亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「的を得る」は誤用ではない。誤用説の大元、三省堂国語辞典第7版で誤用説を撤回。

   

「的を得る」との表現、
あなたは、どう思われますか?

「的を得る」は、「当を得る」「要領を得る」との
混同からの間違いで、「的を射る」とするのが正しいと。

自分もそのように思っていました。

文化庁が発表した平成24年度の「国語に関する世論調査」では、
「的を射る」を使う人が52.4パーセント、
「的を得る」を使う人が40.8パーセント
との結果が出ています。

ところが、この誤用説は誤りで、
「的を得る」も正しい表現であると
誤用説を唱えていた三省堂国語辞典第7版が認めたというのです。

どういうことなんてしょう。

実は、三省堂国語辞典が、「的を得る」を「誤用である」としたことで、
それが多くの本、メディア、またほかの辞典にも広がっていったそう。

ところが、その頃から、この誤用説は根拠が不明量であるとして、
批判していた人たちもいたのですが、三省堂国語辞典の権威の前に、
その主張は認められなかったようです。

ところが、2013年12月に三省堂国語辞典の第7版が発売になりました。
その版から、「的を得る」が一つの項目として採用され、誤用ではない旨、
記されたのです。

編集者である飯間浩明さんは、ご自身のtwitterで、
「『三省堂国語辞典』第7版では、従来「誤用」とされていることばを再検証した。
「◆的を得る」は「的を射る」の誤り、と従来書いていたけれど、撤回し、おわび申し上げます。」
と書かれています。

誤用が時代の流れで、誤用でなくなったということではなく、
誤用説そのものが誤りであったと撤回したんですね。

うーん。

今、大辞林、明鏡国語辞典などを見てみると、
まだ「的を射る」が正しく、「的を得る」は誤りであると書かれています。
これも次の改訂では改められるのでしょうか?

辞書にも誤りはある。
ほかにもこうした誤りはありそうですね。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

夏木マリさんのご先祖様はフランス人? わが家の言い伝えも……。

家族の歴史を本人に代わって取材し 紹介するNHKの「ファミリーヒストリー」。 2 …

ドラマ「愛という名のもとに」を見て涙した国会議員の現在は? 東京新聞のコラム「筆洗」。

ドラマ「愛という名のもとに」。 40代以上の方は覚えているのではないでしょうか? …

今年2015年は、平成27年。そして昭和90年。明治148年、大正104年。

2013年12月に、サザンオールスターズの桑田佳祐さんが、 「昭和八十八年度! …

「ながら」を止めてみてわかったこと。一つ一つに丁寧に向き合う大切さ。

2016年12月に、 《「十人の敵は一人一人やっつけなさい」「問題は縦に並べなさ …

「鑿(のみ)と言えば槌(つち)」。気働き。「一を聞いて十を知る」。

あなたは、 「鑿(のみ)と言えば槌(つち)」(もしくは「鑿と言わば槌」) という …

アメ好きの知り合いの女性。アメを減らして、乳酸菌タブレットをなめ始めて……。

関西の女性、特に熟年から上の 世代の方は、アメを必ず持っているといいます。 自分 …

不食の本の広告を見て思い出した。「ばあちゃん」から聞いた、不食不老の不思議な女性のお話。

先日来、新聞に、 の広告が掲載されています。 広告、書籍の紹介によれば、著者は、 …

1月25日、初天神。思い出すのは落語と祖母。

1月25日は初天神でしたね。 菅原道真をお祀りする天満宮に、 その年初めてお参り …

日刊スポーツで男性更年期の特集。9月から開始。三浦雄一郎さん。ビートたけしさんも悩む。

女性の更年期。 良くしられています。 男性にも同様な更年期があることが、 少しず …

初月給。母親の遺品を整理。鏡台の引き出しに残されていたのは……。

4月25日は、 「ファーストペイデー(初任給の日)」 と呼ばれるのだそう。 初め …