亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

元アナウンサー・山川静夫さん。「説似一物即不中(せつじいちもつそくふちゅう)」とは?

   

10回にわたり朝日新聞夕刊に掲載されていた
山川静夫さんのインタビュー。

最終回10回目は、7月3日に掲載されました。

その中にあげられた言葉に感銘を受けました。

朝日新聞、2015年7月3日、
《(人生の贈りもの)わたしの半生
元アナウンサー・エッセイスト、山川静夫:10 82歳》
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11840319.html

《――もうひとつ、今後アナウンサーは、
テレビはどうあるべきだとお考えですか。

禅宗に「説似一物即不中(せつじいちもつそくふちゅう)」
という言葉があります。何かについて、こういうものだ
とえらそうに言っても当たっていないことが多い
という意味だそうで。つまり決まった答えはない
ということでしょう。
アナウンサーもテレビについても、
正解は色々あり得ると思いますよ。》

この言葉は、中国の唐時代中期の
南嶽懐譲(なんがく・えじょう)禅師の言葉だそう。

南嶽懐譲(なんがく・えじょう)禅師は、
前州玉泉寺で出家。後に、嵩山(すうざん)の
慧安(けいあん)和尚のもとに。
さらにそこから曹渓(そうけい)の
六祖大師の元に向かいます。

その六祖が悟りを求めてきた、
懐譲に次のように問います。

「いずれの所よりか来たる」
「嵩山(すうざん)より来たる」

「何物がここへ、このようにやって来たのか」
(「あなたは何者か?」と自己存在を問う)

ここで答えに詰まったは、この六祖のもとで
8年の修行の日々を送ったと言います。

そしてある日、悟るところがあり、
上の問いに対し、
「説似一物、即不中(せつじいちもつ・そくふちゅう)」
と答えたとされるのです。
(すぐに答えたと伝えている書もある)

この意味は、「言葉であれこれ説明しても、
的外れになってしまいます」。

この言葉を聞いた六祖は、
「汝(なんじ)徹(てつ)せり」と答え、
悟ったことを認めたと言います。

懐譲(えじょう)は、師から許されたあと、
さらに15年間も、師に使え、さらに悟りを
深める修行を積んだとのことです。

自己が何者か、真理とは何か。
言葉は、真理そのものではない。
言葉のみでそれを伝えることは難しい。
言葉によりかえって真理から離れることもある。

いや深い世界です。

《-説似一物即不中- えしん先生の禅語教室 その9》
http://www.zenbunka.or.jp/zenken/archives/2009/07/post_648.html
《臨黄ネット》
《説似一物即不中(五灯会元) せつじいちもつそくふちゅう》
http://www.rinnou.net/cont_04/zengo/090701.html

関連エントリー
《人生やり残しリスト》
「愚かな愚かなわたしです。それさえしらぬわたしです」。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

十三参り。ご存じですか? 振り向いたばっかりに、記憶力が……。

杉並区の取引先で仕事が終わった後、 いつもとは違うところを経由して、 帰宅しまし …

おサイフケータイが新ポイントをもらえるサービスを開始。「ラッキータッチ」。

サザエさんではないですけれど、 ここ最近、お財布を外に出る時、 持って行くのを忘 …

スチューベンを久しぶりに食べて、味覚の変化を知る。

葡萄の美味しい季節ですね。 お好きな品種はありますか? 昔に比べ、 本当に種類が …

田中角栄都市伝説。目白の田中角栄邸から新潟県西山町の実家まで3回曲がるだけで着く。神楽坂の逆転一方通行。

「月曜から夜ふかし」という番組の 2015年5月4日放送で、 田中角栄の都市伝説 …

格安で松茸に味と香りはそっくりなきのこを買ってきてと母。スーパーで買って食べてみた。

昼過ぎ、母が、 「テレビでやっていたんだけれど、 格安だけれど、味と香りが松茸に …

お歳暮・お中元、年賀状のやめ時、やめ方。

まだまだ先だと思っていたら、 お歳暮商戦が始まりました。 昨日、デパートから母に …

「男性は献血をすると長生きできる?」。「いくつになっても年をとらない新・9つの習慣」

あなたは、献血をされたことがありますか? 献血のことを思い出したのは、 新聞に、 …

オバマ大統領は、黒人奴隷の末裔か? 丸山和也参議院議員の発言の波紋。

自民党の丸山和也・参院政策審議会副会長が、 2016年2月17日の参院憲法審査会 …

公園浴の勧め。芝生、観葉植物など身近な自然でリフレッシュ。

毎日のように近所の公園を巡っています。 ここ最近は桜の花の開花を楽しみにしていま …

懐かしや、乾布摩擦。知合いは日本手ぬぐい、シルクで実施。ストレッチも加える。凝り知らず。

大昔、幼稚園に通っていた頃、 冬の季節、登園して、みんなが集まると、 部屋に広が …