亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

柳家小三治師匠がアルツハイマー病の疑いと高座で告白。

   

今朝2017年8月8日の東京新聞に、
《柳家小三治が療養へ》との記事が出ていました。

8月下旬から9月上旬にかけて、
病気の治療のため療養するとの内容です。

《治療する病名は明らかにしていない》
とあり、最後に《柳家小三治は長年リウマチを
患っている》と記されていました。

柳家小三治師匠の大ファンなので、
とても気になりました。

その後、自宅でとっている
日刊スポーツを見たら、さらに驚きの内容が。

《人間国宝77歳柳家小三治がアルツハイマー疑い告白
[2017年8月8日7時56分 紙面から]》
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1868718.html

2017年8月7日、池袋演芸場の高座のマクラで、
自身にアルツハイマーの疑いがあることを
明かしたと書かれていました。

今年になって、言われたとのこと。
現在、治療中だそう。

その後のマクラでは、
岩倉具視や安倍晋三首相の
名前が出てきにくくなったものの、
「小言念仏」はよどみなく終えたようです。

さらに東京新聞には書かれていなかった
病名も、頸椎の手術のため入院とはっきり
書かれています。

柳家小三治師匠も77歳。

どこか不具合がでても不思議ではありません。

けれど実際に本人の口から知らされると、
ショックですねー。

ただ医者からはアルツハイマーとは告げられていないとのこと。
アルツハイマーの前段階の軽度認知機能障害(MCI)の場合、
治療、訓練などにより、アルツハイマーへの発症を遅くしたり、
抑えることができますので、早めに気づいて検査を受けたのは、
良かったですね。

今回の柳家小三治師匠のニュースで思い出すのは、
2年前のドキュメンタリー番組
「ザ・ノンフィクション」で放送された
三遊亭円丈師匠。

2015年6月7日(日) 14:00~14:55
《円丈 VS 老い ~あがく新作落語家~》
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/cx/4299/863463/

記憶力が低下し、固有名詞、言葉が出てこなくなり、
紙に書いたり、タブレットを利用したりして、
懸命に高座をつとめる姿が紹介されていました。

三遊亭円丈 落語の世界(2016年12月で更新が止まっている)
http://enjoo.com/

円丈師匠のTwitter(こちらは更新されている)
https://twitter.com/3yuutei_enjo

演芸ホールに出演されたり、
自作落語を浪曲にしたり、
実験落語の会も予定されているよう。

活躍されていて一安心。

2014年、相当な危機だったことが書かれています。

《<2015年版おなじみのトリ日記> 更新:15/12/27》
《2014年は、円丈最大の危機だった~~~~よ》
http://enjoo.com/rakugo/rakugo/tori/2015tori.html

円丈師匠は、昭和19年12月10日生まれなので、
現在は72歳。
2014年、70歳になる前ころが危機だったんですね。

《定年時代
東京版 平成26年2月上旬号   東京版 平成26年2月上旬号
落語には“今”が必要  落語家・三遊亭円丈さん》
http://www.teinenjidai.com/tokyo/h26/02_1/index.html
このインタビューでは、
《「記憶の瞬発力は落ちた」と言う一方、「年齢を重ねたからこそ
できる噺もある」と語る。もともと好きなウオーキングを、
体力維持も考えて続ける中、新作「噺家と万歩計」(12年初演)の
着想を得た。》と語っておいでです。

円丈師匠にもできるだけ長く、
高座をつとめていただきたいですね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「窓からは光(や風)とともに幸せが入ってくる」。その通り道、汚れていませんか?

以前、別のブログで 「窓の曇りは心の曇り」 という、曾祖父と祖父に言葉について …

消費期限間近の「高級カニ缶」を母と一緒に食べた。母と自分の感想。

ちょっと気が早いですけれど、 まもなく9月1日。 この9月1日と1月17日、 そ …

防災ぜいたく。ちょっと贅沢な品、そして自分の好物を備蓄品の中に。防災の知恵。

9月1日防災の日、 前後に、災害に備えるための 知恵、ノウハウが特集されています …

知人のお母さんが毎日、「トットちゃん!」を見ながら行なっていること。

現在、テレビ朝日系で お昼の12時30分~12時50分に 放送中のドラマ「トット …

冬、暖かい部屋でアイスクリーム。おいしいけれど。がんの人は要注意。嗜好の変化。

冬、お風呂上がりに、 暖かい部屋でアイスクリーム。 おいしいですよね。 自分も若 …

母が捨てずに残しておいたチラシは、血赤珊瑚買い取りのものだった。帯留め、ネックレス。

ここ何年か、家にチラシや電話で、 金を初めとする貴金属買い取りの 依頼がたくさん …

15年かけリヤカーで海岸沿いに日本一周した塩田忠市さん、75歳。

歩いて日本一周というのは、 自分の目標です。 15年かけて、海岸沿いに日本一周を …

「孟宗の親孝行」。「雪中の筍」。敬老の日に思い出す祖母が語ってくれた話。

敬老の日の祝日。 あなたはどう過ごされましたか。 母は以前、敬老の日が 9月15 …

自分の身体は自分のもの? いえいえ。神からの預かり物。いたわって返してください。

久しぶりに関東一といわれる泉質の 埼玉県の温泉を訪れました。 そこは地元の方はも …

町内の婦人会が能登半島に、団体旅行をした訳。高齢者も情報を活用してお得な生活を。

町内の婦人会が先月下旬に 毎年秋、恒例の慰安旅行をしました。 母は残念ながら不参 …