亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

もっと卵を。良質安価なタンパク源で虚弱・寝たきりを防止。コレステロールも心配なし。日本は「たまご大国」。

   

卵、召しあがっていますか?

コレステロールの制限で、
昔は1日1個までと言われた卵。
けれど、卵のコレステロールは、問題ない
ということで、制限しなくてもよい、
むしろ積極的に卵をとりなさい
というのが、最近の栄養学、
医学の主流な考え方だとか。

〇卵は動物性タンパク質をはじめ
多くの栄養素が含まれているスーパーフード。
〇肉、魚に比べて、余分な脂もとらず手軽に食べられる。
〇うつ・メタボ・認知症を予防
〇美肌、育毛効果。爪もしっかり。

2015年7月27日、日本経済新聞夕刊に、
《『たまご大国』技術輸出》
との記事が掲載されていました。

「たまごサミット2015イン東京」が
7月31日から8月2日まで開催されるという内容です。

このサミットは、日本の優れた卵生産の技術を
東南アジア諸国連合などに紹介するというイベント。

日本の養鶏技術、生でも食べられる品質管理、
流通のノウハウは世界に冠たるものなんですね。

それに比べて亜細亜では、そうした技術、ノウハウが
不足しているので、卵の需要が大きいのに、生産量は少ない。

日本は、鶏卵が畜産業総産出類の16%をも占め、
さらには、国民1人あたりの年間消費量は、
メキシコについで世界2位の「卵大国」。

一昔前は、日本も個人が細々と
経営する養鶏だったため、
卵はかなりの貴重品でした。

その後、養鶏業界が、改良を重ね、
進化をしたおかげで、大量生産が可能になり、
われわれは、卵を気軽に買い求めることが
できるようになりました。

卵に関しては恵まれている日本。
しっかり卵をとって、栄養を補充したいですね。

《マガジンハウス 卵を食べれば全部よくなる》
http://magazineworld.jp/books/paper/2722/

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

台風、長雨で頭痛。周囲に意外に多い天気病。その対策は?

2017年10月22日、選挙の投票日ですが、 日本列島を縦断するように台風が近づ …

元若島津の二所ノ関親方、サウナ帰りに倒れて開頭手術。ヒートショックの危険性。

元大関若嶋津の二所ノ関親方が2017年10月19日の 午後4時すぎに、船橋市の指 …

懐かしの「がんづき」。毎日新聞のおかん飯で紹介。岩手のお菓子だったんだ……。祖母の「雁月」。

甘い物はお好きですか? お好きな方、「がんづき」 というお菓子をご存じでしょうか …

麺のすすり音をカムフラージュするフォーク「音彦」の予約を日清食品が受付開始。

このプレスリリースを読んだとき、 冗談、エイプリルフールではないか と疑いました …

忙しい時ほど呼吸を深く。ストレス解消し、頭スッキリ、脳活、アンチエイジングに。

師走もいつの間にか12日になりました。 2015年12月5日に放送された、 TB …

菊見、菊見酒。菊祭り。父の菊作りから知った一輪を愛でるまでの手間と苦労。

先日、浅草の仲見世の近くに行ったとき、 浅草寺で毎年恒例の「浅草菊花展」が 開催 …

懐かしい。「昭和の消えた仕事図鑑」。赤帽、金魚売り、ポン菓子屋、ロボのパン。

自分が小さい頃、夏の暑い自分に、 近所を回ってきたのは、金魚売りでした。 たらい …

肝腎=最も大事なところ。腎臓を温めると病知らず。カイロを貼ると目が楽。眼精疲労に効果あり。

温活をしています。 食べ物、サプリメント、運動、 様々なグッズを使って、 体が冷 …

退職金を使ってリフォーム。掃除不要のバスタブ、換気扇に奥さん大満足。

定年退職して退職金をもらった知合い(男性)。 子供部屋をリフォームして、 趣味の …

「汗と涙の結晶」は「the crystal of sweat and tears」で通じる? ホンダジェットの藤野道格(ふじの・みちまさ)社長のスピーチより。

2016年2月4日、朝のNHKニュース「おはよう日本」の中で、 ホンダジェットが …