亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

日野原重明先生、なでしこジャパンの試合を見て不整脈。スポーツ観戦は生ではなく録画で。

   

まもなく2015年のテニス全米オープンが始まります。
錦織選手の活躍、初優勝が期待されています。

去年、決勝戦をWOWOWの生放送で見ていて、
余りにも興奮しすぎて、胸が苦しくなるという経験をしました。

もともと気が弱くて、ストレスに弱いたち。
なので、余り興奮し過ぎると身体に悪いので、
血圧、脈拍が自分にとって上がりすぎると感じるときは、
テレビを切り、興奮を静めるように心がけています。

103歳の現役医師・日野原重明先生の朝日新聞のコラム
「103歳 私の証・あるがまま行く」。
8月22日と29日の2週にわたって、
「なでしこ観戦中の大ピンチ」とのタイトルでつづられていました。

日野原先生が大好きななでしこジャパン。
この7月のW杯のイングランドとの準決勝をテレビで観戦していて、
気分が悪くなり、調べてもらったところ、
不整脈の一種である心房細動が発見されたという内容です。

聖路加病院で診断そして、応急処置をしてもらい、
その日の午後の講演を無事終えたそう。
その後、心房細動を取り除く、除細動の処置を受け、
翌日には、ご自宅に戻ることを出来たとのこと。

このことから、日野原先生は、得た教訓を書かれています。

《力を込めて応援したくなる試合は生中継で見ず、
結果を知ってから録画でゆっくり楽しむようにする、
ということです》。

なお先生は、
《医師として前々から血圧の高い患者さんに勧めてはい》
たとのことですが、《自分のことになると、そうはいかなかったのです》。

さらに続けて、次のようにも。

《とはいえ、次にまた見たいスポーツ中継があった時、
果たしてあの手に汗を握るような臨場感を味わうのを
我慢して過ごすことができるのか……。まだちょっと自信がありません》。

患者さんに勧める生ではなく録画でのテレビ観戦を
なかなか守れない日野原先生。
なんとも人間らしいですね。

2015年8月29日、朝日新聞
《(103歳 私の証・あるがまま行く)なでしこ観戦中の大ピンチ:下 日野原重明》
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11934461.html

海外で、野球やサッカーの観戦もしくはテレビ観戦中、
興奮して、なくなってしまったなんてニュースを
たまに聞くことがあります。

ストレス、興奮には強いという方も、
年齢を重ねるとあちこちがもろくなっています。
くれぐれもお気をつけ下さい。

 

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

睡眠不足を自作のバスタオル枕に白い粉で克服した知合い。

睡眠不足は万病の元だそう。 認知症も睡眠不足によって 引き起こされる恐れありなん …

「人生に疲れたら、人生論の本より、徒然草」。古典の力。紙の本、電子書籍。

最近、会った高齢の方から、 「徒然草」の話をされました。 昔、学校で習った覚えは …

いくつになっても筋肉は鍛えることが可能。古希を迎えて、スポーツジムに通い始めた知合いは……。

毎日、スクワットをしています。 いつ頃からか忘れてしまったのですけれど、 あると …

「一日一葉」。毎日、何を撮影するのか被写体を選ぶのが楽しみという高齢の女性。

以前、毎日、写真俳句を作っている という高齢の方の話を書きました。 写真俳句は、 …

砂糖をまくのが厄払い。ブルガリアで交通事故を減らすために市長が指示。

厄を落とすときや清めるときに、 まくものといえば、 日本だと塩ですよね。 ところ …

粉末健康法。自家製の粉末緑茶を再び飲み始めました。

以前、別のブログで粉末健康法、 特に粉末緑茶について書きました。 いろいろな食べ …

知人が新しいマンションに引っ越して、「引きこもり」状態。そのわけは?

知人が新しいマンションに引っ越しました。 その様子を尋ねたら、 「危ない。このま …

「ながら」を止めてみてわかったこと。一つ一つに丁寧に向き合う大切さ。

2016年12月に、 《「十人の敵は一人一人やっつけなさい」「問題は縦に並べなさ …

若き日の会議の録音テープを聞いて、時の流れと昔の自分のバカを思い知る。

先日、取引先を訪れた時、 そこの知合いから、 「整理したら、面白いものが出てきま …

ホームステージングで自宅を高く売却。見た目が大事。「地では家(屋敷)。旅では衣装」。

2015年8月29日の読売新聞朝刊に、 「ホームステージング」についての 記事が …