亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

肩凝り、眼精疲労。ドラッグストアなどでビタミン、サプリメントを買う前に。病院で処方すると10分の一以下で……。

   

眼精疲労、肩凝りで悩んでいる方、
多いのではないでしょうか?

かくいう自分もそうです。

最近は通っていないのですが、
仕事場の近くにある眼精疲労の眼科に通い、
眼精疲労の治療を受けていました。

冬には血行をよくするために、
毎晩、電子レンジでチンする目枕を使って、
目の周囲を温めていました。

少し良くなっていたのですが、
最近また目を酷使したせいか、
目の疲れ、痛み、そして肩、首、
背中の凝りがひどくなってきました。

そのため、目を休め、ストレッチ、
自分の手によるマッサージで、
身体を動かし、ほぐすようにしています。
しかしなかなか症状は改善されません。

そこで頼るのは、
ビタミンB群などのサプリメント。

最近、テレビで大々的に眼精疲労用の
サプリメント(ビタミン剤)の
コマーシャルが流れていますね。

わらにもすがる気持ちでドラッグストアに行き、
買って試そうと思ったのですが、そのとき、
以前、眼科医の先生から言われたことを思い出しました。

それは、市販の例えばビタミンB群や眼精疲労に
良いとされる成分が入ったサプリメント。

それと同等の性能を持つものを、
病院でも処方できるということです。
しかも、保険がきくので、市販のものより格安で。

例えば、自分が買おうと考えていたサプリメント。

値段は、ネットやお店によって違うのですが、
安いところでも180錠で4700円ほどします。
1回1錠で1日3回なので1日3錠、
180錠は、60日分およそ2ヶ月分です。
1ヶ月およそ2350円。

一方、病院での処方の場合ですが、
同様の製品に「メコバラミン」
というものがあります。

これを1ヶ月分90錠処方してもらうと、
薬代はおよそ500円ほど。(薬価は1錠5.6円)
保険がききますので、3割負担だと150円ほど。
(処方料、薬局での技術料がさらにかかりますが……)

ビタミン剤の値段だけを考えるなら、
10分の一以下ですね。

病院に行く時間がないという方も
いらっしゃると思いますが、
肩凝り、首凝りが、思わぬ病気の症状で
あることもあります。

市販のサプリメントなどを買うのは、
手軽で良いのですけれど、それで済まさず、
やはりその前に一度、病院に行き、診てもらう
ことは大事なことなのかもしれません。
(眼科のほか、肩凝りなどの場合、整形外科でもOK)

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

台風、長雨で頭痛。周囲に意外に多い天気病。その対策は?

2017年10月22日、選挙の投票日ですが、 日本列島を縦断するように台風が近づ …

マスターズ陸上。75~79歳の部門で3種目の世界記録保持の中野陽子さん、79歳。2016年の東京マラソンで世界記録を狙う。

以前、中野陽子さんという女性を ご紹介したことがあります。 「全日本マスターズ陸 …

最期まで現役。医師の日野原重明さん。105歳で亡くなる。

100歳を過ぎても医師、講演、執筆など 活動を続けていた日野原重明さんが、 20 …

夫と妻の二人で「冷え取り」=温活をして、妊活に成功。

体調をよくするため、 温活、体温を上げる生活をしています。 先日、知合いから聞い …

定年を迎えた従兄弟や知合いが最近、行っていること。共通して出てきた言葉は「ボランティア」と「恩返し」。

今朝、ご飯の時に母が、 明日、久しぶりに従兄弟夫妻がやってくる と伝えました。 …

「あずる」。祖母が生前よく使っていた方言。新聞記事を読んで、久しぶりに思い出す。

「あずる」という言葉をご存知でしょうか? 突然この言葉について書き始めたのは、 …

サンマ不漁、やせて小さな初さんま定食を食べて思い出した「サンマの教え」。

サンマが不漁で 気仙沼で開かれる予定だった 「『海の市』サンマまつり」が 中止に …

自分の記憶を信じない。仕組みでカバーする。

先日、新聞に全面広告で掲載された 2017年9月5日発売のロッテの 「記憶力を維 …

永六輔さん。亡くなる。各地を旅して、そこの体験、空気を、放送で伝える。民俗学者・宮本常一の言葉を実践。

放送作家、作詞家、エッセイスト、 ラジオパーソナリティなど 数多くの肩書きを持ち …

「目習い」「目養い」。ものを習得し、極めるには、「手習い、目習い、耳習い」。

2015年11月16日の朝日新聞朝刊。 《Re ライフ》で、書道が特集されていま …