亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

97歳の現役医師。身体の整え方。太陽の光を一日15分浴びる。実用的な34の秘密。

   

高齢の現役の医師として有名なのは、
104歳の日野原重明先生がいらっしゃいます。

ほかにも100歳近くの医師が何人かいらっしゃる中で、
このほど97歳で毎日五〇人以上もの患者さんを診察
されていらっしゃる田中旨夫先生が、本を出されました。

田中先生は、沖縄のクリニックの院長。
医師歴はなんと72年で、現在も週に五日、
午前9時から午後5時30分まで、診察し、
治療されていらっしゃいます。

もちろん本人もお元気。
そんな先生が出した本は、
先生が実践されていらっしゃる
体の整え方を34の項目にわたって紹介されています。

どれも非常に具体的で実践的です。

毎日40分の昼寝、
太陽の光を一日15分以上、浴びる。
毎日30分の散歩、
毎朝5分、足腰の体操。
水素水を一日2リットル飲む。毎日15種類の野菜をとる。
ヨーグルト、チーズ、ナットなどの発酵食品を毎日とる。

といった具合です。

昔から言われている健康法、養生法の他、
最新の理論、考え方も取り入れています。

水素水。
粗食はしない。
オリーブオイル、ココナッツオイルをとる、
トランス脂肪酸をとらないなど。

また高年齢者の薬の飲み忘れ、残薬が
問題になっていますが、田中先生は、
薬は必要最小限にして、
食事であったり、運動であったり、
鍼治療などをすすめていらっしゃいます。

ただ若い人には厳しいのは、
「甘い物は一切食べない」という項目。
また個人的には、以前挑戦してだめだった
「枕を使わないで寝る」。

すべて田中先生の真似をするのは
難しそうですが、できる限り、
その生活態度を見習いたいものです。

幻冬舎のサイト
http://www.gentosha.co.jp/book/b9243.html

田中先生の病院
あかみちクリニック
http://shinryokukai.or.jp/akamichi.html
《あかみちクリニック田中 先生 出演TV》
http://shinryokukai.or.jp/88.html

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

早起きすると、梅の香りの贈り物。東京地方の梅、2016年1月10日開花。

2016年1月10日、今日も東京地方は、 暖かで穏やかなお天気で春のようでした。 …

深交と親交。声帯を失うも奇跡的に復活した韓国テノール歌手のベー・チェチョルさんと日野原重明さんの関係。

韓国のテノール歌手ベー・チェチョルさん。 ご存じでしょうか? ヨーロッパでデビュ …

古希の祝い。記念の同窓会の人たちの会話を聞いて。

出張先で、ある中学の同窓会の方々が、 記念撮影を行っていました。 撮影が終わった …

手ぶらで重さも感じにくい、仕分けしてたくさん入る。いざという時のために、フィッシングベストを防災ベストに。

ずいぶん前になりますが、 取引先の人で、カバンやバッグを 持つのが嫌いな人がいま …

目やには肝臓の疲れ。眉毛の上をこすれとアドバイスされる。

最近、朝起きたとき、 目やにが目立つようになりました。 目やにがこんなに出るのは …

92歳の女性、マラソンを完走。女性の最高齢。マラソン開始は76歳から。いくつになってもできる。

毎日、ウォーキングを続けています。 それで体重を減らし、ランニングを始め、 最終 …

高齢の独り身男性が毎日愛用し、栄養不良を解消した魔法の道具は、ホットプレート。

母の知人の高齢の女性。 一人暮らしです。 去年、体調が悪く病院に行ったところ、 …

子育て四訓をご存じですか? 「乳児はしっかり肌を離すな。幼児は肌を離せ、手を離すな……」。

先日あるところで「子育て四訓」 という言葉を聞きました。 あなたはご存じですか? …

「きれいな心のつくりかた」。価値の高いものは値切らない。

先日、新聞の書籍広告に、 が出ていました。 内容が箇条書きで示されていました。 …

萩の花。ご覧になったことありますか? 秋の萩見。萩寺。花を愛でて季節の移り変わりを感じる。

「花より団子」という言い回しがあります。 「風流より実利を重んじる」 といった意 …