亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

桑の実の思い出。汁を飛ばすと……。舌は黒紫。

   

2017年7月15日、読売新聞の
投稿欄《ぷらざ》に、
《桑の実に甘い思い出》とのタイトルが。

高崎市の71歳女性の方からの投稿です。

自宅近くの河川敷の土手に
桑の実=「どどめ」に気づき、
小さい頃、その実を食べた
思い出について記していらっしゃいます。

竹筒に入れ、上から棒でつついて、
実を崩して食べていたそう。
これを「どどめつき」と呼んでいたとのこと。

甘くておいしいものの、舌が紫色になり、
服に付くとなかなか落ちないと。

桑の木はなくなり、
大人になって食べることななくなった。
60年前の甘い記憶を思い出させてくれ、
懐かしさに浸ったと。

自分も小さい頃、食べた記憶があります。

といっても街中に住んでいたので、
桑畑に行って、そこで実を摘んだ訳では
ありません。

母方の従兄弟の家からもらったのです。

従兄弟のお母さん(義理の叔母さん)の
実家の一帯が養蚕が盛んで、
桑の木(桑畑)を育てていたのです。

桑の実の季節は6月頃。

一粒一粒の大きさは
ブルーベリーを少し小さくしたくらい。
それが葡萄の房のように固まっていて、
色は熟すに従って、
赤色から黒紫色に変化します。

赤色のものは酸味が強いですが、
完熟して黒紫になったものは、
酸味が少なくなり甘みが強くなります。

また意外に果汁も豊富です。
不用意にかぶりつくと、
汁が飛び出し、投稿にあるように、
服につくと、とれなくて困ります。

父方の従兄弟の通っていた小学校の周囲も、
昔は養蚕が盛んだったので、桑畑がたくさんあり、
夏休み前には学校の行き帰りに、
桑の実を食べていたと聞いたこともあります。

それがとても美味しそうで、
うらやましく思ったものです。

やはり大人になるにつれ、投稿の方と同じように
桑の実を食べなくなってしまったのですけれど、
意外な所で、桑の実と再開しました。

アメリカのホテルです。

朝食に食堂に行ったら、
数多くのジャムが並んでいたのです。

その一つにマルベリーmulberryのものが。

トーストに塗っていただくと、
舌で懐かしさを感じました.

小さい頃に食べた桑の実の味に
よく似ているなと思ったのです。

調べてみると、マルベリー=桑。

マルベリーにも様々な種類があるので、
小さい頃に食べたものと同じとは
限らないのですが……。

またイタリアに行った時、
ドルチェのパイの中に
ブラックベリ-に
よく似た色のものが。

確かめると「geloso」だと。

これは桑の実のことで、
イタリアでも養蚕が行なわれていたので、
桑が栽培されていて、
野生のものもあるんだそう。

イタリアでは、桑の実は生で食べるより、
ジャムやタルトにして食することが多いようです。

何年か前、シチリアに旅行した時に、
桑の実で作ったリキュール
(LIQUORE DI GELSI)を飲んだことも。

アントシアニンが多く含まれているので、
目に良いんだそう。
カシスのリキュールに似た味でした。

生の桑の実、また食べて見たいですね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

新札の効用。商売をやめた今も銀行に通い新札に両替する知り合い。

年末年始、新札を手にする機会が 多かったのではないでしょうか。 お年玉、お祝いな …

田舎の土地や家屋を寄付しようと申し出たら、断られた。実家の不動産の処分で悩む人たち。

仕事仲間の女性。 ほぼ同じ年頃で、親も同年代。 その友人のご両親があいついで亡く …

落語「八五郎坊主」と釈迦の弟子・周利槃特(しゅりはんどく)。そして「レレレのおじさん」。

落語「八五郎坊主」そして、 釈迦の弟子の一人周利槃特(しゅりはんどく)。 ご存じ …

「あさイチ」「みんなの家庭の医学」、2015年7月28日放送で肩凝りを特集。タオル玉が効果あり。

肩凝り。 あなたは悩んでいませんか? 朝、「まれ」を見た後、いつもはすぐに テレ …

平城京に「破斯清通」とのペルシャ人の役人がいた。「波斯」(ペルシャ)の末裔(すえ)」。友達の家の言い伝え。

奈良市の平城宮跡から出土した8世紀中頃の木簡に、 「破斯(はし)」という名字を持 …

現役時代、精算大嫌いだった知人が定年退職後、つけはじめたスマホの家計簿ソフトで節約。

新年になったら、 新たに家計簿をつけて、 節約しようなんて考えている方、 いらっ …

鉄分と認知症の関係。あさりの水煮缶を愛用する知人。

先日、知合いとの雑談の中で、 認知症と鉄分の関係の話が出ました。 自分は知らなか …

レオナルド・ダ・ビンチ作の「サルバトール・ムンディ」(救世主)。およそ510億円で落札。絵画では史上最高。

レオナルド・ダビンチの1500年頃の作品とされる 「サルバトール・ムンディ」(救 …

自転車で真夏の日中走って、「日が入って」しまった。高齢者ほど紫外線対策が必要。

ここ数日は、東京は30度を下回る天気で、 曇ったり、雨が降ったりと暑さが一服して …

ロンドン近郊、ガトウイック空港近くに大規模油田を発見。

驚きました。 ロンドン郊外のガトウイック空港。 中心部から南におよそ45キロ。 …