亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「日本はお菓子でアメリカを征服できるよ」。毎日かあさん。「第609回息子からの便り」。

   

漫画家・西原理恵子さんが、
毎週月曜、毎日新聞朝刊に
連載している「毎日かあさん」。

2015年4月15日は《第609回息子からの便り》

現在、アメリカ留学中の西原さんの長男からの
便りを紹介しています。

朝ご飯と昼ご飯は自分で作らないといけないので、
サンドイッチを適当に作っているがまずいと
連絡してきた息子さん。
西原さんは、レンジご飯、インスタントみそ汁、
カップ麺、お菓子などを送ります。

送られてきた白米、みそ汁を食べ、
サイコーと叫ぶ息子さんの部屋に
夜ふけにもかかわらず、ノックの音が。

ホストファミリーの父親、母親でした。
マルセイバターサンドと東京ばな奈を
食べて大興奮した2人が、
その美味しさを伝えにやってきたのでした。

さらにコンビニ菓子を学校に持っていった息子さん。
チョコ、ポテチ、クッキーを口にしたクラスメートが、
やはりその美味しさに、パニックになったとか。

そして、息子さんは、
「おかーさん。日本はお菓子で
アメリカを征服できるよ」
とつぶやきます。

以前、別のブログでも書いたのですけれど、
知合いのイタリア人、アメリカ人などが
日本に来て驚くのは、コンビニ、スーパーなどで
売っている日本のお菓子の質の高さと値段の安さ。

まだコンビニスイーツがはやる前のことですが、
日本国中どこでも販売している、
チョコレート、スナック菓子、クッキー、
柿の種などに、目の色を変えたものです。

「なぜこんなに美味しい菓子が、
こんなに安い値段で、しかも、
どこでも売っているのか?」

そう驚かれ、尋ねられたりしたものです。

東京都中央区にある自宅や会社(弊社)の
近所では、最近、目立って中国、韓国、
東南アジアまた欧米人などの外国人観光客が、
目立って多くなりました。

その人たちが、ホテル、宿の近くの
コンビニ、居酒屋、ラーメン店、
回転寿司店などに押し寄せています。

以前からいたのですが、
中国人、韓国人留学生が働くコンビニでは、
母国の観光客に母国語で応対。

そうしたサービス向上もあり、
ますますコンビニでの外国人観光客の
売り上げが増えているよう。

抹茶味のキットカット、明治アーモンドチョコ、ポッキー、
ハイチュウ、雪の宿(おせんべい)、
カール、じゃがりこ、きのこの山、
Cheezaなどが、飛ぶように売れているみたいです。

制約がある場合があるので、注意が必要ですが、
海外に行く場合、こうした日本のスナック、
コンビニ菓子をお土産に持って行くと、
かなり喜ばれます。

それだけ日本のスナック菓子、チョコレート類は、
質が高いということなんでしょうね。

〇高級なカップラーメン類もお土産としてよく売れているよう。
〇おにぎり、お弁当、サンドイッチ、菓子パンなども
良く買われている。会社近くはイートインスペースがあるが、
そこで、食べている外国人も多数。(近くのホテル、安宿に宿泊)

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

話さず、呼び出し音で、互いの元気を確認。携帯も普及しておらず、通話料も高かった遠い昔の思い出。

2016年6月1日、朝日新聞の外報面に、 キューバの携帯電話事情が出ていました。 …

座りっぱなしは短命。それを防ぐのは、貧乏ゆすり。

毎日、机の前に座るという仕事。 ホワイトカラーの人の多くは、 座っている時間が多 …

減俸(げんぽう)の反対語を言えますか? 「年俸」の読み方は?

減俸(げんぽう)の反対語を言えますか? 「減俸」は、給料が減ること。 その反対は …

日本一の鰻屋さんはどこにある? 大昔、自分も行っていたが……。あてにならない記憶。

昨日、鎌倉のお店で友達と食事をしました。 イタリアンを食べながら、 最近食べた美 …

夏休み3ヶ月の名古屋の中華料理店。明大前の肉まん屋さん。休むことで長続きする。

あなたの今年の夏休みは、何日間でしたか? 仕事柄、イタリア人の知合いが多いのです …

退職金を使ってリフォーム。掃除不要のバスタブ、換気扇に奥さん大満足。

定年退職して退職金をもらった知合い(男性)。 子供部屋をリフォームして、 趣味の …

東京都シルバーパスを使って都内バス巡りをする高齢者。都営バスのみならず民間バスも乗車可能。

東京都内の70歳以上の方限定の情報になります。 東京都では、「東京都シルバーパス …

和の文化を見直している友達、ついに月に一度の写経を始める。その心境はいかに。

若い時はニューヨーク、ロンドンなどに出かけ、 最新の流行、モードなどを取り入れて …

田舎の同級生から母にかかってきた電話は年賀状について。人生の幕引きを考えた一日。

母に岐阜にいる同級生(女性)から 電話がかかってきたそうです。 80歳を超えて、 …

名前にちなんだ「和」の字を、外出先で撮影して集める夫婦。

みうらじゅんさんによる 「アウトドア般若心経」。 ご存じですか? 「般若心経」は …