亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

1日10分余分に身体を動かす「プラス10運動」で生活習慣病を予防。

   

母が病院に行って、先生から、
健康情報についていろいろ聞いてきました。
(パンフレットももらってきた)

その中で、面白いと思ったのは、
「プラス10運動」。

これは、
1日にあと10分だけ身体を動かすことで、
運動不足が少し改善され、
生活習慣病の恐れが減るということのようです。

全世界のデータですが、全死亡原因のうち、
喫煙、高血圧、高血糖がワースト3。
それにつぐのが、運動不足。
日本人だけで言えば、死亡原因は、喫煙、高血圧
に次いで多いのだそう。

では1日にどれくらい身体を動かしたらいいのか?

厚生労働省の「アクティブガイド」によれば、
18〜64歳の人:1日におよそ60分。
65歳以上の人:1日およそ40分。

身体活動を増やすとどのような効果が?
心疾患、糖尿病、高血圧、大腸がん、閉経後の乳がん、
認知症の予防効果。
さらには膝など関節症が改善される。
(膝は痛くても、無理をしないで動いた方が良いとか)

では、日本人の運動量は?

厚生労働省の調査
1997年、成人男女の1日当たりの平均歩数およそ7700歩。
2009年、およそ6850歩。
つまり、運動量は減っていると。

以上から、1日にあと10分間、余分に体を動かす、
プラス10運動が唱えられているよう。

歩数で言うと、1日8000歩が目安。

運動は、ランニングや
マシンを使ったトレーニングでなくても良い。
日常生活の中で出来る動きで十分。

そこに例えば、片足立ち1分、スクワットを1分
といった運動を出来る範囲で加えていく。

10分は、1度にやろうとしなくてよい。
1度に2~3分を3~4回など分割してもよい。

増加がわずか2~3分だけでも、
転倒による骨折の可能性を減らせるそう。

身体を動かすのはいつやってもOK。
テレビを見ながら、CMの時にやるとか、
トイレに立ったときにとか、
夕飯前にとか、自分で毎日行っていることと
結びつけると、実行しやすいと。

風呂上がりは、血行がよくなっていて、
身体があたたまっているので、伸ばしやすい。
肩、腕、足など、ストレッチをすると良い。

ストレッチは、疲労物質を取り去り、
痛みを抑え、関節、筋肉の可動域を広げるだそう。
(転倒しにくくなる)

自分もプラス10運動を
意識して、実行しようと思いました。

 

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

美術家・篠田桃紅さん。「103歳になってわかったこと」。

篠田桃紅さん。 ご存じでしょうか? 墨書のほか、金箔、朱泥を使った書や、 壁画・ …

中高年男性に服のアドバイスをする女子中学生社長。孫を専属スタイリストにし若返った知合い。

退職すると困ることの一つが、 外出の時や家にいるときに着る 服装だと言います。 …

またもや近所の個人経営のお店が閉店。絶品のサンドイッチ・調理パンがもう味わえなくなる。

今日の昼前、母が買い物から帰ってきて、 「パン屋さんがこの12月23日で閉店する …

4月6日に発表。「HAPPY NEWS 2014」。大賞は「整頓されているから」に感想を寄せた鹿児島の古垣さん。

4月6日は新聞を読む日。 それを記念し、 読んで幸せな気持ちになった新聞記事とコ …

あがり症や相手に気圧(けお)されるという人がそれらを克服する方法。中学の担任が教えてくれた方法は坂本龍馬も実施?

あなたは、多くの人の前で、 あがることなく挨拶が出来ますか? 初対面の人に、気負 …

ロンドン近郊、ガトウイック空港近くに大規模油田を発見。

驚きました。 ロンドン郊外のガトウイック空港。 中心部から南におよそ45キロ。 …

靴下、インソール、靴で延びる健康寿命。靴外来。シューマスター。

健康で長生きするためには、 動くこと、歩くことだと言われます。 けれど足の筋肉の …

家で無線LANを使っている方、夜、切っていますか? 寝室に炭で電磁波吸収?

以前、寝室から電化製品を取り去ったら、 体の調子が良くなったという知合いのことを …

6歳の6月6日、稽古はじめの日。毎日稽古を欠かさなかった近所の芸者さんの母娘2人。いま、どこへ?

わが家の近くにプリマ楽器という 楽器 – 楽器・楽譜の総合卸商社があ …

人生に遅すぎることはない。「遅咲きの成功者に学ぶ逆転の法則」。

「大器晩成」「遅咲き」。 大好きな言葉です。 反対に嫌いな言葉は、 「栴檀は双葉 …