亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

阿藤快さん、大動脈破裂胸腔内出血でなくなる。「背中の痛み」を訴えていた。体の訴えを聞く。

   

俳優の阿藤快さんが、お亡くなりになりました。

9月、知合いの方が、阿藤快さんとお仕事を一緒にし、
その時の様子を楽しく語ってくれたばかり。
なのでショックです。

亡くなった後の報道によれば、阿藤さんは、
体の不調をいろいろと自覚されていらしたようです。

亡くなられた原因は、「大動脈破裂胸腔内出血」。

これは動脈硬化によって発生することが多いよう。
そしてしばしば「背中の痛み」を症状として
訴えるそう。

阿藤さんも周囲に「背中の痛み」を告げ、
マッサージを受けたりしていたとのこと。

今回は心臓に近い胸の大動脈が
破裂したのですが、痛みは、背中。

狭心症、心筋梗塞などの痛みは、
一般にはもちろん胸に出ることが多いのですが、
阿藤さんのように、背中、ほかにも、腕や腰、
さらには歯など別の場所にもでることがあるそうです。

別の場所に出る痛みのことを「放散痛」と言うとのこと。

中高年になって、運動など特に思い当たることがないのに、
例えば、「背中」が痛くなった場合、筋肉痛などと自分で
勝手に診断してそれで終わらず、他の場所も疑って、
内科を受診すべきなんだそうです。

阿藤さんは、テレビの医療番組で、
心臓の血管が詰まっていると指摘され、
血流の流れを良くするための薬も飲んでいたとのこと。

危険性を抱えていらっしゃったんですね。

マネージャーが病院を勧めたけれど、
マッサージを受けたところ、
一時的に痛みがなくなったこと、
また舞台、映画、テレビドラマと
仕事が立て込んでいたこともあり、
行かなかったそうです。

病院に行らしていれば……と思いますが、
ご本人は体調が戻ったので
大丈夫と思われたのかもしれません。

残念です。

年を取ればとるほど、
自分の体の声に耳を傾け、
変調があったら、受診するのがいいですね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

1日の歩行時間30分未満は糖尿病のリスク2割増。国立がんセンターが調査結果発表。モールウォーキング。

あなたは、1日どれくらい歩いていますか? 1日30分未満の方、要注意です。 糖尿 …

折り込み広告を使った自作カードで、脳トレをしている知人。日々のトレーニングの結果は?

還暦を過ぎた知人。 何年か前にスマートフォンデビューをして、 今ではすっかり使い …

筆記具を変えると意識と生活が変わる。高齢の知合いが絶讃。「三菱鉛筆 油性ボールペン ジェットストリーム」。

文字を手書きすることが 少なくなっている昨今ですけれど、 ハガキ・手紙などは、ま …

4リットルの焼酎を箱買いしている1人暮らしの女性。大酒豪? おばあちゃんの知恵に学ぶ。

焼酎、お好きですか? 先日といってもずいぶん前ですけれど、 20代の若者たちと居 …

最期まで現役。医師の日野原重明さん。105歳で亡くなる。

100歳を過ぎても医師、講演、執筆など 活動を続けていた日野原重明さんが、 20 …

非常食や装備。ローリングストック。わざわざ買うより、あるものでなんとかする。毎月少しずつそろえていくという発想。

9月1日。 防災の日ということで、 非常時に備えるための 記事、番組などが目立ち …

人生、いつ何が起こるかわからない。備えの大切さを改めて。以前、泊まったホテルの露天風呂が流される。

台風にともなう大雨で、大きな被害が出ています。 まさかこれほどの被害になるとは。 …

萩の花。ご覧になったことありますか? 秋の萩見。萩寺。花を愛でて季節の移り変わりを感じる。

「花より団子」という言い回しがあります。 「風流より実利を重んじる」 といった意 …

シニアこそ、電子書籍、オーディオブック。

高齢になるとどうしても目が弱くなります。 老眼、眼精疲労、目のかすみ。 新聞、雑 …

高齢者は1日6食(多食)。少しずつ何度でもで、栄養失調を防止。順番にも注意。タンパク質から。

高齢になると、一度に食べられる量が減るようです。 80歳を過ぎた母は、このところ …