亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

日記つけていますか? 80代の女性が買う日記は、3年日記、5年日記、それとも10年日記。

   

来年の手帳、カレンダーまた日記を買い求める季節となりました。
近所の文房具店、書店などを何軒か回ったのですが、
若い方から高齢の方まで、まだまだ紙の手帳、日記類を
求めている人は多いのだなとびっくりしました。

紙の日記をつけていらっしゃる方、
デジタル時代になっても意外に多いようですね。

特に高齢の方は、やはり自分の手で書き込み、
手で触れることができる紙の日記は、
実感があるようです。

今年、104歳を迎えた現役の医師、
日野原重明先生。

先生が満99歳の時に、100歳になっても元気で、
生き甲斐となる目標を目指して働けるようにと
買い求めたものの1つが、10年日記である。

それに感激して、ブログでご紹介しました。

2011年から2020年までの10年日記。
いやー、もう5年が過ぎたのですね。

日野原先生は、ファンの女性から送られたのがきっかけで、
1989年から高橋書店が発行している3年日誌を使い続けられていました。

先生への様々な依頼は1ヶ月先とか3ヶ月先というもののほか、
1年先さらには、2、3年先のものが年とともにふえ、
それを予約して書いておくために、この3年日誌は、便利だったのだとか。

そして、「10年日記」。

こちらは鹿児島市の石原出版社がm1969年に、
発行したのが最初のようです。

なんと2013年には、140万部も発行しているそう。

他の会社でも同様な製品を販売しているので、
10年分の日記を1冊にまとめた製品を使っている方は
多いのでしょうね。

今日、出かけたお店でもかなりの年配の方が、
店員さんに、「何年もかける日記」の売り場を
尋ねていました。

そちらには3年、5年、10年日記が置かれていたのですけれど、
その女性が手にとって、レジに運んだのは、10年日記でした。

いや、その気持ちが、活力となり、
元気を導くのかもしれません。

以前、10年日記、5年日記を書いている方に
こうした日記を使う利点を伺ったことがあります。

10年(もしくは5年)をつけると、
それが自分の歴史となる。
例えば11月28日を10年眺めてみると、
年ごとの変化もしくは恒例となっていること、
変わらないことがわかる。
書く欄がそんなに多くないので、大事なことだけを
コンパクトに書こうとする。またスペースの
制約がある方が、逆に書きやすい。続けやすい。

なるほどと思ったものの、
そのときは、買いませんでした。

年を取るほどに年ごとの日記より、
2年、3年、5年、10年と長い期間の
日記にひかれます。

これはどうした心持ちからなんでしょう。

毎日つけている手帳の1日1ページダイアリーが、
自分にとっての日記がわり。
これをもっとうまく整理して、
10年日記のようにすぐに比較できるように
したいなとも思いました。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

年齢を重ねたら、やらねばならぬことより、決してしないことを決め、身を律する。

年を重ねると、外見もくたびれ、 精神も衰える。 これまでと同じにしようと思っても …

柏餅に関するわが家の教え。あなたは、違いの分かる人間か? 小豆あんと味噌餡の見分け方。

2017年5月。 まもなく5月5日、端午の節句ですね。 もう柏餅は召しあがりまし …

折り畳み自転車を買って、自転車通勤を始めた知合い。一番の課題は汗対策。

10月、運動するのに とてもよい季節ですね。 知合いがついに自転車通勤を始めたそ …

レーザー財布。もしかして「レザー財布」の間違い。売込みメールを眺めてみたら…。春財布。使い始めの日。

ネット通販を利用していると、 これまで購入した店などから、 毎日、たくさんの売込 …

ヘチマの観察日記。ヘチマたわし、ヘチマ水。夏休みの思い出。

銀座に向かう電車の中で、 小学生らしき男子とお母さんが 話していました。 夏休み …

一人サマータイムを続ける知合い。電車がら空き、仕事はかどり、定食屋でもすいすい。いいことだらけだそう。

一時期、省エネの観点から 盛り上がったサマータイム・夏時間。 どうなってしまった …

青いドレスを着た小さな女の子がお母さんに連れられて、駅前のマンションから……。小さな幸せ。

今朝、取引先に行くため仕事場から、 最寄り駅の東日本橋駅に朝、向かいました。 朝 …

YouTubeの「マイミックスリスト」。履歴から判断したリストが好みすぎてYouTube漬け。

動画サイトのYouTube。 テレビ、新聞、雑誌などでも 盛んに紹介されています …

88歳の竹島静枝さん。介護資格を取得。高齢でも介護をする側に回れる。励みになるニュース。

2015年12月18日、朝日新聞の夕刊に、 川崎市に住む竹島静枝さんという女性が …

お歳暮・お中元、年賀状のやめ時、やめ方。

まだまだ先だと思っていたら、 お歳暮商戦が始まりました。 昨日、デパートから母に …