lab.jp/recipe/index4.html

自分も新しいレシピで
納豆をこれまで以上に試してみようかな。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

駅弁の掛け紙についての新刊を見て、胸がちくちく痛む。

あなたは鉄道旅で駅弁を買われますか? 多くの方はイエス と答えるのではないでしょ …

昔、旅館で枕元にあった「宝水」。覚えていますか? 夜中の水分不足を解消。足のつり、脳梗塞防止。

「宝水」。 この言葉、そしてそれが 意味する物をご存じですか? 2015年10月 …

外出先での災害に備えていますか? 用意周到な知人に学ぶ。

9月1日の防災の日は過ぎました。 足りないものを補充されましたか? 家だけでなく …

テレビ番組「カンブリア宮殿」の桃屋の特集を見て思い出した、海苔の佃煮製品。「ごはんですよ」「磯じまん」「アラ!」「江戸むらさき」。

6月30日、テレビ東京で放送された、 「日経スペシャル カンブリア宮殿~村上龍の …

小さなチャレンジ(コチャレ)を続ける。上大岡トメさんの「コチャレ! 小さいチャレンジで次の扉を開ける」。

いつ、誰に教わったか忘れたのですが、 何か物事をするときには、小さく分けて、 分 …

12月1日「乙子の朔日」。月に一度、朔日(ついたち)を「自分のための日」に。1日、15日に赤ご飯(小豆ご飯、小豆がゆ)の風習。

12月1日。 月の第一日は朔日(さくじつ、ついたち)。 以前、別のところに書いた …

お盆の思い出。懐かしの駄菓子ストロー寒天を発見した従兄弟から、メールが来る。

あなたはストロー寒天という駄菓子を ご存じでしょうか。 ストローの中に色つき(赤 …

親の家を売る。相続して売るより、親自身が売る方が良いと聞き、準備を始めた知人の苦労。

これまで何度か実家の処分について書いてきました。 今回は、実家に一人暮らしする母 …

「クリスタルのグラス、お皿などをもらってくれない?」。親戚の叔母さんから言われた知人。なぜ?

夏の暑い時期。 食器にガラス製品がよくあいますね。 知人と少し前、食事をしながら …

懐かしや、乾布摩擦。知合いは日本手ぬぐい、シルクで実施。ストレッチも加える。凝り知らず。

大昔、幼稚園に通っていた頃、 冬の季節、登園して、みんなが集まると、 部屋に広が …