亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「日本はお菓子でアメリカを征服できるよ」。毎日かあさん。「第609回息子からの便り」。

   

漫画家・西原理恵子さんが、
毎週月曜、毎日新聞朝刊に
連載している「毎日かあさん」。

2015年4月15日は《第609回息子からの便り》

現在、アメリカ留学中の西原さんの長男からの
便りを紹介しています。

朝ご飯と昼ご飯は自分で作らないといけないので、
サンドイッチを適当に作っているがまずいと
連絡してきた息子さん。
西原さんは、レンジご飯、インスタントみそ汁、
カップ麺、お菓子などを送ります。

送られてきた白米、みそ汁を食べ、
サイコーと叫ぶ息子さんの部屋に
夜ふけにもかかわらず、ノックの音が。

ホストファミリーの父親、母親でした。
マルセイバターサンドと東京ばな奈を
食べて大興奮した2人が、
その美味しさを伝えにやってきたのでした。

さらにコンビニ菓子を学校に持っていった息子さん。
チョコ、ポテチ、クッキーを口にしたクラスメートが、
やはりその美味しさに、パニックになったとか。

そして、息子さんは、
「おかーさん。日本はお菓子で
アメリカを征服できるよ」
とつぶやきます。

以前、別のブログでも書いたのですけれど、
知合いのイタリア人、アメリカ人などが
日本に来て驚くのは、コンビニ、スーパーなどで
売っている日本のお菓子の質の高さと値段の安さ。

まだコンビニスイーツがはやる前のことですが、
日本国中どこでも販売している、
チョコレート、スナック菓子、クッキー、
柿の種などに、目の色を変えたものです。

「なぜこんなに美味しい菓子が、
こんなに安い値段で、しかも、
どこでも売っているのか?」

そう驚かれ、尋ねられたりしたものです。

東京都中央区にある自宅や会社(弊社)の
近所では、最近、目立って中国、韓国、
東南アジアまた欧米人などの外国人観光客が、
目立って多くなりました。

その人たちが、ホテル、宿の近くの
コンビニ、居酒屋、ラーメン店、
回転寿司店などに押し寄せています。

以前からいたのですが、
中国人、韓国人留学生が働くコンビニでは、
母国の観光客に母国語で応対。

そうしたサービス向上もあり、
ますますコンビニでの外国人観光客の
売り上げが増えているよう。

抹茶味のキットカット、明治アーモンドチョコ、ポッキー、
ハイチュウ、雪の宿(おせんべい)、
カール、じゃがりこ、きのこの山、
Cheezaなどが、飛ぶように売れているみたいです。

制約がある場合があるので、注意が必要ですが、
海外に行く場合、こうした日本のスナック、
コンビニ菓子をお土産に持って行くと、
かなり喜ばれます。

それだけ日本のスナック菓子、チョコレート類は、
質が高いということなんでしょうね。

〇高級なカップラーメン類もお土産としてよく売れているよう。
〇おにぎり、お弁当、サンドイッチ、菓子パンなども
良く買われている。会社近くはイートインスペースがあるが、
そこで、食べている外国人も多数。(近くのホテル、安宿に宿泊)

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

心太には鰹だしという高知県。多様性と柔軟性を学んだ大学1年の夏。

2018年8月、東京は雨続きで、 冷たい物より温かいものという気分です。 暑さが …

「借金ができる甲斐性」。亡くなった祖母が語っていた言葉。

昨日、このブログで女優の藤山直美さんの お父さんである、 藤山寛美さんのことを書 …

「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」の句とともに先輩が教えてくれた目のつく言葉3つ。目の毒、目の薬、目垢。

「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」。 五月ころの季節になるとこの句を思い出します …

家のひかり電話が断線しました。光ケーブルが切れる。

事務所の光回線が突然、不通になりました。 事務所の電話・インターネット回線は、 …

高齢者世帯と若者世帯、電気消費量が多いのはどっち? もったいないと古い家電を使い続けると…。

2年ほど前になりますが、 家のエアコン、冷蔵庫、照明などを変えました。 驚いたこ …

買って50年。ようやく咲いた花。87歳の女性宅の庭で。アオノリュウゼツランの思い出。

少し前の新聞に、個人的にすごく 興味を引いた記事が出ていました。 福岡県豊前市に …

あなたは自分の体の癖・特徴をご存じですか? 長年の生活習慣、使い方などでひずみが。

あなたは、自分の体の癖、特徴をご存じですか? 以前、プロフィール写真を撮影したカ …

俳優の平幹二朗さん、亡くなる。浴槽で倒れているのを発見される。お風呂場・入浴の危険。

お昼ご飯の時、母が、 「平幹二朗さんが亡くなったねー」 と寂しそうに一言。 年齢 …

ゴミ屋敷寸前の知人の窮状を救った、友達のアドバイスとは?

知合いの年配の女性。 一人暮らしをしています。 悩みは部屋がモノで一杯なこと。 …

まずは3分間の踏み台昇降運動から。続けるコツは、好きな歌を聞きながら、歌いながら。フレイル・認知症予防。

以前、友達のお母さんが、 お医者さんに勧められ、 家の中で踏み台昇降運動を毎日し …