亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

熊本在住の106歳の元教師、台湾の教え子たちとインターネットで、およそ80年ぶりの再会が実現。

   

現在、熊本に在住の106歳の女性が、
台湾の教え子に送った一通の手紙。

そこから映画のような感動的な物語が始まりました。
あなたはご存じですか?

このブログでは5月にご紹介しています。
終戦前、台湾で小学校の教師をしていた
高木波恵さん、106歳。

今年、日本で公開された映画「KANO」。
台湾から夏の甲子園に出場した
嘉義農林学校の活躍を描いた映画です。

高木さんは、当時、台湾で
決勝戦のラジオ中継を聞いていたのだそう。
朝日新聞玉名支局から、
映画にからんで取材を受けたのです。

それがきっかけとなり、台湾時代の教え子が懐かしくなり、
手紙を書いたとのこと。

けれど、今はない昔の住所で出したため、
その手紙は、郵便局に留まっていました。

その分厚さから、大事な手紙に違いないと思った
郵便局員が同僚や地元の人の協力を得て、宛先を
探しだし、3月に無事、教え子に届けられたのです。

この実話は、まるで映画のような話と話題になり、
20人余りの教え子から40通を超える返事が届きました。

再会を望んだものの、先生、教え子ともに高齢。
そこでインターネットを使った映像での対面を
ということになりました。

日本企業がその支援を申し出て、
2015年9月8日、対面が実現したのです。

教え子たちが集まったのは
台湾中部の台中の烏日小学校の講堂。
そのスクリーンには、熊本県玉名市の
高木波恵さんが映し出されました。

20人ほどの教え子は80代後半から90代。
マイクを握って、先生に呼びかけます。

朝日新聞によれば、
《「お孫さんと遊びに来てください」
「長生きのひけつは」》。

もちろん使われたのは日本語。

およそ80年ぶりの再会。

〇インターネットを使ったテレビ対面を支援したのは、
ウェブ会議サービスを展開する「ブイキューブ」社。
https://jp.vcube.com/
その社長の《間下氏は「離れていても顔を見て話が出来ることが
豊かな生活につながるということを感じていただく機会になれば」と》
語っていらっしゃいますが、まさにこの対話はその言葉通りですね。

高木さんも、台湾の教え子の皆さんも、
これからも長生きされることをお祈りします。

朝日新聞
《奇跡重なり80年ぶり再会 106歳元教師と台湾教え子
村上伸一、台中=鵜飼啓2015年9月9日05時08分》
http://www.asahi.com/articles/ASH985RJ1H98UHBI01S.html

関連エントリー
106歳の先生がおよそ80年前の教え子に手紙。宛先不明。郵便局員が懸命の努力で配達。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

夏こそゆっくり動け。無理がないので、体に負担少なく、自律神経のバランスが整うそう。

夏休み、大阪の祖母の家に行ったときのこと。 梅田の映画館で映画を見て、その後、ゲ …

「思うは招く」。リアル下町ロケット、ロケットを開発する北海道・植松電機の植松努さん。そのお母さんの言葉。

2015年1月2日、フジテレビで放送された 「奇跡体験!アンビリーバブル」。 日 …

またまた怪しい電話が母にかかってきた。詐欺電話を撃退した一言とは。

2016年2月8日、遅めのお昼をとって、 仕事場に戻ろうとしたら、 リビングの電 …

左右非対称の眼鏡フレームあります。左右のサイズ違いの靴。

目が悪いので、眼鏡は生活する上では なくてはならないもの。 これまでいくつも作っ …

残されたネガフィルムで父母の自分に対する愛を知る。フィルムをデジタル化し始めた知人。

若い方はもしかしたら、 もう見たことがないかもしれません。 昔、写真といえば、フ …

杏ジャムの思い出。都議選の投票会場の小学校で思い出す。ペンション特製の杏ジャム。

東京都都議選。 2017年7月2日に行なわれました。 その投票会場になっていたの …

柳家小三治師匠がアルツハイマー病の疑いと高座で告白。

今朝2017年8月8日の東京新聞に、 《柳家小三治が療養へ》との記事が出ていまし …

公園浴の勧め。芝生、観葉植物など身近な自然でリフレッシュ。

毎日のように近所の公園を巡っています。 ここ最近は桜の花の開花を楽しみにしていま …

忘れ物予防。用事の漏れ防止。高齢の知合いが行っている簡単、確実そしてお金のかからぬ方法。

若い時には、なんでもなかったことでも、 年を取るとできなくなったりすることがあり …

無塩朝食で本格的に高血圧対策を始めた知合い。

このブログでも何度もご紹介していますが、 日本人の食塩摂取量、1日あたり 成人男 …