亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

マスターズ陸上。75~79歳の部門で3種目の世界記録保持の中野陽子さん、79歳。2016年の東京マラソンで世界記録を狙う。

   

以前、中野陽子さんという女性を
ご紹介したことがあります。

「全日本マスターズ陸上競技選手権大会」の
75~79歳の分で3種目の世界記録と
2種目の日本記録を持つ女性ランナーです。

その中野さんが、毎日新聞で紹介されていました。

《私の元気の秘密:東京都大田区・中野陽子さん
毎日新聞 2015年08月13日 東京朝刊》
http://mainichi.jp/shimen/news/20150813ddm013100012000c.html

現在、中野さんは79歳。

今年3月の横浜マラソンに最年長の女性ランナーとして出場され
4時間11分50秒で完走されたそう。

ちなみにこの記録は、80〜84歳の
女性の世界記録を上回っているとのこと。

現在の目標は、この《スピードを維持して、自身のランナー歴と同じ
10年目を迎える来年の東京マラソンで「世界記録を樹立すること」》だそう。

いや素晴らしいですね。

中野さんがランニングを始めたのは、上にもあるように
今から10年ほど前の70歳の時。
初めてからわずか半年後には
ホノルルマラソンに出場し完走されています。

《1人で自由に走れ、仲間にも出会える魅力にはまった》とのこと。

《「無理はしないで努力する」がモットー》。

現状維持できる練習メニューを自分で考えながら、
走っていらっしゃるようです。

なおご自身、服のリフォーム店を
やっていらっしゃいましたが、
そちらの方は、現在、閉められ、
《遠征費用と規則正しい生活の維持のため、
パート勤務も続け》ているとのこと。

75歳の時には、99歳になられるお母さまの
介護をされながら、都内の老人ホームでシーツの
交換作業などのアルバイトをされていらっしゃいました。
このお仕事を続けられているんでしょうか?

いや、それにしても、なんとも素晴らしいですね。

記事は、中野さんの言葉で締めくくられています。

《「できる限り働き、好きなことを一生懸命やるのが一番」》

まさにそうですね。
けれど、働いて、好きなことを出来るということは、
健康であるということ。
元気な高齢者も多いですが、すべての人が
そうできるとは限りません。

と考えると、それが出来るということは、
それだけですごいことなんですね。

関連エントリー
《人生やり残しリスト》
遅咲きのランナー・中野陽子さん。読売新聞夕刊の「しあわせの小箱」で紹介。
大田区の中野陽子さん75歳。マスターズ3000メートルで世界新。100キロウルトラマラソンも完走。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

親のための自分史製作サービス「親の雑誌」が2015年5月1日から始まる。

以前、別のブログで自分史の制作サービスを ご紹介したことがあります。 自分が書い …

歯、目、耳の総点検。かめなくなると、見えにくくなると、そして聞こえにくくなると認知症発症確率は激増。

何年か前、60歳を迎えたイタリア人の友人。 それを機にかなりのお金をかけたことが …

「頑張っている人を応援することは、自分を応援することでもある」。2016年2月28日の東京マラソンのランナーを応援する近所の人の言葉。

明日、2016年2月28日、 東京マラソンが行われます。 自宅、仕事場、会社がそ …

3月3日は草餅の節句。

3月3日は、ひな祭り。 桃の節供ですね。 そして草餅の節句でもあるのを ご存じで …

がん治療からまもなく10年の友達。一病息災で助かった命。

先日、会った友達。 今の姿からすっかり 忘れていたのですけれど、 がんの大手術を …

知らず知らずについたひずみを他人から教えられる。背中のゆがみ、ソファのくぼみ。

知合いが、この頃、ものすごく目がつらく、 肩も凝るというので、眼科、整体などに …

直木賞作家・黒川博行さんの新作「勁草」。勁草書房の由来。「疾風に勁草を知る」とは。

直木賞作家・黒川博行さんの新作「勁草(けいそう)」。 広告が2015年7月6日の …

ジョギング好きの知合い、足底腱膜炎に。意外なところに原因。

同年代の知人は、もう何年も前から、 毎日ジョギングをしています。 久しぶりに先日 …

ローマのコロッセオ、現在、無くなっている床を復元へ。イタリアの文化大臣がツイートで明かす。

ローマのコロッセオ。 古代ローマ帝国時代に剣闘士たちが戦った舞台。 2000年近 …

知合いから電話がかかってきた。用件は「日銀、マイナス金利導入を決定」。

知合いから、仕事場に2016年1月29日午前中、 電話がかかってきました。 「大 …