亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「実は世の中ほど甘いものはない。人生は何回でもやり直しできるから頑張れ」。ラサール石井さんの恩師入江先生の言葉。

   

ラサール石井さんが、60歳で東大合格するため、
受験勉強をされているのだそう。

芸名からわかる通り、東大合格者の多い、
鹿児島の名門校に入学されたラサール石井さんですが、
高校時代、さぼってしまい、東大には受からず、
早稲田大学に進学、中退され、現在に至っています。

還暦を前にして、教養、学問の大切さに目覚め、
現役の頃、果たせなかった東大進学を今、
目指しています。

ラサール石井さんは、心理学用語で言うところの
「未完の行為」=達しえていない心残りを果たそうと
されているんでしょうね。

そのラサール石井さんの近況が毎日新聞に記されています。

《人生は夕方から楽しくなる:演出家・ラサール石井さん
毎日新聞 2015年09月04日 東京夕刊》
http://mainichi.jp/shimen/news/20150904dde012070010000c.html

この記事でご紹介したいのは、そうしたラサールさんの
現在の勉強ぶりではなく、石井さんが中学校時代通っていた
進学塾の入江先生の言葉です。

高校受験の合格発表後のエピソードです。
石井さんは、ラ・サールに合格。
それをほめてもらおうと塾を訪ねます。

そこには、志望校に落ちてしまった生徒が来ていました。

《指導の厳しさから受験後に訪ねてくる生徒は決して多くはない。
特に、志望校に落ちた生徒が来ることはほとんどなかった。

「入江先生は感激して泣いたんですよ。そして、『お前にだけは本当のことを教える。
実は世の中ほど甘いものはない。人生は何回でもやり直しできるから頑張れ』
って言ったんです。あの厳しかった先生がそういうこと言うんだって、
横にいた僕も泣いた。落ち込んだ時、これほど救われる言葉はないなと」》

このエピソード、言葉は、個人的には、石井さんが、
ご自身の著書や以前のインタビューで何度も
紹介されていたので、知っていて、感激した言葉でした。

こうして久しぶりに出合うと、
初めて接した時の感動が蘇りました。

《実は世の中ほど甘いものはない。人生は何回でもやり直しできる》

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

外出先での災害に備えていますか? 用意周到な知人に学ぶ。

9月1日の防災の日は過ぎました。 足りないものを補充されましたか? 家だけでなく …

十三参り。ご存じですか? 振り向いたばっかりに、記憶力が……。

杉並区の取引先で仕事が終わった後、 いつもとは違うところを経由して、 帰宅しまし …

最近出合った自分にとって新しい言葉。捨活、グランピング、ジェントリフィケーション

最近、新聞、ネットなどで目にした 新しい言葉を。 〇「捨活」 就職活動を「就活」 …

断つ、止める「断ち物」で、有り難みを知る。

昔から、神仏に願をかけて、 それを成就するまでは、 自分の好きな物などを断つ 「 …

年を取れば取るほど薬、サプリメントに注意。分解、排泄する肝臓・腎臓の機能が低下するため。

昨年の秋に受けた健康診断。 以前に比べて、腎臓、肝臓の値が悪くなっていました。 …

97歳の現役医師。身体の整え方。太陽の光を一日15分浴びる。実用的な34の秘密。

高齢の現役の医師として有名なのは、 104歳の日野原重明先生がいらっしゃいます。 …

心臓病、脳卒中。万病の元・血管年齢を若返らせるには。

「○○年齢」。 健康・美容の話題で様々な「○○年齢」があります。 見た目年齢、肌 …

銭湯で見た紐付きへちまたわし。夏休みの宿題、ヘチマたわし作り。

銭湯によく通っています。 先日、訪れた時に、懐かしい気持ちになりました。 それは …

長崎生まれのイギリス人カズオ・イシグロさんが2017年ノーベル文学賞。

村上春樹さんが、受賞するかと 毎年注目されるノーベル文学賞。 2017年は、長崎 …

年度末、取引先を訪れたら段ボールの山。「人生には締めとキリが必要」。

2017年3月29日、長年の取引先を訪れたら、 大量の段ボールば廊下に積み上げら …