亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

新しい化合物「アルジャーノン」。出生前のダウン症改善に効果? 京都大の研究グループが発表。あの名作を意識?

   

2017年9月5日の朝刊各紙に、
京都大学の研究グループが発見した
新たな化合物が、出生前のダウン症を改善できる
可能性があるとの記事が出ていました。

個人的に注目したのが、その化合物の名前です。

研究グループは「アルジャーノン」と名付けたとのこと。

これを聞いて、
「ああ、あの小説か」
と連想される方も多いのでは。

自分はすぐにそう思いました。

自分が読んだ記事には、
命名の由来は書かれていなかったのですが、
おそらくアメリカの作家ダニエル・キイスが書いた

からとったのではないかと思います。

この小説は、SF小説の傑作の一つとして知られています。

主人公はチャーリイ・ゴードン
という知能に障害のある男性。

アルジャーノンは、記憶、思考力が高まる
脳手術を受けたハツカネズミの名前です。

そのアルジャーノンが驚異的な能力の向上を
見せたところから、人として初の実験台になり、
脳手術を受けたのでした。

チャーリイはわずか数ヶ月のうちにIQ68から
IQ185への天才となったのでした。

この小説はチャーリーによる経過報告という形で、
一人称で書かれています。
知能の発達につれて文章も変化していくのが
読みどころの一つ。

知能が高くなったチャーリイは、
知りたくなかったことも
知るようになります。

やがて世話をしていたアルジャーノンに
異変が起こります。
それを見たチャーリイは……。

この小説のことが頭にある場合、
自分なら決して新しい化合物に
「アルジャーノン」とは名付けないと思います。

《ダウン症の出生前治療を可能にする新規化合物
-ダウン症iPS神経幹細胞の増殖を促進-
2017年09月05日》
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2017/170905_1.html

〇今回の実験は妊娠マウスに「アルジャーノン」を投与した。

〇ダウン症のみならず、他の病気にも効果がある可能性が。

《今回発見した化合物アルジャーノンは神経幹細胞の増殖を促進します。
神経幹細胞は発生期だけでなく成体(大人)にも存在することから、
今後は神経新生が関与していることが示唆されている学習・認知分野
(アルツハイマー病など)やうつ症状、神経細胞が脱落する
神経変性疾患(パーキンソン病、ハンチントン病など)、脊椎損傷など、
他の疾患への適用が期待されます。》
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2017/documents/170905_1/01.pdf

上記リンクの中には、
《候補化合物アルジャーノン(ALGERNON:altered generation of neuron)》
とあります。
「altered generation of neuron」
から、ALGERNONとしたようです。
(altered generation of neuron=改変されたニューロンの生成?)

では小説は意識したのか否か?

毎日新聞の記事によれば、
《研究チームは新化合物を「アルジャーノン」と名付けた。
米国の作家ダニエル・キイスの小説「アルジャーノンに花束を」も
意識したという。》
とあります。
https://mainichi.jp/articles/20170905/k00/00m/040/141000c

しかしインターネットコムの
《京大、ダウン症を生まれる前に治す物質「アルジャーノン」発見―「小説は意識せず」
京大は、ダウン症の出生前治療を可能にする新規化合物「アルジャーノン」を発見したと明らかにした。
インターネットコム編集部 2017/09/05 14:05》
https://internetcom.jp/203319/algernon-is-not-algernon

によれば、
《京大によると、今回の発見にたずさわった研究者は
アルジャーノンに花束をという作品を知っているが、
「それにちなんだり、意識したりしたものではない」
と説明している。》
とのこと。

どっちなんでしょうね。

「アルジャーノンに花束を」の
原題は「Flowers for Algernon」。

Algernonは、一般的には
英語圏で男性につけられる名前です。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

町内の婦人会が能登半島に、団体旅行をした訳。高齢者も情報を活用してお得な生活を。

町内の婦人会が先月下旬に 毎年秋、恒例の慰安旅行をしました。 母は残念ながら不参 …

中高年男性に服のアドバイスをする女子中学生社長。孫を専属スタイリストにし若返った知合い。

退職すると困ることの一つが、 外出の時や家にいるときに着る 服装だと言います。 …

2015年、ノーベル医学生理学賞を受賞した大村智北里大特別栄誉教授。油にまみれた定時制高校の生徒の手を見て決心した「学び直し」。

2015年のノーベル医学生理学賞の受賞者の一人に、 大村智(おおむらさとし)・北 …

フランスの警察官。一定の条件でひげと入れ墨を解禁。

大学の授業で、タクシー運転手がひげを理由に 解雇されたので会社を訴えたという訴訟 …

またまた怪しい電話が母にかかってきた。詐欺電話を撃退した一言とは。

2016年2月8日、遅めのお昼をとって、 仕事場に戻ろうとしたら、 リビングの電 …

健康のためのインターバル速歩。脳のためのドリルなどで大活躍しているグッズとは?

インターバル速歩。 ご存じでしょうか? 通常のウォーキングではなく、 あるときは …

高齢者。食べられなくなった方に最適な「粉飴」ってご存じ?

先日、お母さんの介護を されている方の話を聞きました。 今は複数の専門家の方が家 …

新札の効用。商売をやめた今も銀行に通い新札に両替する知り合い。

年末年始、新札を手にする機会が 多かったのではないでしょうか。 お年玉、お祝いな …

連続テレビ小説「まれ」。2015年4月20日放送回の中に出てきたはさみ。2003年にはないと家族が指摘。

連続テレビ小説「まれ」。 2015年4月20日、朝ご飯を食べながら ぼんやりと見 …

食欲の無いときでも食べられる。すぐに出来て栄養豊富食べやすい「ミルクわらび餅」。

梅雨の時期、じめじめむしむし。 寒暖の差、気圧の差も激しいので、 夏ばてならぬ梅 …