亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

桐生祥秀選手、9秒98。男子100mで日本人初の9秒台。

   

早ければ今年中にとは思っていましたが、
こんなに早く実現するとは。

2017年9月9日、福井県陸上競技場で開かれている、
日本学生対校選手権の第2日、男子100メートル決勝で、
東洋大学の桐生祥秀選手が、9.98を出し、
日本人初の9秒台を記録しました。

決勝の気象条件は追い風1.8メートル。
2メートルを超えると参考記録になりますから、
絶好のコンディションの中で、
ついに10秒の壁を突破したことになります。

これまでの日本記録は1998年に
伊東浩司さんが記録した10秒00。

19年ぶりですね。

これまで桐生選手は、京都の洛南高校3年の
2013年4月に日本歴代2位の10秒01をマーク。
(追い風0.9メートル)

すぐにでも10秒を切るかに思えましたが、
なかなか10秒の壁は厚く、記録を出すことは
できませんでした。

しかし追い風3.3メートルという中での
参考記録ですが、9秒87を記録したこともあり、
電気計時で日本人初の9秒台を達成していました。

このレースを一緒に走った
多田修平選手は、
10秒07(自己記録)で2位。

多田選手は、今年の6月10日、
2017日本学生陸上競技個人選手権大会の
男子100mの準決勝で9秒94(追い風4.5m)を
マークし日本国内の競技会で、日本人初の
9秒台を出していました。

さらに6月24日の第101回日本陸上競技選手権大会の
男子100m決勝では10秒16(追い風0.6m)で、
サニブラウン・アブデル・ハキームに次ぐ2位。

この時、桐生選手は破れ、
2017年世界陸上競技選手権大会の
日本代表に選出されませんでした。

これまで人にはわからないプレッシャーを
うけていたと思いますが、これで1つ、
それから解放されたのではないでしょうか。

また新たな壁は目の前に立ちふさがると
思いますが、桐生選手なら、またそれを
突破してくれると思います。

ライバルは数多くいますが、
今後さらに切磋琢磨して、
複数の日本人選手が10秒の壁を破り、
東京五輪では、一人でも多くの選手が
ファイナリストとして決勝の舞台に
立って欲しいですね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ものは言いよう。失敗を責め立てない魔法の言葉は「惜しいなー」。

知合いから聞いた話です。 「物は言いよう、ハサミは使いよう」。 言い方ひとつで、 …

「干」と「千」。間違いやすいですね。東京メトロ、「北干住駅」と1ヶ月近く間違ったパネルを表示。

海外に行って、ホテル、日本料理のお店などにいくと、 その説明書き、メニューなどに …

6月15日は弘法大師の誕生日。行事は?

落語家の桂ざこばさん。 1947年9月21日生まれ、 本名は、関口弘(ひろむ)さ …

「花は心の食べ物です」。南房総。戦争中、花を守った川名りんさん。

先日、友達と一緒に房総半島の 鴨川に行ってきました。 意外だったのは、キンセンカ …

取引先の新入社員。ネットワークカメラで一人暮らしのマンションを防備。実家、祖父母宅にも設置し見守る。

取引先の今年春からの 新入社員。 会社の近くの ワンルームマンションに 住んでい …

料理名人の曾祖母の教え。一寸切り(切り口一寸、一口一寸)。わが家では一寸二分。食べる人への思いやり。

先日、ご近所から頂いた筍の話を書きました。 そのときにも、そして今日、 家人が作 …

家に病気の人がいたら治す。壊れたものがあるなら修理しなさい。使わなくなったものは感謝して捨て成仏させてあげなさい。

最近、ルーター、ISDNのターミナルアダプター、 携帯電話、コーヒー豆のグライン …

「木彫りの大黒様が持つビー玉を水晶に変えなさい」。お告げに従って水晶を買って交換したら……。

とても親しい友人の話。 その家には、お祖父さんお祖母さんが ずいぶん昔に買った高 …

またもや近所の個人経営のお店が閉店。絶品のサンドイッチ・調理パンがもう味わえなくなる。

今日の昼前、母が買い物から帰ってきて、 「パン屋さんがこの12月23日で閉店する …

母の実家・岐阜から届いた鮎の甘露煮。従兄弟が捕り、義理の叔母さんが作る。秋を感じる。

何年か前も届いた鮎の甘露煮。 今日、母のふるさと、岐阜から送られてきました。 鮎 …