亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

靴下を足袋状の靴下にしたら歩きやすく踏ん張りがきくようになったと知合いの高齢者。

   

先日、靴下、そして靴を買いました。

靴下は足の親指と他の指が分かれている
足袋型のもの。

靴は、旅先でも、ウォーキングにもぴったりのシューズ。
ひもで結ぶタイプですが、その横にファスナーがついていて、
ひもをしめたり、縛ったりしなくてもはいたり脱いだりできます。

どちらも知合いの高齢の方からの話を聞いて、
それらにしました。(全く同じものではないけれど)

それは、その方が、上の2つを試して、
非常に良かったと話してくれたから。

足袋型の靴下。
その方は通常の靴下、五本指の靴下も
試したけれど、結局、親指と別の指が
分かれている足袋タイプにしたそう。

それに変えてよかった点は、
足に踏ん張りが効くようになったこと。
外でも室内でもバランスを崩したりして、
よろけたりすることがありますが、
その時に、足が動いて、耐えることが
出来るようになったそう。

また踏みだしも以前より強く出せるようになり、
歩幅が少しだけですが広がったとか。

以前、ウォーキング用の厚めの靴下を
ふだんにはいていた時、そのクッション性の良さ、
温かさ、また靴の中で滑りにくく足の滑らなさ
などにびっくりしたことがあるのですが、
それ以来の驚き。

こうした機能は五本指靴下もあるのですが、
五本指は脱いだりはいたり、また洗濯後、
整えるのが結構面倒で、それがストレスに
なったので、やめました。

自分には足袋型くらいがちょうどよいようです。

また靴の方は余りにもはいたり脱いだりが
便利になりすぎて、今後、靴を買うときは、
このファスナー付きのもののみになりそうで、
それが心配です。

今回、靴下、靴と足回りのものを買ったのですが、
それらをどうするのかは、
転倒予防、筋肉をつけるための運動量増加、
疲労軽減にも非常に重要なようです。

しっかり選びたいものです。

それと、足のサイズは、年を取ると小さくなったり、
病気、むくみで大きくなったりします。
きちんと計測してくれる店で測ってから
購入すると安心ですね。

ちなみにメーカーによる差もありますが、
自分の足のサイズ、以前にくらべ0.5ミリだけ
小さくなっていました。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

あなたの靴下は膝下までありますか? 膝下靴下をはき始めて、足元が暖かくなったと知人。意外に多い男性の脚のむくみ、冷え症。 

あなたの靴下の長さはどれくらいですか? かかとくらいまでの若者は別にして、 多く …

「日本はお菓子でアメリカを征服できるよ」。毎日かあさん。「第609回息子からの便り」。

漫画家・西原理恵子さんが、 毎週月曜、毎日新聞朝刊に 連載している「毎日かあさん …

弟の家の壁にかかっていた「VW(Vision&Work Hard)」。毎日、目標を目にする効用。

先日、愛媛県の弟の家を訪れました。 広いリビングのテレビの後ろの壁に、 「VW( …

皇后陛下、81歳、半寿。天皇陛下と毎朝、スロージョギング。

2015年10月20日、 皇后陛下が81歳の誕生日を迎えられました。 今日の新聞 …

元アナウンサー・山川静夫さん。「説似一物即不中(せつじいちもつそくふちゅう)」とは?

10回にわたり朝日新聞夕刊に掲載されていた 山川静夫さんのインタビュー。 最終回 …

トランプ氏が共和党の大統領候補の大本命に。イタリア人「ベルルスコーニを選んだ俺たちはアメリカ人を笑えない」。

泡沫候補と思われていたトランプ氏。 連続して3州の党員集会で勝利し、 各種世論調 …

仏壇をどうするか? 実家の始末。お墓そして仏壇。売るに売れず、処分するにもお布施、処分料。

お宅に仏壇はありますか? 仕事仲間で、実家の片付け、始末、 お墓の移転などをした …

形見分けするより、生前プレゼント。亡くなる前に親しい人を呼んで物を整理。

形見分け。 亡くなった人を思い出すよすがとなる品を、 親しい(目下の)人に分ける …

認知症になったら一時金が出る保険、太陽生命保険が3月にも発売。

産経新聞、日刊スポーツなど 2016年1月22日朝刊で伝える所に寄れば、 (共同 …

「地の塩、世の光」。学校の教え(スクール・モットー)をもとに、毎週1度老人ホームでピアノ演奏のボランティアをする知合い。

ひょんなことから、 ご自宅で塾をしている知合いが、 わが家に来ることになりました …