亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「的を得る」は誤用ではない。誤用説の大元、三省堂国語辞典第7版で誤用説を撤回。

   

「的を得る」との表現、
あなたは、どう思われますか?

「的を得る」は、「当を得る」「要領を得る」との
混同からの間違いで、「的を射る」とするのが正しいと。

自分もそのように思っていました。

文化庁が発表した平成24年度の「国語に関する世論調査」では、
「的を射る」を使う人が52.4パーセント、
「的を得る」を使う人が40.8パーセント
との結果が出ています。

ところが、この誤用説は誤りで、
「的を得る」も正しい表現であると
誤用説を唱えていた三省堂国語辞典第7版が認めたというのです。

どういうことなんてしょう。

実は、三省堂国語辞典が、「的を得る」を「誤用である」としたことで、
それが多くの本、メディア、またほかの辞典にも広がっていったそう。

ところが、その頃から、この誤用説は根拠が不明量であるとして、
批判していた人たちもいたのですが、三省堂国語辞典の権威の前に、
その主張は認められなかったようです。

ところが、2013年12月に三省堂国語辞典の第7版が発売になりました。
その版から、「的を得る」が一つの項目として採用され、誤用ではない旨、
記されたのです。

編集者である飯間浩明さんは、ご自身のtwitterで、
「『三省堂国語辞典』第7版では、従来「誤用」とされていることばを再検証した。
「◆的を得る」は「的を射る」の誤り、と従来書いていたけれど、撤回し、おわび申し上げます。」
と書かれています。

誤用が時代の流れで、誤用でなくなったということではなく、
誤用説そのものが誤りであったと撤回したんですね。

うーん。

今、大辞林、明鏡国語辞典などを見てみると、
まだ「的を射る」が正しく、「的を得る」は誤りであると書かれています。
これも次の改訂では改められるのでしょうか?

辞書にも誤りはある。
ほかにもこうした誤りはありそうですね。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

新聞を読む。ニュース番組を見る。わからないこと、新しいことは図書館で調べる。

予約した本を受け取りに 近所の図書館に。 そのついでに雑誌や 新しく入った図書を …

死ぬまでに泳げるようになりたい。その願いをかなえてくれたのは、最新の浮く水着。

知合いの高齢の女性。 ずいぶん前に、自分がプールに通い、 水中ウォーキングや水泳 …

高山に住む母の同級生からの電話。病院で診てもらったら、「栄養失調」だった。

岐阜県高山市に住む母の同級生から、 母に、2015年11月14日、電話があったそ …

開脚も簡単? 股関節と肩甲骨を柔らかに。ストレッチ専門店に通う知合い。効果は?

あなたは体が硬い方ですか? 柔らかい方ですか? 小さい頃は前屈、後屈も得意で 手 …

坂岡洋子さんが教える老前整理、5つのポイント。

日本で初めて「老前整理」を唱え、 老前整理コンサルタントとして活躍されている 坂 …

買って50年。ようやく咲いた花。87歳の女性宅の庭で。アオノリュウゼツランの思い出。

少し前の新聞に、個人的にすごく 興味を引いた記事が出ていました。 福岡県豊前市に …

猫、犬などのペット問題。自分が亡き後、どうするか? 万が一の時のための互助組織、サービス。

知合いの同年代の女性。 どちらも高齢の犬と猫を飼っています。 少し前、その彼女の …

終活カフェ「ブルーオーシャンカフェ」が東京都江東区に。

終活。 自分の人生の最期をどのようにするのか。 そのための活動。 すっかり一般的 …

大竹しのぶさんがスリランカで体験したシロダーラ。悲しい思い出が次々と。

女優・大竹しのぶさんが、 朝日新聞夕刊に連載しています。 3月10日の話題は、 …

「荷物は小さく軽く」。身軽にして、動きやすく。元祖ミニマリストの祖母の教え「人生の荷物も小さく軽くが良し」。

東京のお盆は過ぎてしまいました。 母が亡くなった祖母のことについて、 語るとはな …