亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

靴のトラブルで自分の歩き方の悪い癖がわかる。

   

先日、毎日のようにはいていた
ウォーキングシューズの右側の前の
部分がはがれたというエントリーを書きました。

接着剤をつけてはりつけたところ、
すきまなく接着できました。

1日乾燥させて、先日、はいたところ、
地下鉄から地上に出るところの階段の角で、
その直した部分をひっかけ、再びすこし
はがれてしまいました。

もしかして以前も何度か、これと同じように
どこかにひっかけて、最終的に右側の前方の
部分をはがしてしまったのでは……。

そういえば、以前、シューフィッターのいる
靴店に行って、靴を相談した時、その人から、
歩き方の癖を指摘されたことがあります。

いわく、外側の減りが少し大きい。
がに股、O脚の人に多いが、
お客さんはO脚ではないので、
外側に比べ内側の筋肉が弱く、
また股関節が硬いのかもしれない。

また若干、右側の減りが大きいので、
右側に重心が傾いているのかもと。

余り疲れていない時は、そうした悪い癖が
出ないのですが、疲れた時や、階段を
登るときなど負荷が大きい時は、弱い足が
上がらなくなったり、すったりすると。

どうやら自分は余り意識しないと、
足、特に右足のあがりが悪く、
引きずるような歩き方をしているようです。

年齢を重ねると、筋肉の低下が進み、
また関節も硬くなるので、十分に
足を上げられず、何かにつまずいた拍子に
転倒し、骨折したり怪我をしたりしやすくなる
と言われています。

正しい歩き方をして、
筋肉を衰えさせず、
また関節また筋肉を柔軟に保ちたいと
思いました。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

お母さんの手作りドーナツ。

ドーナツ、お好きですか? 今、コンビニストアでも売られていますね。 年齢のせいか …

高齢者。食べられなくなった方に最適な「粉飴」ってご存じ?

先日、お母さんの介護を されている方の話を聞きました。 今は複数の専門家の方が家 …

人の心を強くし、力を与える活人剣。「切ってみたいと思わせるなら、それはすでに鈍刀です」。刀匠・河内國平さん。

最近、漫画、ゲームなどの影響で日本刀が好きな女性、 いわゆる刀剣女子が増えている …

修理して使い続ける。プロフェッショナルで時計修理の名人松浦さんが紹介される。

NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」で、 2015年6月7日、 《時計に命 …

現金は重い。腰痛めると常陽銀行が、ロボットスーツを導入。

すでに様々な農業やビジネスの場に取り入られている ロボットスーツ。 今度は、常陽 …

「マシュマロ・テスト」。あなたは誘惑に負けず成功する子どもだったのか?

小さい頃、飼っていた犬。 雑種が多かったのですが、どれも賢い犬ばかりでした。 そ …

100歳のスイマー・長岡三重子さん。1500メートル自由形で世界初の完泳。1時間15分54秒39。

長岡三重子さんをご存じでしょうか? これまで何度もテレビ、新聞などで紹介されまし …

2月22日は、ニンニンで忍者の日。甲賀忍者の子孫発見。昔、従兄弟が打ち明けたわが一族の秘密。

2月22日。 一般には「猫の日」で知られていますね。 ニャーニャーという鳴き声か …

必要なのか? 見直した結果、固定電話をやめた知合い。

何かをきっかけに生活を見直し、 新しい生き方を始める。 よく聞く話です。 重い病 …

あなたの骨密度、血管年齢は? 血管が、実年齢+30歳と言われ、わなないた知人。

2015年7月5日、朝刊のチラシに、 「骨密度 血管年齢 測定会」というものが …