亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

日野原重明先生、なでしこジャパンの試合を見て不整脈。スポーツ観戦は生ではなく録画で。

   

まもなく2015年のテニス全米オープンが始まります。
錦織選手の活躍、初優勝が期待されています。

去年、決勝戦をWOWOWの生放送で見ていて、
余りにも興奮しすぎて、胸が苦しくなるという経験をしました。

もともと気が弱くて、ストレスに弱いたち。
なので、余り興奮し過ぎると身体に悪いので、
血圧、脈拍が自分にとって上がりすぎると感じるときは、
テレビを切り、興奮を静めるように心がけています。

103歳の現役医師・日野原重明先生の朝日新聞のコラム
「103歳 私の証・あるがまま行く」。
8月22日と29日の2週にわたって、
「なでしこ観戦中の大ピンチ」とのタイトルでつづられていました。

日野原先生が大好きななでしこジャパン。
この7月のW杯のイングランドとの準決勝をテレビで観戦していて、
気分が悪くなり、調べてもらったところ、
不整脈の一種である心房細動が発見されたという内容です。

聖路加病院で診断そして、応急処置をしてもらい、
その日の午後の講演を無事終えたそう。
その後、心房細動を取り除く、除細動の処置を受け、
翌日には、ご自宅に戻ることを出来たとのこと。

このことから、日野原先生は、得た教訓を書かれています。

《力を込めて応援したくなる試合は生中継で見ず、
結果を知ってから録画でゆっくり楽しむようにする、
ということです》。

なお先生は、
《医師として前々から血圧の高い患者さんに勧めてはい》
たとのことですが、《自分のことになると、そうはいかなかったのです》。

さらに続けて、次のようにも。

《とはいえ、次にまた見たいスポーツ中継があった時、
果たしてあの手に汗を握るような臨場感を味わうのを
我慢して過ごすことができるのか……。まだちょっと自信がありません》。

患者さんに勧める生ではなく録画でのテレビ観戦を
なかなか守れない日野原先生。
なんとも人間らしいですね。

2015年8月29日、朝日新聞
《(103歳 私の証・あるがまま行く)なでしこ観戦中の大ピンチ:下 日野原重明》
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11934461.html

海外で、野球やサッカーの観戦もしくはテレビ観戦中、
興奮して、なくなってしまったなんてニュースを
たまに聞くことがあります。

ストレス、興奮には強いという方も、
年齢を重ねるとあちこちがもろくなっています。
くれぐれもお気をつけ下さい。

 

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

36年前の不倫に怒り。介護していた夫を暴行死させた妻に執行猶予。

2015年6月26日の朝日新聞に掲載されていた記事。 いろいろと考えさせられる事 …

鈴虫おじさん。夏休み前、鈴虫を近所にわけていたおじさん。もらっても繁殖はできず。いつかは……。

まだ少し早いのですが、7月20日前後、 夏休み前の頃、近所のおじさんの家から、 …

ミシュランガイドで世界初、屋台が一つ星獲得。「香港油鶏飯麺」と「吊橋頭大華猪肉麺」。また行列が伸びる。

シンガポールに1人旅したとき、 食事をどうしようかと悩みませんでした。 どこの都 …

神戸連続児童殺傷事件の「元少年A」が手記「絶歌」を出版。遺族は出版中止、本の回収を求める。

1997年・平成9年に起こった神戸連続児童殺傷事件。 非常にショッキングな事件で …

あなたは妻・夫・恋人のことをどれくらい知っていますか? 

お子さんのことをどれだけ知っているか。 それが端的にわかる質問。 「お子さんの一 …

60代の知合いが、テレビを生で見るのをやめてみたら……。生活の中の時間泥棒を発見して、見直す。

何年か前に定年を迎えた知合いの女性。 定年になったら、あれもやりたい、これもやり …

レオナルド・ダ・ビンチ作の「サルバトール・ムンディ」(救世主)。およそ510億円で落札。絵画では史上最高。

レオナルド・ダビンチの1500年頃の作品とされる 「サルバトール・ムンディ」(救 …

パスタ用のデュラム小麦の日本初品種「セトデュール」、瀬戸内で収穫。香川のうどんの小麦はオーストラリア産。イタリアのパスタの小麦はカナダ産。

パスタを作るときに使われる小麦。 デュラム小麦という硬質小麦が使われます。 国産 …

台風、長雨で頭痛。周囲に意外に多い天気病。その対策は?

2017年10月22日、選挙の投票日ですが、 日本列島を縦断するように台風が近づ …

親から譲られた桐箪笥を再生した知合い。20年物ソファーをどうしよう。

お宅には、着物をいれた桐箪笥、 ありませんか? わが家は、母が嫁入り道具として …