亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

ヘチマの観察日記。ヘチマたわし、ヘチマ水。夏休みの思い出。

   

銀座に向かう電車の中で、
小学生らしき男子とお母さんが
話していました。

夏休みの宿題で、
ヘチマの観察日記をつけているそう。

今、葉が目一杯に茂り、窓の外にかけた
ネット全面を覆って、
日よけとして相当役立っているとか。

その後、9月前には、ヘチマの実で
たわしも作るとはりきっています。

おお、懐かしい。
小学生の頃、やりましたね、植物の観察。
1年の時は朝顔、2年はひまわり、
3年からはうろ覚えなのですが、
ともなくヘチマもありました。

ヘチマは、朝顔に比べて、よくのび、
葉も良く茂り、つるの巻き具合も
強かった覚えがあります。

そして、なったヘチマの実を加工して、
ヘチマたわしを作るというのもありました。

さらに、最後は、茎だけ残して、
ヘチマ水をとるというのも。

ヘチマの茎を5~60センチの所で斜めに切り、
その先を一升瓶に差し込む。
テープかなんかで固定して、中に虫やほこり、土、砂などが
入らないように布、テープで覆います。

1日ほどで、一升瓶の半分ほど透明でとろっと
したような液体が貯まっていました。
最初の日にとれたヘチマ水が一番、質がいいなんて
言われていましたが、どうなんでしょう。
(走り水。一番しぼり?)

このヘチマ水も夏休み中に取った覚えがあるのですが、
本来、ヘチマ水は、お月見(中秋の名月)の頃に
とったものが一番良いと言われているのだとか。

家ではこのヘチマ水をこした後、
薬局で買った茶色い瓶に入ったグリセリンを
適量、混ぜていたと思います。

昔は、お風呂でヘチマたわしを使い、
風呂上がりにこのヘチマ水を顔や
身体に塗っていました。

今では、ヘチマたわしを使っている人は
見かけませんが、ヘチマ水の方は、
自然派化粧品ということで、使っている人も
多いみたいですね。

なんでも買ってしませるのではなく、
暮らしの中で出来るものは利用する。
そんな暮らしが実は豊かな
生活なのかもしれませんね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

昔、近所にあった石屋のおじさんの話。「人にも石目がある。それを読め」。

お盆の時期。 お墓参りに行かれた方も多いでしょう。 その際には、お墓を きれいに …

冬、暖かい部屋でアイスクリーム。おいしいけれど。がんの人は要注意。嗜好の変化。

冬、お風呂上がりに、 暖かい部屋でアイスクリーム。 おいしいですよね。 自分も若 …

波留さんの重度の冷え症を解消した方法とは。「ためしてガッテン」で冷え症の解消方法を特集。

連続テレビ小説「あさが来た」の 主役を演じている波留さん。 重度の冷え症なんだそ …

靴下を足袋状の靴下にしたら歩きやすく踏ん張りがきくようになったと知合いの高齢者。

先日、靴下、そして靴を買いました。 靴下は足の親指と他の指が分かれている 足袋型 …

開脚も簡単? 股関節と肩甲骨を柔らかに。ストレッチ専門店に通う知合い。効果は?

あなたは体が硬い方ですか? 柔らかい方ですか? 小さい頃は前屈、後屈も得意で 手 …

「ありがとう」がない社会・民族。それはアマゾンのマチゲンガ族。

人類がアフリカからアメリカ大陸まで広がった 道を逆向きに旅する「グレートジャーニ …

綾小路きみまろさんのライフワークはメダカの飼育。小学生の時のメダカとの素晴しい時間。

友人から原稿が掲載されているからとの連絡があり、 普段は買わない月刊文藝春秋を購 …

話さず、呼び出し音で、互いの元気を確認。携帯も普及しておらず、通話料も高かった遠い昔の思い出。

2016年6月1日、朝日新聞の外報面に、 キューバの携帯電話事情が出ていました。 …

須賀神社の初夢宝船。今年も手に入れられるかと心配する地元の友達。初夢を気にした祖母。

先日、四ッ谷に長年住む 友達の家に行ってきました。 白菜鍋をつつきながら、この1 …

知らない場所に行くのに、Googleマップ、Yahoo!地図などを利用しない知合い。その訳は荘子の「機心」。

あなたは、知らない場所に行くとき、 スマートフォンの地図アプリを使いますか? 昔 …