亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

靴下を足袋状の靴下にしたら歩きやすく踏ん張りがきくようになったと知合いの高齢者。

   

先日、靴下、そして靴を買いました。

靴下は足の親指と他の指が分かれている
足袋型のもの。

靴は、旅先でも、ウォーキングにもぴったりのシューズ。
ひもで結ぶタイプですが、その横にファスナーがついていて、
ひもをしめたり、縛ったりしなくてもはいたり脱いだりできます。

どちらも知合いの高齢の方からの話を聞いて、
それらにしました。(全く同じものではないけれど)

それは、その方が、上の2つを試して、
非常に良かったと話してくれたから。

足袋型の靴下。
その方は通常の靴下、五本指の靴下も
試したけれど、結局、親指と別の指が
分かれている足袋タイプにしたそう。

それに変えてよかった点は、
足に踏ん張りが効くようになったこと。
外でも室内でもバランスを崩したりして、
よろけたりすることがありますが、
その時に、足が動いて、耐えることが
出来るようになったそう。

また踏みだしも以前より強く出せるようになり、
歩幅が少しだけですが広がったとか。

以前、ウォーキング用の厚めの靴下を
ふだんにはいていた時、そのクッション性の良さ、
温かさ、また靴の中で滑りにくく足の滑らなさ
などにびっくりしたことがあるのですが、
それ以来の驚き。

こうした機能は五本指靴下もあるのですが、
五本指は脱いだりはいたり、また洗濯後、
整えるのが結構面倒で、それがストレスに
なったので、やめました。

自分には足袋型くらいがちょうどよいようです。

また靴の方は余りにもはいたり脱いだりが
便利になりすぎて、今後、靴を買うときは、
このファスナー付きのもののみになりそうで、
それが心配です。

今回、靴下、靴と足回りのものを買ったのですが、
それらをどうするのかは、
転倒予防、筋肉をつけるための運動量増加、
疲労軽減にも非常に重要なようです。

しっかり選びたいものです。

それと、足のサイズは、年を取ると小さくなったり、
病気、むくみで大きくなったりします。
きちんと計測してくれる店で測ってから
購入すると安心ですね。

ちなみにメーカーによる差もありますが、
自分の足のサイズ、以前にくらべ0.5ミリだけ
小さくなっていました。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

読み終えた新聞をビリビリ破って捨てる人の気持ち。大阪の電車の網棚。

仕事柄、毎日新聞を大量に読んでいます。 読み終えた後の新聞。 家、会社にいるとき …

「大人に刺さる園児の名言」「見てる、知ってる、考えてる」。その年でないと出来ない表現。

先日、新聞の書籍広告に が出ていました。 タイトル通り、子どもが語った 大人が感 …

温まる手袋(インナーグラブ)を室内でつけ、血行を良くし、マッサージ。指、腕の凝りを解消。高血圧の人にもお勧め。

パソコンを長時間使っています。 両手、両腕、特に右腕がとても疲れています。 お医 …

昔の映画パンフレットが大量に。内容はともかく、見たことすら記憶にない映画がいくつも。自分の記憶に危機感。

部屋の掃除・片づけをしていたら、 大量の映画パンフレット、 プログラムが出てきま …

「ネズミに引かれないように」。意味、わかりますか? 知っている人は年配?

「ネズミに引かれないように」。 こんな表現がメールに書かれていたら、 あなたは、 …

食べられない夏。アミノ酸配合ゼリーでカロリー、水分、栄養補給。

夏の暑い時期。 食欲がなくなって、 ものが食べられず夏痩せ、夏バテ。 免疫力が低 …

物を飲み込みにくい高齢者も食べやすい、「おいも ぬくもりパン」、関大が開発し、商品化。

高齢になると、固い物が食べにくくなったり、 唾液の分泌が減るなどで、飲み込み力が …

認知症発表の大山のぶ代さんが、声優の仕事に復帰。認知症になっても仕事は可能。ケアの重要性。

2015年5月に、夫の砂川啓介さんが、 妻である大山のぶ代さんが 認知症の闘病中 …

漢字検定に挑戦を決めた知合い。毎日、書き取り問題を出してくれるサイト。

新年に今年の誓い・目標を立てた方、 多いと思います。 続いていらっしゃいますか? …

日本一の鰻屋さんはどこにある? 大昔、自分も行っていたが……。あてにならない記憶。

昨日、鎌倉のお店で友達と食事をしました。 イタリアンを食べながら、 最近食べた美 …