亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

がん治療にも有効? 美白にも最適という驚きのビタミンC。ご存じですか? 高濃度ビタミンC療法。

   

周囲の友達、知合いがガンになり、
それをきっかけにガンについて調べました。

その中で、ガンの予防、治療方法に、
自己免疫療法そして
高濃度ビタミンC療法がある
と知りました。

この話を同年代の女性としました。
彼女はそのどちらの療法とも知っていて、
がん治療としてだけでなく、
美容、アンチエイジングとしても
やっている人が多いと教えてくれたのでした。

あなたはご存じでしたか?

その女性は、自分では実行しては
いなかったのですけれど、
その人の知合いは、定期的に
高濃度ビタミンC療法を行っていると。
(自己免疫療法を美容目的で実行している人もいるらしい)

その方の通っているクリニックが、
自分の家のすぐ近くだったのにも驚きました。

この高濃度ビタミンC療法は、
文字通り高濃度なビタミンCを
点滴で大量に身体に補給するというもの。

ビタミンCは、口からもとることができますが、
この場合は点滴なので、即座に胃腸に負担をかけることなく、
高濃度のまま吸収できるとのこと。

がん細胞は、ブドウ糖と結びつきやすい。
ビタミンCはそのブドウ糖の構造に類似しており、
がん細胞がブドウ糖と間違ってとりつきやすいと。
ビタミンCがとりついたがん細胞は、強い酸化作用により死滅。
(過酸化水素がガンを攻撃)
一方で、ビタミンCは正常細胞には何のダメージも
与えないので、がん細胞だけ狙い撃ちして
やっつけることができる。
またビタミンCは免疫力を高め、抗ストレスとしても働くと。
(ノーベル化学賞を受賞したアメリカの
科学者ライナス・ポーリング博士が提唱した治療法とか)

美容としては美白のほかコラーゲン再生、
免疫力向上などに効果があるようです。

いいことだらけのようですが、欠点は、値段。
自由診療なので値段はまちまちですけれど、
1回1万円近くします。
(含まれるビタミンCの量にもよる。浅草に激安だけれど、
信頼できるクリニックがあるらしい)
また点滴なので、時間もかかります。(1回1~2時間)

こうした知識を得て、再び、先にあげた知合いと話していたら、
さらなる新たな情報を教えてもらいました。

最近の女性は、この高濃度ビタミンC療法と、
同等な効果があるビタミンCのサプリメントを
とっているんだそう。

がん治療というより、
美白、美容目的らしいのですが。

効果がすごいと評判なのが、
「リポソームビタミンC」。

「リポソーム」は、リン脂質によってできている
超微細な球状のカプセルのこと。
このカプセルの中にビタミンCが入っています。

一般的なビタミンCのサプリメントと、
何が違うかというと、その吸収率。

一般的なものは、一定量以上を超えると、
体外に尿として排泄されます。
ビタミンCサプリメントを取った後、尿が黄色くなることを
経験した方は多いと思いますけれど、あれは
吸収されなかったビタミンCなんですね。

一方、リポソームに入ったビタミンCは、
胃では吸収されず、小腸で吸収。
このため吸収率は製品によっては98%もあるとか。

リポソームビタミンCの製品の1つが、
「Lypo-C(リポ・カプセル ビタミンC)」。
公式サイト
http://lypo.medsup.jp/

日本で2015年1月ころから販売が始まったようです。
国内の各種クリニックで取り扱っています。
値段は1箱30袋入りで7200円。

高濃度ビタミンC点滴に比べれば安いのですけれど、
多くの人は、それ以前から別の方法で、
このリポソームビタミンCを手に入れていたと。

それは海外輸入。

アメリカでも上と同じ製品もしくは、
同種の製品がいくつも販売されているのですけれど、
それを個人輸入していたとのこと。

値段は、日本のほぼ半額もしくはそれ以下。

輸入サイトの中でも有名なサイトが
iherb
http://jp.iherb.com/

昔は個人輸入というと、いろいろと大変でしたが、
最近は、業者が国内か外国かの違いだけで、
日本語で気軽に注文し購入可能だとか。

この一連の話で感じたこと。

それは、女性の美、アンチエイジングを追求する姿勢、
またその情報収集能力さらには実行力はすごい
ということ。
もちろん男性にもそうした方はいらっしゃるでしょうが、
女性の方が多そうな気がします。

医学、美容の分野は当然ながら日々進化しています。
もう昔の常識では間に合いません。

科学の進歩を利用し、健康、美容を保つためには、
最新の情報を知る必要があるとしみじみ感じました。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

高齢者。恐い、薬の飲み合わせで体調不良。飲み残し。

高齢者の中には、内科、皮膚科、 耳鼻いんこう科、歯科、整形外科など、 複数の病院 …

心太には鰹だしという高知県。多様性と柔軟性を学んだ大学1年の夏。

2018年8月、東京は雨続きで、 冷たい物より温かいものという気分です。 暑さが …

「海賊とよばれた男」のポスター。あなたは出演者名を答えられるか? 脳の活性化。

先日、新聞に映画「海賊とよばれた男」の ポスターが全面広告で掲載されていました。 …

長嶋茂雄さん「人生は習慣の織物である」。アナウンサー中井美穂さんが30歳の時に贈った色紙の言葉。

2016年7月30日読売新聞に、 第22回口腔保健シンポジウムの様子が 2ページ …

柳家小三治師匠がアルツハイマー病の疑いと高座で告白。

今朝2017年8月8日の東京新聞に、 《柳家小三治が療養へ》との記事が出ていまし …

クイズを解いて、作って頭脳を活性化する知人。ネットで無料のクイズ作成ツール。

定年を迎えた知合いはクイズ好き。 新聞のクイズはもちろん、 雑誌のクイズなどを図 …

友達のお母さん。週に二度のマッサージ通いで体の調子が良くなる。

先日、友人が家に遊びに来た時、 友人のお母さん(80代)が週に二度、 マッサージ …

ハナ肇さんの言葉「自分が人の演技が下手に見えたときがあった。そのときは、まったく自分は成長していないときだ」。

ジャズそしてコミックバンド 「ハナ肇とクレージーキャッツ」。 「スーダラ節」「だ …

おばあちゃんになった同級生。孫疲れに悩む。ランドセル、お盆玉。

何年か前、小学校の同級生が おばあちゃんになりました。 それを聞いた時、 そんな …

ゴミ屋敷寸前の知人の窮状を救った、友達のアドバイスとは?

知合いの年配の女性。 一人暮らしをしています。 悩みは部屋がモノで一杯なこと。 …