亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

1日10分余分に身体を動かす「プラス10運動」で生活習慣病を予防。

   

母が病院に行って、先生から、
健康情報についていろいろ聞いてきました。
(パンフレットももらってきた)

その中で、面白いと思ったのは、
「プラス10運動」。

これは、
1日にあと10分だけ身体を動かすことで、
運動不足が少し改善され、
生活習慣病の恐れが減るということのようです。

全世界のデータですが、全死亡原因のうち、
喫煙、高血圧、高血糖がワースト3。
それにつぐのが、運動不足。
日本人だけで言えば、死亡原因は、喫煙、高血圧
に次いで多いのだそう。

では1日にどれくらい身体を動かしたらいいのか?

厚生労働省の「アクティブガイド」によれば、
18〜64歳の人:1日におよそ60分。
65歳以上の人:1日およそ40分。

身体活動を増やすとどのような効果が?
心疾患、糖尿病、高血圧、大腸がん、閉経後の乳がん、
認知症の予防効果。
さらには膝など関節症が改善される。
(膝は痛くても、無理をしないで動いた方が良いとか)

では、日本人の運動量は?

厚生労働省の調査
1997年、成人男女の1日当たりの平均歩数およそ7700歩。
2009年、およそ6850歩。
つまり、運動量は減っていると。

以上から、1日にあと10分間、余分に体を動かす、
プラス10運動が唱えられているよう。

歩数で言うと、1日8000歩が目安。

運動は、ランニングや
マシンを使ったトレーニングでなくても良い。
日常生活の中で出来る動きで十分。

そこに例えば、片足立ち1分、スクワットを1分
といった運動を出来る範囲で加えていく。

10分は、1度にやろうとしなくてよい。
1度に2~3分を3~4回など分割してもよい。

増加がわずか2~3分だけでも、
転倒による骨折の可能性を減らせるそう。

身体を動かすのはいつやってもOK。
テレビを見ながら、CMの時にやるとか、
トイレに立ったときにとか、
夕飯前にとか、自分で毎日行っていることと
結びつけると、実行しやすいと。

風呂上がりは、血行がよくなっていて、
身体があたたまっているので、伸ばしやすい。
肩、腕、足など、ストレッチをすると良い。

ストレッチは、疲労物質を取り去り、
痛みを抑え、関節、筋肉の可動域を広げるだそう。
(転倒しにくくなる)

自分もプラス10運動を
意識して、実行しようと思いました。

 

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

実写版ディズニー映画「美女と野獣」を母が見たがる。戦後、1948年に故郷で見たコクトー版「美女と野獣」の感激をもう一度。

2017年4月21日から、ディズニーの 実写版「美女と野獣」が公開になります。 …

NHK連続テレビ小説「まれ」のオープニングテーマ曲「希空~まれぞら~」は気持ちが悪いと知合い。

2015年上半期のNHKの連続テレビ小説「まれ」。 ご覧になっている方、多いと思 …

女優の田畑智子さん、カボチャを切り損ねて手首を切って救急搬送。カボチャの上手な切り方。

女優の田畑智子さんが、左手首を切り、 救急搬送されたと報じられました。 事務所が …

集団就職と方言。「ひよっこ」を熱心に見ている、近所の老舗の女将さんは、集団就職組だった。

見ていない人には何のことやらですけれど、 連続テレビ小説「ひよっこ」についてです …

温活を本格的に開始。白湯、温熱サポーター。今年から加わったジンジャーココア。

あるとき、久しぶりに体温を測ったら、35度台。 それに驚いて、体を温める温活を始 …

薪割りと餅つきの共通性は? 薪割りは瞑想法だ。

あなたは薪割りをしたことがありますか? 薪割りは重労働で、肉体は疲れるのですが、 …

ともに70歳過ぎの知人夫妻が、健康のため取り組んでいるスポーツはボウリング。

何年か前にどちらも70歳を超えた 知合いのご夫婦。 体を動かすことがお好きで、 …

すま餅、三個で3軒の家を持つはずが……。35歳で35年ローン。老後の金銭収支をしてみたら……。

あなたは「隅餅(すまもち、すみもち)」という 言葉をご存じでしょうか? 一戸建て …

夏こそ生姜パワーで冷えを防ぐ。乾燥生姜パウダーを持ち歩く知り合い。

先日、取引先で知り合いと会って、 話をしていたら、この夏から 持ち歩いているもの …

改めて教えられた運動の後の栄養補給の重要性。高齢になっても動ける体でいるために。

新年に今年こそは、毎日運動をして体を鍛え、 脂肪のないスリムな姿になる と決意し …