亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

ヘチマの観察日記。ヘチマたわし、ヘチマ水。夏休みの思い出。

   

銀座に向かう電車の中で、
小学生らしき男子とお母さんが
話していました。

夏休みの宿題で、
ヘチマの観察日記をつけているそう。

今、葉が目一杯に茂り、窓の外にかけた
ネット全面を覆って、
日よけとして相当役立っているとか。

その後、9月前には、ヘチマの実で
たわしも作るとはりきっています。

おお、懐かしい。
小学生の頃、やりましたね、植物の観察。
1年の時は朝顔、2年はひまわり、
3年からはうろ覚えなのですが、
ともなくヘチマもありました。

ヘチマは、朝顔に比べて、よくのび、
葉も良く茂り、つるの巻き具合も
強かった覚えがあります。

そして、なったヘチマの実を加工して、
ヘチマたわしを作るというのもありました。

さらに、最後は、茎だけ残して、
ヘチマ水をとるというのも。

ヘチマの茎を5~60センチの所で斜めに切り、
その先を一升瓶に差し込む。
テープかなんかで固定して、中に虫やほこり、土、砂などが
入らないように布、テープで覆います。

1日ほどで、一升瓶の半分ほど透明でとろっと
したような液体が貯まっていました。
最初の日にとれたヘチマ水が一番、質がいいなんて
言われていましたが、どうなんでしょう。
(走り水。一番しぼり?)

このヘチマ水も夏休み中に取った覚えがあるのですが、
本来、ヘチマ水は、お月見(中秋の名月)の頃に
とったものが一番良いと言われているのだとか。

家ではこのヘチマ水をこした後、
薬局で買った茶色い瓶に入ったグリセリンを
適量、混ぜていたと思います。

昔は、お風呂でヘチマたわしを使い、
風呂上がりにこのヘチマ水を顔や
身体に塗っていました。

今では、ヘチマたわしを使っている人は
見かけませんが、ヘチマ水の方は、
自然派化粧品ということで、使っている人も
多いみたいですね。

なんでも買ってしませるのではなく、
暮らしの中で出来るものは利用する。
そんな暮らしが実は豊かな
生活なのかもしれませんね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

今年、還暦を迎える知合いが、定年準備について語る。忘れがちなのは年をとると体力、気力、知力が衰えるということ。

自分の周りの年上の知合い、友達が、 数年前から、還暦=定年を迎えることが 多くな …

座りっぱなしは短命。それを防ぐのは、貧乏ゆすり。

毎日、机の前に座るという仕事。 ホワイトカラーの人の多くは、 座っている時間が多 …

年齢を重ねたら、やらねばならぬことより、決してしないことを決め、身を律する。

年を重ねると、外見もくたびれ、 精神も衰える。 これまでと同じにしようと思っても …

「国がたった2500億円も出せなかったという不満はある」。森喜朗2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会会長。

新国立競技場。 2015年7月17日、安倍総理が、建て替えにつき、 白紙撤回、ゼ …

「ついに来たか」と年配の知人。カメラの重さがこたえ、軽量カメラを購入。

春。 桜をはじめ様々な花が咲き乱れています。 被写体に困らないシーズンですね。 …

もしもマムシにかまれたら。安静にして助けを呼ぶ。それとも走って病院に。どっちが正解?

昔、従兄弟と夏休み。 四国の松山近くの山に、虫を捕りに行きました。 従兄弟の小学 …

Google Search Consoleから《ページにユーザー作成の JavaScript がある(重大な問題)》とのメールが。対処・修正方法。

2017年8月9日、 Google Search Consoleからメールが。 …

田舎の同級生から母にかかってきた電話は年賀状について。人生の幕引きを考えた一日。

母に岐阜にいる同級生(女性)から 電話がかかってきたそうです。 80歳を超えて、 …

2017年、東京は梅の開花が早い。東京一、梅が早く咲く場所は? タクシー運転手の楽しみ。

2017年、早くも1月が過ぎ、2月になりました。 暦だけではなく、今年は、梅の開 …

知り合いが自宅でラーメン作りに挑んだ結果は……。素人が手を出せることとそうでないこと。

ラーメン好きの知り合い。 学生の頃からもう30年以上も ラーメンを食べ歩いている …