亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「お前はまだ人生の歌を残していない。生きて、歌を残しなさい」。イヌイットの古老が若きC.W.ニコルさんに語った言葉。

   

作家のC・W・ニコルさん。
長野県の黒姫の山に、「アファンの森」を作り、
自然を取り戻す活動をされています。

ニコルさんの近況を伝える長編の記事が、
2015年10月25日の毎日新聞に掲載されていました。

驚いたことにニコルさんは75歳になられたそう。

その記事には、ニコルさんを変えた
幼い時の故郷アイルランドの森、
さらに北極を久しぶりに訪れたこと、
現在のアファンの森での活動などについて
書かれています。

その記事の中で最も自分が
心動かされたのが、北極で事故にあい、
瀕死の状態になり、ライフルで自殺を図ったものの
未遂に終わったニコルさんにかけた、
イヌイットの古老の言葉です。

《嵐が収まり、ぼうぜんとへたり込んでいたところへ、
イヌイットの古老がカヌーでやって来ました」
泣きじゃくるニコルさんを、古老は海を望む高台の墓地に連れて行き、
墓に眠る一人一人の人生を語り聞かせて、戒めた。
「お前はまだ人生の歌を残していない。生きて、歌を残しなさい」。
古老がニコルさんの額に手を当てて呪文を唱えると、
痛みがウソのように消えた。

《ストーリー:C・W・ニコルさんとの旅(その2止) 北極が僕の学校
毎日新聞 2015年10月25日 東京朝刊》
http://mainichi.jp/shimen/news/20151025ddm010040070000c.html

この古老の言葉は深いですね。

どんな人にも語られるべき、
歌われるべき人生がある。
それはおそらく自分が歌ったり、
語ったりするのではなく、
自分を知る人々が、自分を知らない人に
語り歌い聞かせるものなのでしょう。

振り返って自分を考えてみるに、
まだ「人生の歌」は残せていない気がします。
イヌイットの古老がいう「人生の歌」。
残したいですね。

C.W.ニコル アファンの森財団
http://www.afan.or.jp/

解剖学者・養老孟司さんとの対談集

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

久しぶりにジーパンをはいた知人が気づいてあせったこと。太ももサイズの減少は要注意。

同年代の知合いが、春先、温かくなって 久しぶりにロッカーの中にしまい込んでいた …

声帯の老化を防ぐため毎日、家で大きな声で歌う。近所迷惑にならない秘密兵器。

最近、誤嚥性肺炎にならないように 喉を鍛えるという体操、本について 紹介しました …

糖尿病はマグネシウム不足から?

糖尿病、糖尿病予備群の人の数が増えています。 カロリーをとらなくなったのに、なぜ …

民進党の英語表記の頭文字DIPはアメリカの俗語で「間抜け」。ポカリスエット、ウォークマン。結局、DPに。

民主党と維新の党が結成する合流新党「民進党」。 台湾にもまさに同じ名前の政党があ …

大人のための粉ミルク「ミルク生活」。森永乳業が販売開始。昔はやった粉ミルクダイエット、美容法。

もうずいぶん前になりますが、 赤ちゃん、乳児が飲む粉ミルクを 大人が飲むというの …

「一人の愚か者が池に投げ入れた石は十人(百人?)の賢者が集まっても取り返せない」。人として大切なこととは。

2015年10月22日、読売新聞の編集手帳で、 杭の強度を偽装していたマンション …

東京都シルバーパスを使って都内バス巡りをする高齢者。都営バスのみならず民間バスも乗車可能。

東京都内の70歳以上の方限定の情報になります。 東京都では、「東京都シルバーパス …

体力測定の結果、体力年齢=実年齢+30歳を嘆く知人。

体育の日の休日。 体を動かされましたか。 この日に、各地で運動会や、 体力に関す …

106歳の先生に台湾の教え子から便りが続々。電話で教え子と会話も。

熊本県玉名市に住む106歳の高木波恵さが、 台湾の学校が甲子園に出場し準優勝した …

人生には何度でも起点あり。1年には何度でも出発点あり。10月1日は節目の日。

2015年9月30日ですね。 明日10月1日から2015年度の下半期 という会社 …