亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

1日10分余分に身体を動かす「プラス10運動」で生活習慣病を予防。

   

母が病院に行って、先生から、
健康情報についていろいろ聞いてきました。
(パンフレットももらってきた)

その中で、面白いと思ったのは、
「プラス10運動」。

これは、
1日にあと10分だけ身体を動かすことで、
運動不足が少し改善され、
生活習慣病の恐れが減るということのようです。

全世界のデータですが、全死亡原因のうち、
喫煙、高血圧、高血糖がワースト3。
それにつぐのが、運動不足。
日本人だけで言えば、死亡原因は、喫煙、高血圧
に次いで多いのだそう。

では1日にどれくらい身体を動かしたらいいのか?

厚生労働省の「アクティブガイド」によれば、
18〜64歳の人:1日におよそ60分。
65歳以上の人:1日およそ40分。

身体活動を増やすとどのような効果が?
心疾患、糖尿病、高血圧、大腸がん、閉経後の乳がん、
認知症の予防効果。
さらには膝など関節症が改善される。
(膝は痛くても、無理をしないで動いた方が良いとか)

では、日本人の運動量は?

厚生労働省の調査
1997年、成人男女の1日当たりの平均歩数およそ7700歩。
2009年、およそ6850歩。
つまり、運動量は減っていると。

以上から、1日にあと10分間、余分に体を動かす、
プラス10運動が唱えられているよう。

歩数で言うと、1日8000歩が目安。

運動は、ランニングや
マシンを使ったトレーニングでなくても良い。
日常生活の中で出来る動きで十分。

そこに例えば、片足立ち1分、スクワットを1分
といった運動を出来る範囲で加えていく。

10分は、1度にやろうとしなくてよい。
1度に2~3分を3~4回など分割してもよい。

増加がわずか2~3分だけでも、
転倒による骨折の可能性を減らせるそう。

身体を動かすのはいつやってもOK。
テレビを見ながら、CMの時にやるとか、
トイレに立ったときにとか、
夕飯前にとか、自分で毎日行っていることと
結びつけると、実行しやすいと。

風呂上がりは、血行がよくなっていて、
身体があたたまっているので、伸ばしやすい。
肩、腕、足など、ストレッチをすると良い。

ストレッチは、疲労物質を取り去り、
痛みを抑え、関節、筋肉の可動域を広げるだそう。
(転倒しにくくなる)

自分もプラス10運動を
意識して、実行しようと思いました。

 

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「ついになってしまった65歳。悪いことばかりじゃない」と知人。金曜日は銭湯の日。その訳は? シニア割引。

ついこの間、定年になった と思っていた知合い。 先日、あったらもう65歳だそう。 …

かつて学校一将棋が強かった同級生。今は小学生にひねられる。

今、14歳の藤井聡太4段が 大きな話題になっていますね。 特製ファイルは即時完売 …

トランプ大統領は下戸。夕食会で提供された日本ワイン。長野の赤、山梨の白。

2017年11月5日から7日にかけて 来日したトランプ大統領。 肉、ポテトが大好 …

初詣のおみくじで「いろいろな所に出かけよ」との内容のお告げを信じ、歩き回った知人は……。

初詣でおみくじをひいたら、 「いろいろな所に出かけよ」といった趣旨の お告げが書 …

あがり症や相手に気圧(けお)されるという人がそれらを克服する方法。中学の担任が教えてくれた方法は坂本龍馬も実施?

あなたは、多くの人の前で、 あがることなく挨拶が出来ますか? 初対面の人に、気負 …

チョコで認知症予防? 脳の栄養分たんぱく質BDNFが増加。

夏の暑い盛り。 チョコレートも溶けるような時期ですね。 それでもチョコを召しあが …

参議院議員の三原じゅん子さんが段差で転ぶ。緑内障、目のトラブルが隠れている場合も。転倒予防する。

元女優で、参院議員の三原じゅん子さん51歳が、 2016年1月4日、段差で転んだ …

川淵三郎さん。毎朝3分のつま先立ちが健康の秘密。

2017年11月7日発行の 日刊スポーツの「ニッカンシニア」第8号。 80歳の川 …

まもなく定年を迎える知合い。「人生の楽園」みたいな夢の実現に向けて準備中。

テレビ朝日で土曜日の夕方 午後6時から放送している 「人生の楽園」。 http: …

歌は心と体に良いと歌の個人レッスンを受講。さらに歌声コンサートに参加する知合い。

歌が大好きな知人。 学生の頃、ずっとコーラスを やっていました。 社会人になって …