亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

土用の丑の日には、丑湯。夏でもお風呂に入って温まる。

   

2017年7月25日は、夏の土用丑の日。

鰻の蒲焼きを召しあがった方も
多いことでしょう。

他にも頭に「う」のつくものということで、
「うり」「梅干し」「うどん」も良いと言われています。

土用が頭についている食べ物は、
鰻のほかに、「蜆」「卵」。

さらに餅。

先日、百貨店に行ったら
「土用餅」=あんころ餅も
売られていました。

これはもともと関西の風習だと思うのですが、
最近は、東京にも広がっているようです。

大阪の祖母の家では、夏の丑湯なんてものも。

これは、お風呂に薬草を入れた薬湯のこと。
モモの葉、ドクダミの干した物を白い袋に
入れていたようです。

土用の丑の日ではないのですが、
祖母の家に夏休み泊まった時、
よく、この二つのどちらかが入っていました。

あせもにならないのだとか。

ドクダミ、モモの葉を干したもの。

昔は家でお風呂に毎日入るのはとても贅沢。
2日に1度、3日に一度なんてこともザラで、
そもそも家に風呂がない家庭も一般的でした。

夏は、日向水で行水で汗を流したりしたそう。

そうした時、家の風呂でも銭湯でも、
湯舟につかり、体を温めほぐすことは、
体をほぐし、疲労をとる意味でもよいようです。

家に風呂があり、毎日、気軽に入れる今、
夏は汗をかくからシャワーだけという家庭も
多いようですが、夏こそ風呂に入る必要があるよう。

そういう自分もこのところ、
シャワーで汗を流す程度で、
さっとあがっていました。

そのためか背中の凝りが蓄積して、
なんとも体がだるい。

今日は、これから丑湯にはいります。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

懐かしい。「昭和の消えた仕事図鑑」。赤帽、金魚売り、ポン菓子屋、ロボのパン。

自分が小さい頃、夏の暑い自分に、 近所を回ってきたのは、金魚売りでした。 たらい …

はざ掛け米。じっくり自然乾燥させ、甘みを出す。最期の一手間。

脳を鍛える漢字ドリル。 その見本を眺めていたら、 次のような問題が出てきました。 …

わが家と同じ除湿機を使っていた知合い宅。最新の除湿機に買い換え、その性能に驚く。

梅雨の時期。 続く雨に洗濯物が乾かないと お悩みのお宅も多いのでは? わが家も電 …

昔、旅館で枕元にあった「宝水」。覚えていますか? 夜中の水分不足を解消。足のつり、脳梗塞防止。

「宝水」。 この言葉、そしてそれが 意味する物をご存じですか? 2015年10月 …

あなたは自分の体の癖・特徴をご存じですか? 長年の生活習慣、使い方などでひずみが。

あなたは、自分の体の癖、特徴をご存じですか? 以前、プロフィール写真を撮影したカ …

過多な情報が招く脳疲労。情報断食で脳をリフレッシュ。

最近というか、もう結構前からになるのですが、 デジタル断食という言葉を見聞きする …

50の坂。60,70、80と坂はどんどん急になる。坂を越えると2から3年はすっといく。

人生を坂に例えることがよくあります。 有名なのは徳川家康が言ったとされる 「人生 …

思い込みを捨てる。 成功体験を捨てる。NHKスペシャル「人工知能 天使か悪魔か 2017」。人口知能が繰り出した奇想天外な初手を見て。

先日、NHKスペシャルでAIの特集がありました。 《人工知能 天使か悪魔か 20 …

ジョギングしている70代の人と、全然、運動していない70代の人の遅筋の量は同じ。筋トレの必要性。

毎日、ウォーキングをしています。 といっても、日常生活での中の動きを含めて、 1 …

新人営業マンの研修を見守ったベテラン営業マンが、「ここまで気を遣わねばいけないのか」と驚いた講師の教えとは? 

知合いの会社の新人研修について 先日、話を聞きました。 知合いは、ベテランの営業 …