亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

上野動物園の赤ちゃんパンダの名前はシャンシャン(香香)。

      2017/09/26

2017年9月25日、上野動物園の赤ちゃんパンダの
名前が、「シャンシャン(香香)」に決まったようです。

正式には午後2時から小池百合子都知事が
会見で発表するよう。

公募された名前は過去最多の
32万2581。

8月30日に選考委員会で、
応募件数の上位100点から、
特定の商品名、人名を除いて投票し、
8点の候補に絞り込んでいたそう。

最後は中国側と協議し、
漢字表記も含めて決めたとのことです。

お母さんはシンシン(真真)、
お父さんはリーリー(カカ)

これまでずっと同じ音が連続する名前で、
今度はそうした慣例から外れるのでは
ともウワサされていましたが、
従来の枠に落ち着いたようです。

上野動物園のジャイアントパンダ情報
http://www.ueno-panda.jp/

ちょっと気になったのは、香香は、
中華料理店でいくつか同じ名前がありますね。

よく使われる字で名前で、
全国的な知名度がないということで、
許容されたのでしょうか。

10月1日は都民の日で上野動物園は無料開放されます。

その日はまだ一般公開されていないのでしょうね。
1日も早くその姿を見たいものですね。

〇日本だと、お漬物という意味で
「香香(こうこ)」って使いますね。
また「しゃんしゃん」という言葉は、
上手くいったとき、
丸く収まった時などに使われるので、
縁起が良いですね。
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/102903/meaning/m0u/

〇中国のネットアイドル歌手に「香香」という
人がいるそう。
https://baike.baidu.com/item/%E9%A6%99%E9%A6%99/314174

〇会見ではこの名前に決まった経緯が発表されました。
シャンシャンについては「呼びやすく、漢字の香は
花開く明るいイメージ」。ただ名前の応募はカタカナだけ
だったので、上野動物園側で「香」という漢字を当てたとのこと。
「読める漢字を抽出。雌ですし良い香りがしてかわいらしいので」
と香にした理由を語っています。
また中国側と協議した際には「非常に呼びやすい」と好評だったよう。

〇12月、生後6ヶ月頃をめどに一般公開予定。

〇シャンシャンは8つの候補のうち最も応募数が多く
5161件
応募で最も多かったのは「ルンルン」12154件。
2番目は「メイメイ」(11191件)、
どちらも他のパンダに名付けられていたという。

〇「香」という漢字には、
中国語で「人気者」という意味もあるそう。

〇2017年9月26日追記
東スポの記事で、一部の中国人の反応が掲載されている。

《中国人留学生の女性(19)は「『香』という漢字は、
オバサン向きの漢字なのです。中国では1970年代以前に
生まれた女性に多い名前ですヨ」と驚く。
メスの赤ちゃんパンダにつけるには古くさい字だそうで
「名前に『香』と付けられた最近の若い女の子を
探すのは難しいですヨ」(前出の留学生)。》
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/777406/

ふーん。

中国のネット歌手香香は、
1984年6月14日生まれ。

芸名とは言え、若い人にもいることはいるよう。

 - 未分類

Comment

  1. nikitoki より:

    2017年12月19日から、一般公開で調整中と報じられています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

はざ掛け米。じっくり自然乾燥させ、甘みを出す。最期の一手間。

脳を鍛える漢字ドリル。 その見本を眺めていたら、 次のような問題が出てきました。 …

90歳の知人、88歳の時に免許返上。70代前半の知合いも、あと2~3年で運転を止めると決意。高齢者の運転問題。

先日、東京郊外に住む 90歳の知合いとお会いしました。 中華料理の昼食をご一緒し …

改めて教えられた運動の後の栄養補給の重要性。高齢になっても動ける体でいるために。

新年に今年こそは、毎日運動をして体を鍛え、 脂肪のないスリムな姿になる と決意し …

包丁研ぎ健康法。包丁研ぎ講座に通い、技術を習得した知り合い。ストレス軽減。

砥石を使って包丁を研いだことがありますか? 最近の包丁、ナイフは、包丁研ぎをしな …

「マシュマロ・テスト」。あなたは誘惑に負けず成功する子どもだったのか?

小さい頃、飼っていた犬。 雑種が多かったのですが、どれも賢い犬ばかりでした。 そ …

愛犬の脱毛、皮膚のただれで知った飽食の毒。ヒトも同じ。

少し前に、老犬を飼っている知人が 無添加、グレインフリー(穀物なし)の ペットフ …

《NEXTスペシャル▽愛しい我が子が誘拐された~中国“行方不明児20万人”の衝撃》。

昔、アメリカを旅行した時、 現地のスーパーマーケットに寄りました。 その牛乳売場 …

かかりつけのお医者さんが語った医者の選び方。「先生が若くて、設備が新しいところを選びなさい」。

先日、かかりつけのお医者さんに行きました。 その先生では治療しきれないので、 近 …

「春冷えに用心」。知人の男性の対策は、薄手の登山用下着。

お花見頃の冷えを「花冷え」なんていいます。 冬から春にかけては、暖かくなったと思 …

「体は柔らかい? 体が硬いと心も硬くなるよ」とストレッチを勧めてくれた70前の知合い。脚は180度開いて、おでこが床にぺたり。

70歳前の知合いに会いました。 元気で話すスピードも速くて圧倒されました。 握手 …