亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「実は世の中ほど甘いものはない。人生は何回でもやり直しできるから頑張れ」。ラサール石井さんの恩師入江先生の言葉。

   

ラサール石井さんが、60歳で東大合格するため、
受験勉強をされているのだそう。

芸名からわかる通り、東大合格者の多い、
鹿児島の名門校に入学されたラサール石井さんですが、
高校時代、さぼってしまい、東大には受からず、
早稲田大学に進学、中退され、現在に至っています。

還暦を前にして、教養、学問の大切さに目覚め、
現役の頃、果たせなかった東大進学を今、
目指しています。

ラサール石井さんは、心理学用語で言うところの
「未完の行為」=達しえていない心残りを果たそうと
されているんでしょうね。

そのラサール石井さんの近況が毎日新聞に記されています。

《人生は夕方から楽しくなる:演出家・ラサール石井さん
毎日新聞 2015年09月04日 東京夕刊》
http://mainichi.jp/shimen/news/20150904dde012070010000c.html

この記事でご紹介したいのは、そうしたラサールさんの
現在の勉強ぶりではなく、石井さんが中学校時代通っていた
進学塾の入江先生の言葉です。

高校受験の合格発表後のエピソードです。
石井さんは、ラ・サールに合格。
それをほめてもらおうと塾を訪ねます。

そこには、志望校に落ちてしまった生徒が来ていました。

《指導の厳しさから受験後に訪ねてくる生徒は決して多くはない。
特に、志望校に落ちた生徒が来ることはほとんどなかった。

「入江先生は感激して泣いたんですよ。そして、『お前にだけは本当のことを教える。
実は世の中ほど甘いものはない。人生は何回でもやり直しできるから頑張れ』
って言ったんです。あの厳しかった先生がそういうこと言うんだって、
横にいた僕も泣いた。落ち込んだ時、これほど救われる言葉はないなと」》

このエピソード、言葉は、個人的には、石井さんが、
ご自身の著書や以前のインタビューで何度も
紹介されていたので、知っていて、感激した言葉でした。

こうして久しぶりに出合うと、
初めて接した時の感動が蘇りました。

《実は世の中ほど甘いものはない。人生は何回でもやり直しできる》

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「必要に迫られればできるようになる」。英語で外国人観光客とやりとりする近所のお店の老夫婦。

わが家は、成田・羽田、 さらに言えば浅草に直結している 都営浅草線沿線にあります …

童話作家の佐藤さとるさんなくなる。88歳。「コロボックル物語」シリーズの作者。小学生の時に魅了された。

童話作家の佐藤さとるさんが、 お亡くなりになりました。 89歳でした。 佐藤さと …

間違うと恥ずかしい日本語。台東区、茨城県、凡例、月極、役不足、図示。上には上が「いる」?「ある」?

先日、母と雑談していて、 「台東区」の話題になりました。 母は、台東区を「だいと …

体育の日を前に。知合いの高齢者は日常の中で運動。自分よりよほど……。

明日は体育の日。 ニュースで、文部科学省、スポーツ庁が 発表した調査について放送 …

「死ぬときくらい好きにさせてよ」。樹木希林さんを使った宝島社の広告。「メメントモリ」。

1月5日、読売新聞の朝刊のページを めくっていると美しいカラーの 見開き広告が現 …

母の故郷から送ってきた初よもぎの草餅。若草摘み。桑の実。

昼休みに家に戻り、リビングに行ったら、 母が、 「岐阜から草餅が届いたわよ」 と …

非常食にゼリー飲料。森永製菓は自社製品の「食べて補充」(ローリングストック)を提案。

ゼリー飲料。 召しあがったことがありますか? 昼ご飯を食べる時間もおしい という …

親から譲られた桐箪笥を再生した知合い。20年物ソファーをどうしよう。

お宅には、着物をいれた桐箪笥、 ありませんか? わが家は、母が嫁入り道具として …

「ささくれ(さかむけ)は親不孝のあかし?」。コボちゃんを見て、昔、言われていたことを思い出す。

読売新聞の連載4コママンガ「コボちゃん」。 2017年3月17日は「ささくれ」が …

ユナイテッド航空の日本国内の特典航空券が2015年6月2日から片道5000マイルから利用できるように。これまでの半分。

マイレージ制度。 このところずっとせちがらくなって、 利用者にとっては、「改悪」 …