亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

かかりつけの医師が母に食べることを勧めた食品。それは鮭フレーク。

   

長年、病気とは無縁だった母。
すこし体調を崩し、食欲が落ち、
やせてしまいました。

かかりつけの病院に行き、先生に診てもらいました。
胃や尿の検査を受けたところ、特段、悪いところは
なかったので、一安心ですが、念のために、さらに
腸の検査も行うとのこと。

そうした検査のほか、指導されたのは、
このブログでも何度も書いています、
栄養、中でもタンパク質(アミノ酸)を積極的にとること。

高齢者、とくに65歳以上過ぎると、
休息に筋肉の量が減っていきます。
それを防ぐためには、筋肉を構成している
タンパク質を成長期の年代の人並みにとる
必要があるのだとか。

肉、魚、牛乳、乳製品、卵、豆腐(大豆製品)など、
良質なタンパク源は数多くあります。

そうした中で、手軽に食べられるとして
勧められたのが、鮭のフレーク。
加熱した鮭の身をほぐしたものです。

鮭は、タンパク質が豊富なことはもちろん、
DHAも多く含まれています。

DHAは、中性脂肪の生成を抑え、脂肪の分解を促し、
脂肪を追い出す働きがあるんだそう。
鮭は、DHAを多く含むほかの魚に比べ、鉄分の含有量が少なく、
鉄代謝がうまくいっていない脂肪肝の人にも負担が少ないとのこと。

また鮭のあの赤色は、アスタキサンチンというカロテノイドの色。
カロチノイドはいろいろな種類がありますが、
アスタキンサチンの抗酸化力はとても強くて、ベータカロテンのおよそ40倍、
ビタミンEのおよそ500倍もありんだそう。

アスタキサンチンは、活性酸素を除去し、免疫力を高める作用も。
また血行を改善し、悪玉コレステロールの増加も防いでくれると。

がん、心筋梗塞、脳卒中の予防に効果的ということですね。

さらに抗酸化力が高いので、体全体を若返らせてくれるんですね。

こうした素晴らしい栄養、物質を含む鮭は、
毎日少しずつでも積極的にとりたいスーパーフード。

そのフレークは、保存ができ、安価で、すぐに食卓にだせ、
骨もなく調理の必要もないので、特に高齢者にお勧めという訳です。

という訳で、わが家では、
先日書いたブロッコリー・スプラウトとともに、
鮭のフレークがはいった瓶が冷蔵庫に入っており、
母は毎食、それをスプーンで少しずつ取っています。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

今まで包丁すら握ったことがない知合いから、鶏ハムと自家焙煎珈琲豆をもらった。自炊が寿命を延ばす?

以前、高齢者の世話をする専門家の方から お話を伺ったことがあります。 たくさんの …

106歳の先生がおよそ80年前の教え子に手紙。宛先不明。郵便局員が懸命の努力で配達。

台湾から夏の甲子園に出場し、準優勝した 嘉義農林学校の活躍をテーマにした映画「K …

申年の赤い下着で病気知らず。イタリアでは大晦日に赤い下着で福を呼ぶ。

もうずいぶん前になります。 巣鴨のとげ抜き地蔵にお参りした後、 参道の商店街を見 …

「お前はまだ人生の歌を残していない。生きて、歌を残しなさい」。イヌイットの古老が若きC.W.ニコルさんに語った言葉。

作家のC・W・ニコルさん。 長野県の黒姫の山に、「アファンの森」を作り、 自然を …

「もう浅草の『まるごとにっぽん』に行った?」と蔵前のおばさん。「新しいことに興味がなくなったらおしまいよ」。

2015年12月14日、浅草六区に 日本全国の名産が集まった商業施設 「まるごと …

あなたは地元の歴史や地理を知っていますか? 定年後、地元について勉強し始めたという人。

あなたはお住まいの地域の 歴史や地理をご存じでしょうか? 先日、埼玉県熊谷市に行 …

がん治療にも有効? 美白にも最適という驚きのビタミンC。ご存じですか? 高濃度ビタミンC療法。

周囲の友達、知合いがガンになり、 それをきっかけにガンについて調べました。 その …

「春冷えに用心」。知人の男性の対策は、薄手の登山用下着。

お花見頃の冷えを「花冷え」なんていいます。 冬から春にかけては、暖かくなったと思 …

年を取ってから、小中高時代の教科書が懐かしくなり、買い求め、学び直し中の知合い。大人の教科書。

学生の時は読みのが苦痛。 卒業すると、もう不要とばかりに捨てた。 そんな方、多い …

暖かくなっても「冷え」にはご注意。靴下をはいて、冷たいものを避ける。

暖かいというか、時には 夏のような暑さも感じる季節になりました。 冷たいものが欲 …