亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「きれいな心のつくりかた」。価値の高いものは値切らない。

   

先日、新聞の書籍広告に、

が出ていました。

内容が箇条書きで示されていました。

《神主さんが教えてくれる
心を清らかにする生活術

・いらないものは潔く捨てる」
・価値の高いものは値切らない
・1日の中に「無音」の環境をつくる
・「今、この瞬間」に集中せよ
・年に2回ほは心と体の大掃除をする
・人と会う前にペットボトルの水で
手/口を清める
・絵文字・スタンプを使わない
・理解できないものも認める
・お米の「神聖な力」を噛みしめる
・小さな違いに目くじらを立てない
・ゴミ捨てで“厄”を落とす

今すぐでぎる!
気持ちのリセット&コントロール法》

眺めていて少し驚きました。

これまで両親・祖母などに教わった項目が
ずらりと並んでいたからです。

すでにこのブログで
詳しく記したものもあります。
(・1日の中に「無音」の環境をつくる
・「今、この瞬間」に集中せよ)

著者の石崎貴比古さんは、
茨城県石岡市にある1300年の歴史ある
常陸国総社宮の禰宜です。

《平成29年|2017年09月28日
【出版のお知らせ】常陸国総社宮 禰宜 石崎貴比古著『きれいな心のつくりかた』》
http://sosyagu.jp/%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B/96.html

こうした神道の教えというのは、
昔は、一般的に広く浸透していたのでしょうね。

それを子どもや孫に教えてくれていたのだと思いました。

今回、広告にあげられていた項目の中で、
一番、関心をひいたのは、

《・価値の高いものは値切らない」》です。

これは特に祖母がよく話していました。

「価値の高いもの」とは、祖母の場合、
職人などが技術、経験を込めて作ったもの、
手仕事を指していたようです。

そうしたものを、
例えば注文して作ってもらう場合、
決して値切ってはいけないと。

これには実利的な意味も含まれていたようで、
そうした職人、専門性の高い仕事の場合、
値切ると相手は、自分の能力、腕前を不当に
低く評価されたと感じてしまい、
存分に能力を発揮できない、気分が乗らない。

なので手抜きでというほどではないが、
気分よくしっかり仕事をできない。
それゆえ仕事の質が下がってしまう
ということがありうる。

そうした仕事の質の低下というのは、
素人にはなかなかわかりにくい。

それを防ぐためには、
決して値切ってはいけないのだと。

祖母は、値切る行為は、相手の能力・仕事を
正しく評価できない自分の力のなさと
考えてもいたようです。

値切るということは、相手の仕事・作品を
まっとうに評価できないという
こちらの能力の無さを表しているのですね。

こんな言い方もしていました。

「(自分がその)価値の分からない物には手を出すな」

それがどれほど素晴しい物なのか、
分からない場合は、買ってはいけないと。

物の価値がわからなければ、猫に小判。
活用できず死蔵することになる。
それは物やそれを作った人に失礼であると。

そんなことを久しぶりに思い出しました。

ちなみに著者のいらっしゃる常陸国総社宮は、
漫画家の手塚治虫さんと縁がある神社です。

たしかNHKの「ファミリーヒストリー」で
出てきた記憶があります。

《手塚治虫と常陸国総社宮》

《現在の石岡市が府中松平藩と呼ばれていた江戸時代末期、
藩主・松平播磨守に仕えた手塚良庵という藩医がいました。
世界的な漫画家・手塚治虫先生のご先祖です。
常陸国総社宮では当地と手塚先生の御縁にちなみ、
風土記勅撰千三百年の平成25年、手塚プロダクションの
協力を得て先生の作品を象った授与品の頒布を開始しました。》
http://sosyagu.jp/tezukaosamu/

残念ながらまだ訪れたことがないのですが、
是非、一度、お参りしたいものです。

2016年2月12日
《2/12放送予定 ファミリーヒストリー
「手塚眞〜父は漫画の神様 ルーツは平安の武将〜」》
http://tezukaosamu.net/jp/news/n_1857.html

手塚家の家系図には、
平安時代に活躍した手塚光盛の名が。

長野の須川に光盛の子孫が一族を連れ落ち延びた。
須川の安楽寺に手塚吉兵衛の位牌が祀られていて、
吉兵衛は光盛の末裔と書かれている。

吉兵衛の息子は盛行。
水戸藩の徳川頼房に仕えたのこと。

水戸藩の屋敷があった東京の小石川の地図には、
水戸藩の屋敷近くに手塚良仙という名前があった。

良仙は小石川で開業して水戸藩に仕えていた。
手塚治虫さんの「陽だまりの樹」は、
その良仙の息子の良庵の半生を描いている。

https://tvtopic.goo.ne.jp/program/nhk/23759/957869/

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

自動車免許を返納した叔母。脚代わりのシニアカーの最新軽量モデルを知る。

東京の中心に住んでいる叔母。 買物できる場所は徒歩圏内。 また電車、バスの便が良 …

高齢者。お出かけはリュックで。転倒防止。骨粗しょう症予防。

2015年5月17日、日曜日。 人と会う用事があり、新宿に行きました。 そのあと …

「あずる」。祖母が生前よく使っていた方言。新聞記事を読んで、久しぶりに思い出す。

「あずる」という言葉をご存知でしょうか? 突然この言葉について書き始めたのは、 …

「借金ができる甲斐性」。亡くなった祖母が語っていた言葉。

昨日、このブログで女優の藤山直美さんの お父さんである、 藤山寛美さんのことを書 …

2016年2月3日、節分、慶應義塾中等部入学試験。福沢諭吉先生の命日「雪池忌」。お墓にお参り。

2016年2月3日、節分ですね。 近所の薬研堀不動では、 昼過ぎから豆まきが行わ …

久しぶりにあった知人。若返る。秘密はぴかぴかお肌。ポイントは3つ。

先日、久しぶりにあった知人。 なんだか若返っていました。 顔立ちや髪の毛の量、服 …

信号機。赤青緑の配列は? Googleのロゴの配色は? 人は見ているようで見ていない。課題を与えて脳を活性化。

インターネットを使った事がある方なら、 検索サイトGoogleはご存じで、 毎日 …

愛犬の脱毛、皮膚のただれで知った飽食の毒。ヒトも同じ。

少し前に、老犬を飼っている知人が 無添加、グレインフリー(穀物なし)の ペットフ …

中学卒業の時の記念品は何でした? 印鑑(認め印)の持つ力。

自宅の近所の中学校。 まもなく卒業式。 準備が進んでいます。 卒業の季節ですね。 …

40男だけでなく気をつけたい七つの病。人脈硬化。頑固変、NO梗塞。突発性癇癪。誇大承認要求。家族依存症。慢性性不全。

2016年3月22日29日合併号の 週刊SPA!。 その内容が新聞広告に出ていま …