亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

最近の小学生の鉛筆はHBよりB。鉛筆の哲学。

   

小学校の頃、使っていた筆記具といえば、鉛筆。

小学校にあがる前に、お祝いに、
いろいろともらいましたが、
その一つが、鉛筆でした。

手動の鉛筆削りで自分で削った鉛筆。
それで書いた字のことを思い出します。

少し前から新聞各紙に出ていたのですけれど、
本日2015年7月14日の日経新聞夕刊に、
《HBイヤ 濃いめが好き》と言う
鉛筆にまつわる記事が掲載されています。

最近の小学生は、6年生になってもHBではなく、
Bの鉛筆を使い、そのためか、大手メーカーの
出荷量では、2BがHBを逆転したのだとか。

その理由は?

鉛筆の持ち方が不安定で、
筆圧が弱い子が増えていることが、
原因の一つとされているそうです。

1、2年生の頃は、指の力が弱かったのか、
手、指が小さかったのか、正しく
持つのに苦労しました。

あなたはいかがでしたか?

鉛筆を正しくもてるための道具もありましたね。
お箸を正しく持たせるために似たもの。

近所に住んでいた親戚の同級生。
彼女は字がとても上手かったのですが、
3つ下の弟の分も含め、鉛筆は、
そこの母親とお手伝いさんが、
毎朝、丁寧に肥後守できれいに削っていました。

同級生は、その姿を見ていたので、
鉛筆を大事に使い、一字一字、きちんと
字をきれいに書かねばならない
と子ども心に思っていたそう。

またお手伝いのおばさんから聞かされた話も
鉛筆を大切に使うようになった理由とか。

そのおばさんは、家が貧しく、
小学校しか出ていないのですけれど、
学校に上がるときに、両親が鉛筆を
2本買ってくれたそう。

そして削り方を教えてくれ、
次のように語ってくれたといいます。

鉛筆は自分の身を削り、芯を出す。
その芯も使われて、字となり、
使う人の頭の中に学問を残す。

自分もこの話を小学生の頃に、
聞いていたのですが、その時は、
全然、ピンと来ていませんでした。

今になって考えると、素晴らしいことを
話してくれていたんだなーと感じます。

鉛筆を使い、手書きで文字を記すことが
少なくなった昨今ですが、手書きすることは、
脳を活性化させると言います。

たくさんの方からプレゼントしてもらい、
一生分、使い切れないほどある鉛筆。
少しは、使わないとなー。

関連エントリー
《人生やり残しリスト》
鉛筆の精神とは? 北星鉛筆。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

麺のすすり音をカムフラージュするフォーク「音彦」の予約を日清食品が受付開始。

このプレスリリースを読んだとき、 冗談、エイプリルフールではないか と疑いました …

天然樟脳の防虫剤の思い出。福岡県みやま市の内野樟脳。

あなたは「樟脳(しょうのう)」をご存じでしょうか? ある程度の年配の方なら、あの …

コクヨが座りながら運動出来る椅子を発表。座りすぎは寿命を縮める。

営業で外を歩き回る方、大変だと思いますが、 もしかしたら体のためにはよいのかもし …

フードロスと「関東の一つ残し」。

食の仕事をしている方と食事をしました。 その方が、 今一番関心をもって 取り組ん …

仲間はずれはどれ? 「ジャガイモ、ナス、タマネギ、ニンジン、ダイコン」。

小さいころ、「仲間はずれを探す」 という問題が不得意でした。 あなたはいかがでし …

「柏餅の葉、高くて困った」との記事で思い出す、柏餅の由来話。

まもなくこどもの日、 昔は端午の節句。 この日前後に柏餅をいただきますね。 今日 …

久しぶりの歯医者。歯石クリーニングで教えられた、口の中をきれいにし長生きするコツとグッズ。

久しぶりに歯医者に行き、 歯石取り、そして クリーニングをしてもらいました。 会 …

知合いが始めた定期契約・支出の見直し、カット。リスト化しておくと、万が一の際、遺族が助かる。

あなたは定期的 (毎日、週間、月間、季間、年間など)な契約を どのくらいされてい …

運動、調理、雑用など、高齢者の毎日の生活に欠かせないものとは?

知合いの高齢者にある身近なグッズが、 毎日の生活を驚くほど快適にしてくれた と聞 …

「目習い」「目養い」。ものを習得し、極めるには、「手習い、目習い、耳習い」。

2015年11月16日の朝日新聞朝刊。 《Re ライフ》で、書道が特集されていま …