亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

長崎生まれのイギリス人カズオ・イシグロさんが2017年ノーベル文学賞。

   

村上春樹さんが、受賞するかと
毎年注目されるノーベル文学賞。

2017年は、長崎市生まれの
イギリス人小説家の
カズオ・イシグロ氏が受賞しました。

カズオ・イシグロさんの作品は、
映画化、ドラマ化されている作品、
例えば、アンソニー・ホプキンス主演で
イギリスの貴族邸の執事を描いた「日の名残り」
(原題:The Remains of the Day)や、
「わたしを離さないで」がありますので、
ご存じの方も多いでしょう。

イシグロさんのインタビューは、
日本の新聞などにも掲載されたことが
あったのですが、両親とも日本人であり、
長崎生まれで5歳まで日本で暮らしていたものの、
その後はずっとイギリス暮らしで、
日本語はしゃべれないと語っていたのが印象的でした。

また現代作家の中で注目している作家として、
村上春樹さんをあげていることも、
個人的に関心を引きました。

長編作品は、
1982年の処女作「遠い山なみの光」から、
2015年の「遠い山なみの光」までのわずか7作
と寡作の作家ですが、
どれも試みに満ちた作品群だと思います。

個人的には映画もあって、
「日の名残り」が一番、
好みですが……。

ご本人は、ルーツの日本に対して、
特段の思い入れはもって
いらっしゃらないように感じられるのですが、
ともかく、日本人としては、日本に関係する人物が、
ノーベル文学賞を受賞したのは嬉しいことです。

Wired
《2015.12.29 TUE 19:00
「時空を超えて伝わる『感情』を描き出す」作家、カズオ・イシグロの野心》
https://wired.jp/2015/12/29/interview-kazuo-ishiguro/

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

スーパーのバナナチップスを見て、戦中・戦後、配給された干しバナナの思い出を語り出した母。

日曜日、家からちょっと離れた スーパーに母と買い物に行きました。 その売り場にあ …

知らない男性名義の怪しい封書が届いたので、開けてみたら……。同窓会、同窓生を装った勧誘に注意。

お昼を自宅でとろうと、仕事場から戻ってきたら、 お茶の間のテーブルの上に、自分あ …

「ポーチおじさんになりなさい」と管理職向けの講座で言われた知り合い。

男性のあなた。 外出するときにバッグの中に ポーチは持っていますか? 中に、汗ふ …

日本発見の新元素「ニホニウム」。リーダーの森田浩介教授。113円のお賽銭。「準備を怠っていないことの意思表示として神頼みする」

理化学研究所が発見した113番元素の 名前の案を「ニホニウム」にすることになった …

心太には鰹だしという高知県。多様性と柔軟性を学んだ大学1年の夏。

2018年8月、東京は雨続きで、 冷たい物より温かいものという気分です。 暑さが …

自動車免許を返納した叔母。脚代わりのシニアカーの最新軽量モデルを知る。

東京の中心に住んでいる叔母。 買物できる場所は徒歩圏内。 また電車、バスの便が良 …

災害時仕様のバッグの中身。知合いの高齢者の工夫。

東日本大震災の後、しばらく、 外出する時に、災害にあっても困らないように、 様々 …

ミニマリスト「好みの物に囲まれるな」。祖父「欲しいものより必要な物」。

新年。 初売りに出かけ、福袋をはじめ、 いろいろと買い込んだという方も多いことで …

忘れ物予防。用事の漏れ防止。高齢の知合いが行っている簡単、確実そしてお金のかからぬ方法。

若い時には、なんでもなかったことでも、 年を取るとできなくなったりすることがあり …

かかりつけの医師が母に食べることを勧めた食品。それは鮭フレーク。

長年、病気とは無縁だった母。 すこし体調を崩し、食欲が落ち、 やせてしまいました …