亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

昔、近所にあった石屋のおじさんの話。「人にも石目がある。それを読め」。

   

お盆の時期。
お墓参りに行かれた方も多いでしょう。

その際には、お墓を
きれいに掃除して、
磨き上げたことでしょう。

墓石を見ると、昔、近所にあった
石屋のおじさんの言葉を思い出します。

小学校からの帰り、
その石屋のおじさんが、
ノミと金槌で石を叩いているのを
見るのがとても好きでした。

今から考えるととても単純な動きなのに、
何がそんなに面白かったのか不思議です。

いつもおじさんは、しゃべらずに一心不乱に
石に向かっていたのですが、仕事の区切りが
つくと、お茶を飲み、一服して休憩。

その時に、そこのおばさんや近所の人と
会話を交わしていました。

あるとき、熱心にみていた自分や同級生に、
話しかけてきました。

「そばから見ると石ってどこも固そうにみえるけど、
固いところと柔らかいところがあってな。その石の目を
見て、割ったり、削ったりしてる」。

「石の目を読んで、そこに正しくノミをあてると、
きれいに割れるが、そうでないところにあてても、
割れないし、割れても汚い」。

そんなことをひとり語りのように話してくれました。

「石屋は石目を見るのが一番大切。
人にもそこを叩くとすっと割れる石目がある。
それを見抜けるかどうかが、大事だなー」。

そんなことを語っていました。

「人にも石目がある」という言葉が印象的でした。

そのおじさんは、それからしばらくして、
自分が小学生の間に亡くなってしまい、
それに伴って、跡継ぎがいなくなった石屋は
廃業してしまいました。

そこのおばさんは、それからもずっと
そこに住んでいて、
自分や近所の小学生が家の前を通ると、
いつも声をかけてくれ、大事にしてくれたのを
思い出します。

石屋のおじさんが言っていた
「人の石目」。

あの時の小学生は、大きくなったのですが、
「人の石目」はまだ読めるようになっていません。

いつになったら、わかるようになるのでしょうか。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

貧しい子どものためにジェラートを一つ。コーヒーに続いて友情の輪、広がる。イタリア。

ナポリのお預けコーヒー。 以前、ブログでご紹介しました。 お金を持っている人が、 …

ミシュランガイドで世界初、屋台が一つ星獲得。「香港油鶏飯麺」と「吊橋頭大華猪肉麺」。また行列が伸びる。

シンガポールに1人旅したとき、 食事をどうしようかと悩みませんでした。 どこの都 …

定年後、エキストラに精を出す知合い。

先日、久しぶりに会った友達。 大学生の息子さんが、あるテレビドラマの 最終回のエ …

波留さんの重度の冷え症を解消した方法とは。「ためしてガッテン」で冷え症の解消方法を特集。

連続テレビ小説「あさが来た」の 主役を演じている波留さん。 重度の冷え症なんだそ …

91歳のアメリカ人男性、死ぬまでにやっておきたかったことを実行。それは……。「バケット・リスト」。

「人生やり残しリスト」というブログを書いています。 始めるきっかけは、映画「最高 …

「おいど(お尻)をしめなさい」。元気、精気を逃がさず。心も安定。

先日、テレビを見ていたら、 京都の祇園が特集されていました。 (再放送) 新日本 …

俳優の平幹二朗さん、亡くなる。浴槽で倒れているのを発見される。お風呂場・入浴の危険。

お昼ご飯の時、母が、 「平幹二朗さんが亡くなったねー」 と寂しそうに一言。 年齢 …

コーヒー、緑茶で病死の危険が減少。国立がん研究センター、東大が発表。

毎日、朝と夕に緑茶。 そしてコーヒーを飲んでいます。 下の死亡率が低い条件にぴっ …

愛犬の脱毛、皮膚のただれで知った飽食の毒。ヒトも同じ。

少し前に、老犬を飼っている知人が 無添加、グレインフリー(穀物なし)の ペットフ …

おじさん・おばさんたち(同級生)のスマートフォンのカメラ機能の活用術。

先日8人ばかり中学の同級生が集まり、 旧交を温めました。 いろいろと驚くことがあ …