亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「木彫りの大黒様が持つビー玉を水晶に変えなさい」。お告げに従って水晶を買って交換したら……。

   

とても親しい友人の話。

その家には、お祖父さんお祖母さんが
ずいぶん昔に買った高さ10センチ余りの
小さな木彫りの大黒様があるのだそう。

大黒様の右手の上に小さな水晶の玉が
乗っていたといいます。

ところが、もうずいぶん前に
その小さな水晶玉がどこかに行ってしまい、
ないままだと間抜けなので、
その代わりとしてお子さんが持っていた
ビー玉をはめていたんだそう。

それで長い間、過ごしていました。

あるとき、いろいろな相談を受け、
アドバイスをしているという占い師に、
知人を通して、知り合ったと言います。

特に占いをして欲しいとか、
相談をして欲しいということではなく、
ただ単に出合っただけ。

ところがその占い師が友人に会うなり、
「木彫りの大黒様がありますね。
その大黒様の右手に乗っているビー玉。
それをやめて元通りの水晶に変えてください」
と突然言われたのだそう。

もちろんこの大黒様のことは、
友人、知人には
誰も話したことがなく、
家族以外には誰も知らなかったにも
関わらずです。

もう一つ、その占い師は、家に関することを
言ったらしいのですが、それはどの家でも
あてはまるような内容だったそう。
(知人はそのアドバイスを受け、その通りにしたそう)

友人は驚いてしまい、もしかして高価な水晶玉を
その占い師から買わされるのかと怪しんだそうですが、
そういうことはなく、どこでもいいから、買い求め、
上に置きなさいと言われたといいます。

家族の健康、経済状態に関することも
いくつか思い当たることを告げられたといいます。

友人は、それを受け、インターネットで探した
鉱物屋さんから、今のビー玉と同じ寸法(直径)の
ものを選び購入。

水晶玉は数百円単位だったとのこと。

まあ一般的にはそれくらいでしょうね。

ビー玉を水晶玉に変えた後、どうなったのか?

懸念していた家族の健康問題、
さらに経済的な側面に改善が見られた
と言います。

この話をどこまで信じていいのか、
告げられた事実はおそらくそのまま
だと思うのですが、ちょっと一般的には
信じられないものですね。

これをきっかけに、何かとてつもなく
高価なものを勧めたり、相談料をとったり
なんてそんな心配をしてしまうのですが、
それは取り越し苦労というものでしょうか。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

日本で初めての闘牛カレー、発売。沖縄闘牛で活躍した牛の肉を使っています。スペインの闘牛肉料理。

先日、近所の高級スーパーを訪れたら、 あまりのレトルトカレーの種類の多さに 驚き …

ドラマ「人は見た目が100パーセント」ではないけれど、タクシーの運転手から「お孫さんは?」と言われて愕然として見た目に気を使い出した知合い。

2017年4月からフジテレビのドラマで 「人は見た目が100パーセント」が 放送 …

健康麻将ってご存じ? 知合いが両国の麻雀倶楽部に。

あなたは麻雀をやりますか? 今、若い人の間では実際に 4人集まっての麻雀は余り人 …

最近の窓とドアの断熱性と遮音性に驚く。築2年ほどに入居のオフィス2軒を訪れて。

現在の自宅は鉄筋ビルですが 築年数は30年以上。 外壁の塗り替え、内装、水回りの …

民進党の英語表記の頭文字DIPはアメリカの俗語で「間抜け」。ポカリスエット、ウォークマン。結局、DPに。

民主党と維新の党が結成する合流新党「民進党」。 台湾にもまさに同じ名前の政党があ …

和の文化を見直している友達、ついに月に一度の写経を始める。その心境はいかに。

若い時はニューヨーク、ロンドンなどに出かけ、 最新の流行、モードなどを取り入れて …

読書から遠のいていた理由は、照明だった。高齢の知人がLED付きルーペから読書灯にめざめる。

読書好きの年配の知合いがいます。 けれどずいぶん前から、それまでに比べ、 目が疲 …

新聞を読む。ニュース番組を見る。わからないこと、新しいことは図書館で調べる。

予約した本を受け取りに 近所の図書館に。 そのついでに雑誌や 新しく入った図書を …

母の実家・岐阜から届いた鮎の甘露煮。従兄弟が捕り、義理の叔母さんが作る。秋を感じる。

何年か前も届いた鮎の甘露煮。 今日、母のふるさと、岐阜から送られてきました。 鮎 …

高齢の独り身男性が毎日愛用し、栄養不良を解消した魔法の道具は、ホットプレート。

母の知人の高齢の女性。 一人暮らしです。 去年、体調が悪く病院に行ったところ、 …