亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「きれいな心のつくりかた」。価値の高いものは値切らない。

   

先日、新聞の書籍広告に、

が出ていました。

内容が箇条書きで示されていました。

《神主さんが教えてくれる
心を清らかにする生活術

・いらないものは潔く捨てる」
・価値の高いものは値切らない
・1日の中に「無音」の環境をつくる
・「今、この瞬間」に集中せよ
・年に2回ほは心と体の大掃除をする
・人と会う前にペットボトルの水で
手/口を清める
・絵文字・スタンプを使わない
・理解できないものも認める
・お米の「神聖な力」を噛みしめる
・小さな違いに目くじらを立てない
・ゴミ捨てで“厄”を落とす

今すぐでぎる!
気持ちのリセット&コントロール法》

眺めていて少し驚きました。

これまで両親・祖母などに教わった項目が
ずらりと並んでいたからです。

すでにこのブログで
詳しく記したものもあります。
(・1日の中に「無音」の環境をつくる
・「今、この瞬間」に集中せよ)

著者の石崎貴比古さんは、
茨城県石岡市にある1300年の歴史ある
常陸国総社宮の禰宜です。

《平成29年|2017年09月28日
【出版のお知らせ】常陸国総社宮 禰宜 石崎貴比古著『きれいな心のつくりかた』》
http://sosyagu.jp/%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B/96.html

こうした神道の教えというのは、
昔は、一般的に広く浸透していたのでしょうね。

それを子どもや孫に教えてくれていたのだと思いました。

今回、広告にあげられていた項目の中で、
一番、関心をひいたのは、

《・価値の高いものは値切らない」》です。

これは特に祖母がよく話していました。

「価値の高いもの」とは、祖母の場合、
職人などが技術、経験を込めて作ったもの、
手仕事を指していたようです。

そうしたものを、
例えば注文して作ってもらう場合、
決して値切ってはいけないと。

これには実利的な意味も含まれていたようで、
そうした職人、専門性の高い仕事の場合、
値切ると相手は、自分の能力、腕前を不当に
低く評価されたと感じてしまい、
存分に能力を発揮できない、気分が乗らない。

なので手抜きでというほどではないが、
気分よくしっかり仕事をできない。
それゆえ仕事の質が下がってしまう
ということがありうる。

そうした仕事の質の低下というのは、
素人にはなかなかわかりにくい。

それを防ぐためには、
決して値切ってはいけないのだと。

祖母は、値切る行為は、相手の能力・仕事を
正しく評価できない自分の力のなさと
考えてもいたようです。

値切るということは、相手の仕事・作品を
まっとうに評価できないという
こちらの能力の無さを表しているのですね。

こんな言い方もしていました。

「(自分がその)価値の分からない物には手を出すな」

それがどれほど素晴しい物なのか、
分からない場合は、買ってはいけないと。

物の価値がわからなければ、猫に小判。
活用できず死蔵することになる。
それは物やそれを作った人に失礼であると。

そんなことを久しぶりに思い出しました。

ちなみに著者のいらっしゃる常陸国総社宮は、
漫画家の手塚治虫さんと縁がある神社です。

たしかNHKの「ファミリーヒストリー」で
出てきた記憶があります。

《手塚治虫と常陸国総社宮》

《現在の石岡市が府中松平藩と呼ばれていた江戸時代末期、
藩主・松平播磨守に仕えた手塚良庵という藩医がいました。
世界的な漫画家・手塚治虫先生のご先祖です。
常陸国総社宮では当地と手塚先生の御縁にちなみ、
風土記勅撰千三百年の平成25年、手塚プロダクションの
協力を得て先生の作品を象った授与品の頒布を開始しました。》
http://sosyagu.jp/tezukaosamu/

残念ながらまだ訪れたことがないのですが、
是非、一度、お参りしたいものです。

2016年2月12日
《2/12放送予定 ファミリーヒストリー
「手塚眞〜父は漫画の神様 ルーツは平安の武将〜」》
http://tezukaosamu.net/jp/news/n_1857.html

手塚家の家系図には、
平安時代に活躍した手塚光盛の名が。

長野の須川に光盛の子孫が一族を連れ落ち延びた。
須川の安楽寺に手塚吉兵衛の位牌が祀られていて、
吉兵衛は光盛の末裔と書かれている。

吉兵衛の息子は盛行。
水戸藩の徳川頼房に仕えたのこと。

水戸藩の屋敷があった東京の小石川の地図には、
水戸藩の屋敷近くに手塚良仙という名前があった。

良仙は小石川で開業して水戸藩に仕えていた。
手塚治虫さんの「陽だまりの樹」は、
その良仙の息子の良庵の半生を描いている。

https://tvtopic.goo.ne.jp/program/nhk/23759/957869/

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

金持神社。金持箸。春。上京の際、母が持たせてくれた一膳の箸。

金持神社。 http://kanemochi-jinja.net/ ご存じですか …

思い込みを捨てる。 成功体験を捨てる。NHKスペシャル「人工知能 天使か悪魔か 2017」。人口知能が繰り出した奇想天外な初手を見て。

先日、NHKスペシャルでAIの特集がありました。 《人工知能 天使か悪魔か 20 …

知人から勧められたゼリー健康法。ゼラチンを買って手作り。良質なタンパク質は高齢者ほど必要。

寒い間は、冷たいものは、 たとえ健康にいいものでも、 なかなかとりにくいものです …

男性の皆さん。顔は洗ってますね? では顔のマッサージは? 顔凝りをほぐすと、皮膚がきれいに眼もよく見えるとか。

寒い日が続きます。 朝、冷水で顔を洗うのがつらくて、 顔を洗わずすます。 なんて …

夏に向けて、土いじり、苗を植える。成長が楽しみというご近所さん。

すでに退職されたご近所さん。 今朝、プランターに土を入れ、 何種類かの苗を植えて …

郵便局の人がわが家にお米を持ってやってきた。その訳は。

昨日、電話があり、近所の郵便局の人が、 わが家に今日の昼、やってきました。 手に …

ドクダミの花を道端に見つける。十薬、ドクダミ茶、化粧水の思い出。

先日、杉並区の取引先に向かう途中、 信号待ちをしていたとき、その先の道端に、 白 …

知人がこの冬、買って感動するほど良かったものは? 卓上切り出し七輪。

久しぶりに食通の知人に会いました。 会ってすぐに彼が話し始めたのは、 この冬買っ …

アイヌ民族の「恋マリモ伝説」は創作だった。長年信じていたのに。ジュリエットの館。聖地巡礼。

あなたはマリモ栽培の経験はありませんか? もうずいぶん前ですが、はやってましたよ …

日本の新幹線は高いのか? イタリアの友人。東京から京都行くのに飛行機利用。理由は……。

新年。 イタリア・ボローニャから、 日本の娘さんのところに来た イタリア人の友人 …