亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

昔、近所にあった石屋のおじさんの話。「人にも石目がある。それを読め」。

   

お盆の時期。
お墓参りに行かれた方も多いでしょう。

その際には、お墓を
きれいに掃除して、
磨き上げたことでしょう。

墓石を見ると、昔、近所にあった
石屋のおじさんの言葉を思い出します。

小学校からの帰り、
その石屋のおじさんが、
ノミと金槌で石を叩いているのを
見るのがとても好きでした。

今から考えるととても単純な動きなのに、
何がそんなに面白かったのか不思議です。

いつもおじさんは、しゃべらずに一心不乱に
石に向かっていたのですが、仕事の区切りが
つくと、お茶を飲み、一服して休憩。

その時に、そこのおばさんや近所の人と
会話を交わしていました。

あるとき、熱心にみていた自分や同級生に、
話しかけてきました。

「そばから見ると石ってどこも固そうにみえるけど、
固いところと柔らかいところがあってな。その石の目を
見て、割ったり、削ったりしてる」。

「石の目を読んで、そこに正しくノミをあてると、
きれいに割れるが、そうでないところにあてても、
割れないし、割れても汚い」。

そんなことをひとり語りのように話してくれました。

「石屋は石目を見るのが一番大切。
人にもそこを叩くとすっと割れる石目がある。
それを見抜けるかどうかが、大事だなー」。

そんなことを語っていました。

「人にも石目がある」という言葉が印象的でした。

そのおじさんは、それからしばらくして、
自分が小学生の間に亡くなってしまい、
それに伴って、跡継ぎがいなくなった石屋は
廃業してしまいました。

そこのおばさんは、それからもずっと
そこに住んでいて、
自分や近所の小学生が家の前を通ると、
いつも声をかけてくれ、大事にしてくれたのを
思い出します。

石屋のおじさんが言っていた
「人の石目」。

あの時の小学生は、大きくなったのですが、
「人の石目」はまだ読めるようになっていません。

いつになったら、わかるようになるのでしょうか。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「ノーチラスな人びと」ってどんな人?

「ノーチラスな人びと」。 日本評論社の書籍広告が、 2015年4月14日の毎日新 …

喪中はがきで知る友達の母親の逝去。簡素化・希薄化するお葬式。増える偲ぶ会。

年賀状を出さなくなって久しいのですけれど、 知り合い、取引先、知人、友人、親戚な …

小学生ではないけれど、毎日1枚の書き取りドリルで脳トレに励む。

小中学校の長い夏休みも 今週が最終週ですね。 夏休みの残った宿題で、 頭やお腹が …

高齢者などが温泉、スーパー銭湯で持っていると安全になるものとは?

2016年3月20日、久しぶりに 板橋区にある天然温泉・スーパー銭湯に行きました …

今年2015年は、平成27年。そして昭和90年。明治148年、大正104年。

2013年12月に、サザンオールスターズの桑田佳祐さんが、 「昭和八十八年度! …

「食の記憶」。卵かけご飯の思い出。一個を妹と二人で。先に卵をかけさせていた姉の思惑とは?

卵かけご飯。 今はほとんど食べなくなってしまったのですけれど、 聞くだけで懐かし …

酢飯のカレー販売。くら寿司。薬味はガリ。何にカレーのルーをかける?

無添加寿司で知られるくら寿司。 寿司の他にラーメン、うな丼など いろいろなメニュ …

母の日を前に、青いカーネーション「ムーンダスト」の輸入がピーク。

2015年は5月10日が母の日。 カーネーションの花が花屋さんにあふれています。 …

「おかわりはいかが?」「大丈夫です」。果たして、おわかりは、いるのかいらないのか?

「大丈夫、大丈夫」。 あなたは、この言葉、 日常会話の中で使っていますか? 自分 …

都内のイオン、シニア向けに朝7時開店。千葉の知合いは無料バスでイオン通い。ウォーキング。

去年の12月初めのことになりますが、 都内のイオンが午前7時から開店 というニュ …