亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

日野原重明先生、なでしこジャパンの試合を見て不整脈。スポーツ観戦は生ではなく録画で。

   

まもなく2015年のテニス全米オープンが始まります。
錦織選手の活躍、初優勝が期待されています。

去年、決勝戦をWOWOWの生放送で見ていて、
余りにも興奮しすぎて、胸が苦しくなるという経験をしました。

もともと気が弱くて、ストレスに弱いたち。
なので、余り興奮し過ぎると身体に悪いので、
血圧、脈拍が自分にとって上がりすぎると感じるときは、
テレビを切り、興奮を静めるように心がけています。

103歳の現役医師・日野原重明先生の朝日新聞のコラム
「103歳 私の証・あるがまま行く」。
8月22日と29日の2週にわたって、
「なでしこ観戦中の大ピンチ」とのタイトルでつづられていました。

日野原先生が大好きななでしこジャパン。
この7月のW杯のイングランドとの準決勝をテレビで観戦していて、
気分が悪くなり、調べてもらったところ、
不整脈の一種である心房細動が発見されたという内容です。

聖路加病院で診断そして、応急処置をしてもらい、
その日の午後の講演を無事終えたそう。
その後、心房細動を取り除く、除細動の処置を受け、
翌日には、ご自宅に戻ることを出来たとのこと。

このことから、日野原先生は、得た教訓を書かれています。

《力を込めて応援したくなる試合は生中継で見ず、
結果を知ってから録画でゆっくり楽しむようにする、
ということです》。

なお先生は、
《医師として前々から血圧の高い患者さんに勧めてはい》
たとのことですが、《自分のことになると、そうはいかなかったのです》。

さらに続けて、次のようにも。

《とはいえ、次にまた見たいスポーツ中継があった時、
果たしてあの手に汗を握るような臨場感を味わうのを
我慢して過ごすことができるのか……。まだちょっと自信がありません》。

患者さんに勧める生ではなく録画でのテレビ観戦を
なかなか守れない日野原先生。
なんとも人間らしいですね。

2015年8月29日、朝日新聞
《(103歳 私の証・あるがまま行く)なでしこ観戦中の大ピンチ:下 日野原重明》
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11934461.html

海外で、野球やサッカーの観戦もしくはテレビ観戦中、
興奮して、なくなってしまったなんてニュースを
たまに聞くことがあります。

ストレス、興奮には強いという方も、
年齢を重ねるとあちこちがもろくなっています。
くれぐれもお気をつけ下さい。

 

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

遺影は笑った写真で? プロのカメラマン、写真館での記念写真の勧め。

先日、知合いの方が亡くなりました。 その遺影が40代の頃の写真で、 かしこまった …

友達のお母さんと、姉の戸籍の秘密。

そんなに前のことではないと思うのですが、 ある有名人女性の戸籍が、実際に生まれた …

空茶とおもたせ。一杯茶。馬鹿の三杯汁など祖母たちの言いつけを思い出す。

「空茶」という言葉。 ご存じですか? 2017年5月15日、毎日新聞の 《週刊漢 …

お医者さん、専門家を過信してはいけない。セカンドオピニオンは当たり前。様子を見たり、先延ばしをているうちに……。

乳がんで闘病中の小林麻央さんが、ブログで、 がんが肺や骨などに転移していることを …

失敗談が心を打つ。元商社マン・江木隆之さんの「英対話」。体験を社会に生かす。

英語。 春から始めようと思っていらっしゃる方、多いのでは? これまで海外旅行に行 …

高山に住む母の同級生からの電話。病院で診てもらったら、「栄養失調」だった。

岐阜県高山市に住む母の同級生から、 母に、2015年11月14日、電話があったそ …

日野原重明先生。10月4日で104歳。「10月4日 104歳に 104句」。

最年長の現役医師・日野原重明先生。 2015年10月4日で104歳になられました …

肩凝り、眼精疲労。ドラッグストアなどでビタミン、サプリメントを買う前に。病院で処方すると10分の一以下で……。

眼精疲労、肩凝りで悩んでいる方、 多いのではないでしょうか? かくいう自分もそう …

女優の田畑智子さん、カボチャを切り損ねて手首を切って救急搬送。カボチャの上手な切り方。

女優の田畑智子さんが、左手首を切り、 救急搬送されたと報じられました。 事務所が …

修理して使い続ける。プロフェッショナルで時計修理の名人松浦さんが紹介される。

NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」で、 2015年6月7日、 《時計に命 …