亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

11月22日は「いい夫婦の日」、そして11月23日は「いい夫妻の日」。ほんと? この日を結婚記念日に。

   

先日、錦糸町のオリナスという
ショッピングセンターに行きました。

中に入っている花屋さんの店先に、
《11月22日は「いい夫婦の日」
11月23日は「いい夫妻の日」》
との貼り紙がしてありました。

22日は知っていたのですが、
23日は勤労感謝の日としか知らなかったので、
店員に尋ねみたら、どこの団体が定めた
ということは知らないものの、ともかく
「い(1)い(1)ふ(2)さい(3)」の語呂合せで
「いい夫妻の日」だとか。

帰宅後調べてみたら、夫婦関係の記念日は、
上の二つの他に、
よい夫婦の日 4月22日
いい夫婦の日 11月22日
夫婦の日 2月2日
夫婦の日 毎月22日
があるようです。

結構、ありますね。

「いい夫婦の日」の11月22日は、
余暇開発センター(現在の日本生産性本部余暇創研)が、
1988年に、「いい(11)ふうふ(22)」の語呂合せ、
そして11月が「ゆとり創造月間」の期間中であることから
制定したとのことです。

この日に、「パートナー・オブ・ザ・イヤー」が発表されます。
http://www.fufu1122.com/

今年は、西川きよし・西川ヘレン夫妻。
そして中山秀征・白城あやか夫妻の
2組が選ばれました。

http://www.fufu1122.com/poy/

こうした記念日にちなみ、
この日に結婚したり、入籍したり
というカップルも多いんだそう。

今日を結婚記念日にしている、
知人夫婦がいます。

結婚してから数年後に、
旦那さんにこっそりその訳を聞いた所、
世間がこの日は「いい夫婦の日」と騒ぐので、
絶対忘れないと思ってこの日に決めたそう。

周囲の夫婦、特に夫の方は、
結婚記念日を忘れることが多いらしいので、
絶対に忘れない日をとの希望があるよう。

結婚されている男性のあなた。
いかがですか。

結婚記念日をいつにするか。

入籍日、結婚式を挙げた日が多いようですが、
全く関係ない日を選ぶカップルも。

入籍日、挙式を挙げる日は、
日本の場合、大安吉日とのからみがあるので、
良き日でしかも、自分たちの希望と重なる日を
選ぶのは結構、難しそうです。

知合いなどから聞いた結婚記念日の
第1候補は妻の誕生日。

ただ女性は一つ年を取る前に
結婚を早めたいと思うそうで、
知人の場合は、奥さんの誕生日には
ならなかったそうです。

出会った日、付き合い始めた日なども
候補日の一つ。

バレンタインデー、ホワイトデー、
七夕、クリスマスといった
愛に関する日も多いみたいですね。

これだと確かに忘れないなー。

《入籍・婚姻届/入籍日の決め方
2017年、入籍に良いおすすめの日》
https://allabout.co.jp/gm/gc/457442/

知人夫妻。
今日はどんな記念日を
すごしているんでしょうか。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

夢実現ノート。言語化、視覚化の効果。旅の思い出ノート作りの記事を読んで。

今朝、2016年9月19日の毎日新聞の 《くらしナビ スローライフ》は、 《旅の …

毎日、前腕が凝ってしょうがない。同じ悩みを持つ友達から教わった解消法。

毎日、パソコンを かなり長時間、使っています。 キーボードでメール、企画書、 報 …

「借金ができる甲斐性」。亡くなった祖母が語っていた言葉。

昨日、このブログで女優の藤山直美さんの お父さんである、 藤山寛美さんのことを書 …

日刊スポーツで男性更年期の特集。9月から開始。三浦雄一郎さん。ビートたけしさんも悩む。

女性の更年期。 良くしられています。 男性にも同様な更年期があることが、 少しず …

涙のカステラパン。中学の時に食べたパンで同窓会が大盛り上がり。食の記憶。

中学生の時って何であんなに お腹をすかせていたんでしょう。 部活の前と後、学校の …

お母さんの手作りドーナツ。

ドーナツ、お好きですか? 今、コンビニストアでも売られていますね。 年齢のせいか …

元若島津の二所ノ関親方、サウナ帰りに倒れて開頭手術。ヒートショックの危険性。

元大関若嶋津の二所ノ関親方が2017年10月19日の 午後4時すぎに、船橋市の指 …

温活に効果ありと知合いが勧めるのは、マカカレー。

何年か前から、温活をやっています。 師匠というか、情報源の知合いがいます。 その …

鎌倉大仏。2016年1月~3月、調査のため、拝観できず。

去年、本当に久しぶりに長谷寺と 鎌倉大仏を訪れました。 鎌倉大仏では、胎内巡りも …

「思い出とは?」「過ぎ去ったもののことをいうのではない、過ぎ去らなかったもののことを言うのだ」。

ノンフィクション作家・久田恵さんの 産経新聞の連載「家族がいてもいなくても」。 …